人気ブログランキング |

Never too late.

大阪在住の伯母が「東海岸3都市~美術館巡りツアー」でNYに来ました。

この伯母は60歳を過ぎて英会話を始めて、アメリカやカナダにホームステイしてしまうほどパワフル。伯母のことは以前このブログにも書きました。(その記事はコチラ)

私はこの伯母に何事も「Never too late」なのだと教えられてばかり。

看護師として働いていた伯母が初めて結婚したのは彼女が40歳の時。今は「結婚適齢期」なんてものはないし、30代後半や40歳過ぎての初婚はまるで珍しくはありませんが、伯母の時代はかなり衝撃的だっただろうと思います。
まだ幼かった私でさえ、きっと伯母は一生「独身貴族」のままで結婚はしないんだろうと思い込んでいたくらいです。

その伯母が結婚して10数年過ぎた頃、大阪の伯母宅に初めて一泊する機会が。結婚して何年も経っているのに恋人同士のように仲が良い伯母夫婦を見た時に「結婚するのに年齢なんて関係ないんだな」と強く感じました。

今回、添乗員&食事付きの団体ツアーでやってきた伯母。添乗員さんにお願いして夕食に同席させてもらいました。
以前会った時より小さくなっていて、母が生きていたらやっぱりこんなふうに縮んでるのかしら?なんて思ったりして…。母が亡くなってからは母方の伯母や従兄弟たちとはすっかり疎遠になってしまっていたけど、いろんな話を聞きました。

その中でもビックリしたのが、年が離れていたのであまり接することがなかった従兄弟のお姉さんの話。(お姉さんといっても40代。)
高校生の頃からフランスに傾倒していたお姉さんはパリに1年間留学。帰国後もフランスへの思いは強くいつかはまた住むつもりでいたようですが、数年後に日本で日本人と結婚して3人の母親に。意外に平凡な結婚をした(伯母談)と思っていたら、1番上の子どもが就職した後、離婚。その後フランスへ渡って、フランス人と再婚することになったそうです。
う~ん、人生って何が起こるかわからない…。
やっぱり「Never too late」なのです。

c0064534_13124387.jpg
夕食後、伯母と行ったロックフェラセンターからの夜景。
エンパイアがアメリカ国旗と同じ色のライティングなのは祝日だからかな。

by rient | 2008-05-25 13:18 | -NYの日々

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31