人気ブログランキング |

一生のうちに飲めるお酒の量

土曜日はうちに7人が集まって「寿司ロールパーティ」でした。
適当な具(サーモン、とびこ、うなぎ、茹で海老、揚げ海老、生ハム、クリームチーズ、たくあん、きゅうり、ウォータークレスetc...)を、まきすで巻き巻き…。
手巻きじゃなくロールなところが楽しかった。(写真撮れば良かったなー。)

ただ、手巻きじゃなくてロールにすると酢飯がたくさんいるということを知らず、炊いてきてもらった6合があっという間に完売。美味しかったからパクパク食べちゃったし。

楽しいおしゃべりに花が咲いていたパーティの途中(すでに白ワイン3杯くらいとビール2杯くらい飲んでたと思う)、たまらなく眠くなったので失礼してちょっとベッドに横になることに。

先週、私にしては珍しく風邪を引いて、めったに飲まないクスリを飲んだりもしてたので、自分が思っていたより体調は良くなかったのかも。
だって、このくらいの酒量でつぶれたことなんて今までないし…。

横になってしばらくして、ドアが開く音で目が覚めると、玄関にちょうど帰ってきたルームメイトの姿が。(彼女はレストランでバイトしてるので帰ってくるのは12時半頃。)

あ!

と思ったら、パーティに来ていた友人たちの姿はなし。
みんな片付けて帰ってしまった後。

ガ~~~ン!!!

きっとみんな声かけてくれたはずだけど、私起きなかったんだろうなぁ。
悪かったなぁ、でもそれより恥ずかしいよぉ~、などと思いながら、もういいや、また寝ちゃえ、と再び眠りに。


翌朝、リビングやキッチンの後片付けを終わらせて部屋に戻ると、見覚えのないバッグと手袋が。

うわっ、誰かの忘れ物だ。
誰のだろ?
え~と、あの人はこんな大きなバッグ持ってなかったし、あの人の手袋もこんなのじゃなかったし…、う~ん、誰だろ?

そして、ようやく携帯電話にボイスメール(るす電)が入っていることに気付き、聞いてみると…

「rientさ~ん、H美です。
 部屋に忘れ物をしたことに気付いて、何度も電話したり、ドアベル鳴らしたりしてるんだけど
 rientさん起きないみたいなんで、目が覚めたら電話くださ~い。」

きゃ~~~、ゴメンナサ~~~イ!!!

うちのドアはオートロックなので、1度外に出ちゃうとカギなしでは入れないのよね…。

H美さんは翌日の夜、わざわざ取りに来てもらいました。
本当にゴメンナサイね~。


日曜日に会った50代の知人男性に「昔はすごくお酒強かったのに、最近はぜんぜん飲めなくなっててショック~」と言うと、
「心配するな。誰でも通る道なんだから。」って。

その人の話によると、人が一生のうちに飲めるお酒の量は決まっていて、若いうちに強かった人は年をとるごとに弱くなっていくそうで、逆に若い頃はあまり強くなかった人はだんだんと飲めるようになっていくんだとか。(真偽は不明です。)

数年前までは晩酌毎日だったし(きっと360日は飲んでた)、友人と飲みに行くと必ずワインボトルひとり1本平気で空けてたから、この話が本当なら私の一生の酒量キャパはもうほとんどいっぱいいっぱいなのかも~~~。

昔ほど強くないという自覚はちゃんとあるんだけど、飲み始めるとつい忘れていつも飲み過ぎ。

今年は昔とは違うことを肝に銘じて、上品に飲みます。
酒量キャパの話が本当ならここらへんで押さえとかないと飲めなくなっちゃう。
美味しいお酒はまだまだ楽しみたいので~(笑)
by rient | 2009-01-20 02:29 | -ひとりごと

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31