人気ブログランキング |

グリーンカード結婚

帰国して早くも1週間。そのうち、青空を見た日がまだたったの1日しかありません~。(といっても昼間のほんのちょっとだけ。その日の夕方はサンダーストームでした。)
雨続きの上に台風接近中。いつになったらカラッとしたさわやかなお天気になってくれるのか…。

いまだにNY熱は高いんですが、失恋した時の傷が徐々に癒されていくように、そのうち冷めていくでしょう。(冷めるどころか加熱していくとエライことです・笑)

NYに魅了されてイリーガルに滞在を続けている外国人は大勢いて、日本人も相当な数だと聞きます。特に多いのはラティーノと呼ばれる南米系の人たちで、不法滞在なので安い給料でも不満を言わないし何かをすると強制送還されてしまうので悪いことはしないんだとか。そのためラティーノが多く住むクイーンズの治安は他に比べると良いんだという話を聞いたことがあります。

そこで、クラスメイトだった南米・コロンビア人男性Gの話。
c0064534_1112548.jpg
偶然にも彼と私は以前同じ会社に勤めてました。もちろん、彼はコロンビア支社、私は日本支社でまったく接点はありませんでしたが。写真はワールドフィナンシャルセンターにある本社ビル。

GはNYに住んで7年。最初にNYに来た時は観光ビザだったそうです。
その後ビザが切れて不法滞在を続けること数年。この先もずっとNYに住みたいと思った彼は

グリーンカード結婚をしたそうです。
Gが相手に払った金額は10,000ドル(約120万円)

正直、それを聞いたときは「え?たった1万ドル?」というカンジだったんですが、話を聞いてみるとこれがなかなか大変そう。
移民局の審査があるため、カタチだけでも一緒に住んだりデートしたりしたそうですが、その費用は全てGが負担。相当な金額が必要だったし面倒くさいことも多かったそうです。

面接の際の審査官の質問も「1番最近一緒に見た映画は?」のような当たり障りのないものから、「彼女が好きな下着の色は?」などさらに細かくなっていき、もうここでは恥ずかしくて書けないようなことまで。

彼はグリーンカードのため、彼女はお金のための割り切った関係とはいっても、一緒に住んだり何度かデートをしているうちに恋愛感情は芽生えないのかな~(映画「グリーンカード」みたいに)、と思って聞いてみたら、即座にすごい勢いで「No way!(まさか!)」と否定されました。よっぽどひどいオンナだったのか???(笑)

この話を聞いたあと、仲が良かったアジア系シチズンの友人に「いくらだったらグリーンカード結婚してもいいと思う?」と聞いてみたら(注・いくらだったらグリーンカード結婚してくれる?と聞いたんじゃありませんから!念のため)、「アジア人は家族を大事にするから、家族に紹介できないような人とは結婚しない」と言われました。ま、トーゼンですかね。

あ、ちなみにコロンビア人のGはめでたくグリーンカードをゲットした後、すぐに離婚したそうです。相手の女性は今頃また別の人とグリーンカード結婚してたりして。
by rient | 2007-07-14 11:50 | ◆New York

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31