タグ:ワイン ( 25 ) タグの人気記事

Happy July 4th!

7月4日はアメリカの232回目の独立記念日(Independence Day)でした。

ネイサンズのホットドッグ早食い大会は今年はニュースで見ただけだけど、またもやタケル・コバヤシはジョーイ・チェスナットに接戦の末に敗れたようですね。

それから、独立記念日といえば花火!
今年はブルックリンのお友達の家に数人が集まり、彼女の家から徒歩数分のイーストリバー沿いで花火鑑賞となりました。
c0064534_2205251.jpg
c0064534_221151.jpg
c0064534_2212526.jpg
c0064534_22134100.jpg
朝から雨がパラつくお天気だったので、雨の中人混みにもまれるのはだるいし花火はもういいかな~って気分になりかけてたけど、やっぱり花火見れて良かった~。ありがとね、ユカさん♪

c0064534_2231888.jpgアメリカのお誕生日だからってことで、この日飲んだワインはアメリカ産。


セバスチアーニはずいぶん前に初めてサンフランシスコのワイナリー巡り(バスツアー)をした時に行ったところ。このシャルドネは樽香た~っぷりでした。

ワインは飲んでるけど、最近ワインのこと全く書いてないな~…。


July 4th Holidaysのこの週末、あいにくとお天気は雨のようです。残念…。
[PR]
by rient | 2008-07-06 02:33 | -イベント | Trackback
c0064534_8741100.jpg
NYに戻って1ヶ月と1週間。いまだに友人宅に居候中。
インターネットのケーブルが1つしかないため自分のPCを使う機会があまりなく、なかなかブログの更新ができないでいます。
友人のPCでメールのチェックなどはできるけど、日本語フォントの入力ができないのでコメントのお返事やメールの返信が滞りがちです。誠にすみません…。

さて、ボージョレ・ヌーヴォー飲みましたか?
私は去年と同様、解禁1日前の水曜日に飲んじゃいました。デュブッフで価格は9.99ドル。
ヌーヴォーらしいフレッシュ&フルーティな味わいなんですが、今年はかなりあっさりしているような気がしました。

NYのリカーショップに置いてあるのはほとんどがジョルジュ・デュブッフだけ。去年はモメサンが買えたお店も今年はデュブッフしか置いてませんでした。デュブッフのモノポリーだな~。

写真は今日のセントラルパークですが、歩いている人はコートに手袋、マフラーなどすっかり冬の装いでした。この週末は寒くなるようで雪の予報も。
c0064534_8182496.jpg
この木の下で何かの撮影をやってました。撮影用に落ち葉を集めたのか遠くからでも目を引きました。
友人によるとNYの公園での商用写真の撮影は細かな制限があるらしく、すぐに警官がやってくるそうです。確かにこれまで何度もそんな場面を目にしたけど、誰かが通報するのかな~。
[PR]
by rient | 2007-11-17 08:20 | -NYの日々 | Trackback
先日、友人と回ったロングアイランドのワイナリーは4箇所。

 The Lenz Winery
 Bedell Cellars
 Pellegrini Vineyards
 Paumanok Vinyards

この中で私がどうしても行きたかったワイナリーがパウマノック・ヴィンヤード(Paumanok Vinyards)。これまで1度も行ったことがなかったところです。
c0064534_11274164.jpg
c0064534_11282541.jpg
カントリー調のかわいらしい建物。広くない室内はコルクを使ったオーナメントなどがあってアットホームな雰囲気でした。

c0064534_11284293.jpgc0064534_11285778.jpg
実はこのワイナリーのことはあまり知りませんでした。おそらくワインを飲んだこともなかったはず。でも、どうしても行ってみたいと思ったある出来事が。


c0064534_11343169.jpg友人宅のリビングにまだギフトラッピングされたままほったらかしにされていたワインボトルを発見。

←それがコレ。

なんと92年のリースリング。
15年前の白ワインが飲めるワケがないと思いましたが、もしかして…という淡い期待を抱いて、友人からもらって抜栓してみました。

c0064534_1144890.jpg







結果は…、リースリングとは思えないこの色→

当然ですが、腐ってました(笑)
このワインの本来の味わいを試してたかったのが、このワイナリーに行きたかった理由。

c0064534_11515137.jpgラベルがリニューアルされていたので全く同じもののヴィンテージ違いはありませんでしたが、バーカウンターの中にディスプレイしてあるボトルに同じ92年が!(当たり前ですが売り物じゃありません。)

コンペで何かの賞をとったワインだったようです。

「最近このヴィンテージを飲んだ」と言ったらスタッフのお姉さんが「Impossible!」と驚いてました。
ごもっともです(笑)

このワイナリーでこのワインに近い味わいのはずという2006年のリースリングを買いました。お姉さんには「3年以内に飲んでね」と言われました。
飲んだらまたレポートします。
[PR]
by rient | 2007-05-06 11:20 | -ワイナリー | Trackback

GW

日本からGWを利用して友人が遊びに来ました。
2年前の同じ時期にも遊びに来たtomoさん。

彼女に便乗して私も普段は行けないところに行ったりして楽しみました。
(サラベスでランチ、イリディアムでジャズ、アウトレットでショッピングなどなど。アウトレットはウインドウショッピングですが。)

2年前も一緒にロング・アイランドのワイナリーへ行ったけど、その時はバスツアーでしかも雨。今回は快晴で、タンポポが咲いた広大なぶどう畑を満喫することができました。
c0064534_0321656.jpg
c0064534_0364328.jpg
この日、4箇所のワイナリーをまわって、あるワイナリーで1本のワインを買いました。その話はまた後日アップしたいと思います。
[PR]
by rient | 2007-05-06 00:29 | -ワイナリー | Trackback

ハンプトンのワイナリー

学校が始まる前の小旅行でロングアイランドのワイナリーへ行って来ました。
小旅行といっても翌日は最高気温もマイナスで雪の予報だったので日帰りになりましたが。

ロングアイランドには40近いワイナリーがあって、そのうちほとんどはNorth Forkに集中しています。(Long Island Region Map参照)
North Forkの方が近いしワイナリーも多いからオプションも多いんだけど、ずっと前からHamptonのWolffer Estateへ行ってみたいと思っていたので、どうせ行くなら少々遠くても、とちょっと頑張ってみました。(Mapの34がWolfferです。)
ハンプトンはNYの高級リゾートとして有名なところなので、本当は夏にB&Bなどに泊まってのんびりするのがいいんでしょうけどね~。
c0064534_2284061.jpg
NYCから車で約2時間半で到着。このワイナリーへ行きたかった理由はここのワインが好みの味わいだったから。いたってシンプルです。
c0064534_2194521.jpg
c0064534_2445672.jpgワイナリー裏の広大なぶどう畑。
ロングアイランドはボルドーと気候が似ていることで有名です。

休眠期のぶどうの樹。
確かこの時期に剪定をするはずだけど、これはおそらく剪定前。枝が伸び放題だし。

枝だけのぶどうの樹はまるで枯れたようにしわくちゃで、この樹にまたぶどうの実がなるなんて今の状態ではちょっと信じられないくらいです。

ワインテイスティングは3種類あって内容によって金額が違っていますが、私は真ん中の10ドルで6種類(ロゼ、シャルドネ2種、メルロー、カベルネフラン、デザートワイン)のものをチョイス。テイスティングルームにはテーブルもありましたが、他にお客さんがいなかったのでバーカウンターでスタッフの人の説明を聞きながら飲みました。

c0064534_2324225.jpgc0064534_2325444.jpg

c0064534_35812.jpgロゼとメルローの2本を購入。
ロゼはシャルドネよりクセがなくて、天ぷらやお寿司に合いそうでした。

NY産で好きなワインのひとつにLENZのメルローがあるんですが、このWolfferのメルローを最初に飲んだ時、LENZにすごく似ているという印象をうけました。

さて、今回はどんな味わいを感じるのか。
飲むのが楽しみです。
[PR]
by rient | 2007-01-26 12:25 | -ワイナリー | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30