人気ブログランキング |

ニューヨークのワイン

ついでなので続けてもうひとつワインネタ。

アメリカのワイン生産量は世界第4位。1位はフランスとイタリアが毎年競い合っていて、3位はスペイン。
ひとりあたりのワインの消費量世界第1位は意外にもルクセンブルグ。2位フランス、3位イタリアと続いていて、アメリカは圏外です。

アメリカ国内の生産量は約70%がカリフォルニア州。何度かこのブログでアメリカの生産量第2位はニューヨークと書いたと思うのですが、ソムリエ協会の教本によると生産量の第2位はワシントン州でした。訂正してお詫び…(汗)。
ワシントン州は第2位といっても全米のたったの5%にすぎません。

さて、ニューヨークのワインについて。
c0064534_1826339.gif

NY州には4つのWine Regionsがあり、8つのAVA(American Viticultural Areas=政府認定の指定栽培地域)があります。(AVAの数でいうと全米第2位です。)

 ◆Lake Erie(レイクエリー)
 ◆Finger Lakes(フィンガーレイク)
  ◇Cayuga Lake
  ◇Seneca Lake
 ◆Hudson River(ハドソンリバー)
 ◆Long Island(ロングアイランド)
  ◇North Fork
  ◇Hamptons

ニューヨーク州は夏暑く冬寒い大陸性気候ですが、ロングアイランドはボルドーに似た海洋性気候だといわれワイナリーができたのは1970年代。今後期待されている産地です。
ニューヨーク州に初めてブドウが植えられたのは17世紀中頃。場所はマンハッタン島でオランダ人によって植樹されたのだそうです。

ちなみにワインそのものの歴史ですが、紀元前2500年のギルガメシュ叙事詩のワインの文献が1番古いのだそうです。ハムラビ法典(BC1700)にはすでに「酒癖の悪い者にはワインを売るべからず。」というくだりもあるらしく、大昔から酔っ払いっていたんだな~って笑っちゃいますね。

c0064534_1931455.jpg私の個人的なオススメワインはLENZ

最初に飲んだメルローでクラクラきちゃいました(笑)。
アーモンドを焼いたような芳しいやわらかな香り(樽香が強いのかな~。)、丸みがあってまろやか、ほのかなタンニンを感じるコクがある味わいに感動しました。c0064534_19151025.jpg他のNY産ワインに比べて深みがぜんぜん違うのですっ!(キッパリ)

右の写真はノースフォークにあるLENZのワイナリーです。テイスティングもできます。次は収穫の頃に行きたい…っ!(懲りませんよ、PONさん!)
by rient | 2005-07-11 18:02 | ◆ワイン

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31