人気ブログランキング |

夏の終わりのキャンプ part2 ~サバイバル・ハイキング~

キャンプ2日目、ボートをレンタルした後、レイクサイドでサンドイッチを食べてまったりムード。
この後、全長4マイル(約6キロ)のレイク周辺のハイキング・トレイルを歩くことになったですが、これがまたサバイバルなハイキングとなりました。

これは先日もアップしたゴール近くからの絶景。
ボートレンタルの先から出発してキャンプグラウンドに近いレイクのビーチが目的地。
出発点のボートレンタルがはるか遠くに見えるので、どれだけ長い距離を歩いたかはおわかりいただけるかと。
c0064534_9321556.jpg
トレイルマーカー(木に白いペンキでマーキングしてありました)に沿って意気揚々と出発したのは良いのものの…、
レイクサイドのハイキングトレイルのはずなのに、レイクはほとんど見えず。ただひたすら森の中を歩く歩く歩く…

上の写真のレイクが見下ろせる場所にようやく到着したのは歩き始めて1時間半くらい。
ステイトパークのオフィスからもらった地図のハイキングトレイル(オレンジ色)のとおりに行くと目的地のビーチからはどんどんと離れていってしまう…。

しかも、地図はトレイルが途中で切れていて、いったいどこまでいくのかわからず…(ちょうど下の地図みたいに途中で途切れていた。)

う~ん、どうしたものか???
c0064534_939112.gif

結局、上記の地図の実線部分あたりまで歩いた時点で引き返すことを決断。

そして、ビーチが近くに見える激しい急な崖(赤い二重線※トレイルではありません)を降りることに。この地図だってスゴイ標高差でしょ。(瑞穂のラビットどころじゃないよ~。)

こんな急勾配、降りるの絶対にムリ~…。
でも、同じ道をまた引き返すのもイヤだ~。

L隊長の「Stay Down!(腰を落として!)」の指示に従ってひたすら「うさぎ跳び」みたいな格好で滑落の恐怖と戦いながら降りていって、

ふと、後ろを振り返ると…

私と同じくへっぴり腰のYさんの後ろに余裕で降りてきてるTさんが。あらま~。
c0064534_9524193.jpg

私はこの翌日からいきなり大腿部のひどい筋肉痛に見舞われたので、この「うさぎ跳び」がたたったのではないかと。
(筋肉痛ってトシをとるほど出るのが遅いっていうけど、私は翌日からだったからまだすてたもんじゃないよね・笑)

道なき道を転がり降り、なんとか無事ビーチに生還。

先頭にいたCさんによると、ビーチに着いた時、およそ人が出てきそうにない森の中からアジア人がぞろぞろと出てきたので、森から1番近いピクニックテーブルにいたファミリーの子どもがまるで宇宙人か見た事ない動物にでも出会ったような顔でビックリしてたそうです。

サバイバルなロングハイキングだったけど、楽しかった~。
でも、地図のトレイルどおりに行くといったいどこまで行ったのかな~。
by rient | 2008-08-28 10:02 | -キャンプ

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31