<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

良いお年を!

c0064534_14451384.jpg今年お世話になった皆様、
このブログをご訪問くださった皆様、

本当にありがとうございました。




どうぞ皆様良いお年を!







写真はNYの某所に飾ってあった鏡餅。
[PR]
by rient | 2011-12-30 14:45 | ◆ごあいさつ | Trackback

5) Division: 分割の虚偽

Division(分割の虚偽)とはComposition(合成の虚偽)とは逆のパターンで、「全体がXだから、ある部分もX」という議論。
c0064534_22154974.jpg

「Aさんはお金持ちだ。だから時計はロレックスで車もメルセデスに違いない。」ってカンジ。

以下は教授のパッケージにあった例。

Microsoft is a very important corporation. (マイクロソフトは、非常に有力な会社です)
Mr. Doe is ann official in Microsoft. (ドゥー氏は、マイクロソフトの役員です)
Therefore Mr. Doe is important. (したがって、ドゥー氏は重要です)

People are made out of atoms. (人間は、原子でできています)
People are visible. (人間は目に見えます)
Therefore, atoms are visible. (したがって、原子は目に見えます)


それから、教授のexampleのひとつ。
c0064534_22184351.jpg
たし算 17+17=34 合法

17才ひとりとの性交渉は違法だけど、17才2人なら合わせて34才だから合法っていうめちゃくちゃな理屈。

こういった例からアタマではこのFallacyがどんなものかわかった気になってたけど、exampleを探すのがすごく難しかった。これだ、と思ったものは×(バッテン)つけられたしねー。

バッテンされたのはコレ。
c0064534_22533662.jpg

でも、ママ、これ(ドッグフード)、赤ちゃんにすごくいいのよ!
半年前のレックス(犬)はちっちゃな子犬だったのに、今のレックスを見てよ!

ドッグフード(全体)がいいものだから、子犬(部分)にも人間の赤ちゃん(部分)にもいいというFallacyかと思ったんだけど、教授によるとこれはQuestionable Cause(理由にならない理由の虚偽)なんだって。

それと、これも。(クリックすると大きくなります)
c0064534_23112427.jpg

Calvin: Do you support the free expression of ideas in our society?
カルヴィン: 社会の表現の自由を支持する?
Father: Sure. That’s first on our Bill of Rights.
父: もちろん。 権利章典の最初だよ。
Calvin: So you would be against censorship and the suppression of ideas you found distasteful.
カルヴィン: じゃ、検閲と考えの抑制に反対なんだね。
Father: Right. You’ve got to take the bad with the good.
父: そうだよ。いいことで悪いことも理解するべきだからね。
Calvin: So you wouldn’t object to me being exposed to art, movies or music that some people think is offensive and shocking, right?
カルヴィン: じゃ、ぼくが不快で衝撃的な絵とか映画とか音楽に触れても反対しないんだよね?
Father: OK, first let me explain about our responsibility to be culturally educated and able to make critical distinctions about.
父: オーケー。文化的教育がされること、批評的区別ができることについての我々の責任を説明しよう。
Calvin: YOU’RE STALLLLING!
カルヴィン: はぐらかさないでよ!

これもカルヴィンが表現の自由(全体)があるから不快な芸術(部分)も許されると思っているところがFallacyかと思ったんだけど、教授によるとこれはSweeping Generalization(偶然の虚偽/大ざっぱな一般論)なんだって。 

難しいなー。。。
[PR]
by rient | 2011-12-29 00:13 | -英語&学校 | Trackback

4) Composition: 合成の虚偽

Composition(合成の虚偽)とは「ある部分がXだから、全体もX」という議論。
c0064534_8512731.jpg

要はこんなカンジ。

Aさんの腕時計はロレックスで、財布とサングラスはグッチだった。
きっと彼はお金持ちに違いない。


持ち物だけでAさんをお金持ちと決め付けるのは短絡的なワケです。

以下、同じような例。
c0064534_913839.png
それ、クリップだよ。
クリップでかっこいいものなんか作れっこないよ!


c0064534_107917.jpg
服が男前にしてくれると信じて、デイブは賢く見える服を着ます。




こんなカンジの思い違いって日常的にいっぱいあるよね。

Aさんはケチだから貧乏に違いない、とか
見かけが悪いから不味いに決まってる、とかね。
[PR]
by rient | 2011-12-28 10:33 | -英語&学校 | Trackback

3) Amphiboly: 曖昧語法

Amphibolyとは「文意のあいまいさ: 構文があいまいで複数の意味に解釈できる文・句」という意味。
Logical FallacyのAmphibolyも同じように、議論が複数のもっともらしい意味を持つもの。

例えば、この見出し。

Headline: Lawyers Give Poor Free Legal Advice.

複数の意味に取れます。

1.弁護士は貧しい人に無料の法的アドバイスを与えた。
2.弁護士は粗末な無料の法的アドバイスを与えた。

「Poor」を目的語(貧しい人)と形容詞(粗末な、下手な)に取った例。


以下、誠に申し訳ありませんが、下ネタ炸裂です。
c0064534_23435452.jpg
家族計画のご相談は後方の入り口からお入りください
え~と、、、後ろの入り口を使えってことは、、、

c0064534_23333390.jpg
バプティストの学生は、54の布教地に承認された
え~と、、、「Missionary Positions」には「正常位」って意味もあり、、、

c0064534_23335691.jpg
ハッピーアニバーサリー
これだけの年月が過ぎてもリサはまだディックを愛してます

え~と、、、「Dick」は「男性器」って意味もあって、、、



若い学生が興味を持つようになのか、教授の例は下ネタが本当に多かった。
教授自身もまだ若いんだけど(たぶん30代)。

何しろ、このクラスで1番最初に出された課題は以下のビデオの間違いを正すというもの。赤面しそうなくらい下手ネタ大炸裂です。


「The the impotence of proofreading」インポの校正じゃなくって「校正の重要性」ね。
知人に見せたら大喜びしてました。

このビデオ、書き取りしたものと校正の正解があるので、ご希望の方にはお送りします。
[PR]
by rient | 2011-12-27 00:18 | -英語&学校 | Trackback
Equivocationは同音異義語を使ったFallacy。

例えば、こんなカンジ。

A feather is light.  羽は軽い(light)。
What is light cannot be dark.  明るいもの(light)は暗くない。
Therefore, a feather cannot be dark. だから、羽は暗くない。


1つの文に「light」が「軽い」と「明るい」と2つの意味で使われている例。

c0064534_235441.jpg
I am nobody. 私は、ただの人(nobody)です。
Nobody is perfect. Nobodyは完璧です。(誰も完璧ではない)
Therefore I am perfect. したがって、私は完璧です。


こちらは「Nobody」が違う意味で使われている例。

それから、こちらはxkcdから。日本語訳:naglly.com
c0064534_23145896.png
女: My mom's house burned down.
 (私のママの家が焼けちゃったの。)
男: Oh! I'm sorry!
 (あぁ!それはお気の毒に!)
女: Why? It's not your fault.
 (どうして?あなたの失敗じゃないのに。)
男: It's nice of you to say that, but I know I did.
 (そんな風に言ってくれてうれしいよ。でも、僕がやったのは間違いないんだ。)

[It annoys me when people interpret an obviously sympathetic "I'm sorry" as an apology, so I've started responding by making it one.]
 (明らかに同情で言った「I'm sorry」を謝罪として解釈されると、混乱します。そして、僕はそれを一つにして返答し始めていました。)

彼の「I'm sorry」は本当は「ゴメン」なんだけど、彼女は「お気の毒に」って意味にとっちゃった例。

それから、こちらはクラスでやった教授の例なんですが、、、。
c0064534_23344387.jpg
God is love, 神は愛
Love is blind, 恋は盲目
Ray Charles is blind, レイ・チャールズは盲目
Therefore Ray Charles is god. だから、レイ・チャールズは神。


この議論のEquivocation(同音異義語)は何だと思いますか?

Love? God? Blind? これらは全部不正解。
それじゃあ、Ray Charles? もちろんこれも不正解。

ってことは残ってるのは「is」しかない。
教授によると正解は「is」。

彼の説明はこうです。(レクチャー資料から原文のまま)

Although his music may have been heavenly,
レイ・チャールズの音楽がいかに素晴らしくても
this argument fails to establish the conclusion (that Ray Charles is God)
この議論の「レイ・チャールズは神だ」という結論は間違っている
because, as Bill Clinton taught us:
なぜなら、ビル・クリントンが教えてくれているように


"It depends upon what the meaning of the word 'is' is. "
「それは、『is』という語が何を意味しているかによる」


In other words, one sense of “is” is that of identity (meaning ‘identical with’): “Ray Charles is identical with God.”
言い替えれば、ひとつの『is』は「レイ・チャールズが神と同一である」ことを意味しており
The other sense of “is” is that of predicate attribution (meaning ‘has the quality of’): “Ray Charles has the quality of being blind”
もうひとつの『is』は「レイ・チャールズが盲目である素質を持っている」ことを意味している。
(but not “Ray Charles is identical with blindness”).
(しかし、「レイ・チャールズは、盲目と同一」ということではない。)
This argument would work only if “is” were used in every instance as an identity relation.
この議論で『is』はアイデンティティの例として使われている場合のみ有効である。


私はこの説明があんまり理解できませんでした。
だって、「is」は「This is a pen.」の「is」でしょ。

実を言うと私はクラスではあんまり積極的に質問をしたり意見を言ったりする方ではないのですが(アメリカではこれはポイントを稼ぐためには本当は重要なんだけどね)、この時ばかりは質問をしてみました。

私には「Blind」もEquivocation(同音異義語)だと思えるんですけど。
だって、レイ・チャールズは身体的に盲目(Physically Blind)だけど、恋をする人は精神的に盲目(Mentally/Emotionally Blind)であって本当は見えてますよね?

そしたら、教授の言ったこと。
「それを探すのが君たちの課題だ。」

あ、そうですか。。。
[PR]
by rient | 2011-12-26 01:35 | -英語&学校 | Trackback

Happy Holidays!

c0064534_45175.jpg
友人宅のご近所さん。Jackson Heightsにて。


c0064534_4503416.jpgクリスマスですね~。

今年はクリスマスは特にお祝いする予定はなく(昨夜、スパークリングワインは飲んだけど)、クリスマスが過ぎてからアウトレットへ行ってお買い物をする予定。

←友人宅で食べたバースデーケーキ♪
(クリスマスじゃなくてバースデーね)


皆様、素敵なクリスマスを。
Happy Holidays!!
[PR]
by rient | 2011-12-25 04:57 | ◆ごあいさつ | Trackback

1) Accent: 強調の虚偽

Accent=強調の虚偽とは論証の一部分を強調したり、句読点の位置が間違っているため意味が変わってしまうこと。
c0064534_01988.png
宇宙飛行士:し、信じられない!
数年後の新聞記事:月面着陸はでっちあげだった。
宇宙飛行士:そんな意味じゃない!

宇宙飛行士が言った「Unbelievable」が違う意味で伝えられている例。
source:cectic


そして、カンマの位置で意味が違ってしまう例。
c0064534_0113110.jpg
「Let's eat grandma!=グランマを食べよう!」
「Let's eat, grandma!=さぁ、食べよう、グランマ!」
句読点は命を救う


そしてこれも。
c0064534_0441360.jpg
Rachael Ray finds inspiration in cooking her family and her dog.
レイチェル・レイは、彼女の家族と犬を料理することでインスピレーションを見出します。

ひぇ~、怖すぎる間違い。正しくはこう。

Rachael Ray finds inspiration in cooking, her family, and her dog.
レイチェル・レイは、彼女の家族と犬で料理のインスピレーションを見出します。

えらい違いですから。


それから、これ。
c0064534_1141723.jpg
日本人からすると何も間違ったことはないけど、日本語が読めない外国人には違う意味に伝わってしまう。なんで1番肝心なところ(危険、立ち入り禁止)を訳し忘れたのかなー。


おもしろいでしょ?
まだこのあたりだと比較的簡単に見つけることができたけど、「Logical Fallacies Project」を完成させるには32×2。この先が本当に大変でした。
[PR]
by rient | 2011-12-24 00:25 | -英語&学校 | Trackback

Logical Fallacyの探し方

前回からの続き。
では、「Logical Fallacies Project」を完成させるためには、どうやってFallacyを探したらいいのか?

教授のExampleやアドバイスから考えられるのは以下の方法。

Google Imageで、「Funny Ads(おかしな広告/看板)」や「Funny Headline(おかしな見出し)」「Funny Sign(おかしな標識)」などのキーワードでググってみる。
怪しいものがザクザク。
c0064534_23202840.jpg
立ち入り禁止/入口専用
c0064534_22342154.jpg
霊能者は昨日世の中が終わらなかったと予言した。


こんな写真ばかりを集めたサイトFAILblogEngrishからも拾えるかも。


それから、政治家やタレントも怪しい発言をしていそう。
発言や格言が検索できるBrainy QuotesThinkexist.com、それにおバカ発言で有名だったブッシュ前大統領の迷言集Bushismも。

コミックも使えるソース。
Calvin and Hobbes (解説はコチラ。)
c0064534_23112427.jpg
Garfield
c0064534_0113713.gif
Pearls before Swine/
c0064534_035751.gif

教授がよく使っていたJesus and Moは私には難しかった。
c0064534_0264353.jpg

それから、日本語訳があるDilbert。日本語訳はコチラ→@IT情報マネージメント
c0064534_2122497.gif
このコミックのFallacy解説はコチラ

xkcdも日本語訳あり。日本語訳はコチラ→naglly.com
c0064534_23145896.png
このコミックのFallacy解説はコチラ



YouTubeも。


ミスティーンサウスカロライナが質問に対してちんぷんかんぷんな回答をしてて笑えます。このビデオのFallacy解説はコチラ


でも、YouTubeでFallacyを探すなんていうのは私には至難の業。それにコミックもフレームが多いものは全部理解するのは大変。ってことで、もっぱら使ったのはこんなカンジのカートゥーン。
c0064534_1214526.jpg


中でも1番よく使ったのがCSL Cartoon Stockというサイト。本当にお世話になりました。


で、次回からはFallacyの解説。


 * * * * * 

今日、秋セメのすべてのグレードが出て、Critical Thinkingの最終グレードは「A」でした~~~!!!(私の大学はA+がないので、Aが最高)

やった~っ!!!
[PR]
by rient | 2011-12-22 13:53 | -英語&学校 | Trackback

Logical Fallacy

前回、前々回ののLogicはこのLogical Fallacyについて書くためのプロローグ。
興味のない人にはちっとも面白くなかったと思います。
まぁ、果たしてFallacyも面白いかどうかはわかりませんが。

Fallacyとは日本語で「誤った推論」「誤謬、虚偽」。
Logical Fallacyは「詭弁」「誤謬」。
でも、もっとわかりやすく言うと「へりくつ」や「こじつけ」のようなもんです。


例えば、こんなの。

「君は僕の事を『嫌いではない』と言ったじゃないか。それなら、好きって事だろう」

こんなこと好きでもない人から言われたら「そんなへりくつ言わないでよ」ってカンジだけど、これはFalse Dilemma(誤った二分法)というFallacy。

この秋出された課題はこれから書く32種類のFallacyの例を1つにつき2つ、広告、誰かの発言、新聞の見出し、映画のセリフなどから探し出す『Logical Fallacies Project』と名付けられたもので、これが本当に本当に大変だったのです。

例えば、上のFalse Dilemmaだったらこんなの↓を探して、Fallacyであることを証明する理由を書くというもの。
c0064534_2291526.jpg
これはアメリカを愛するか愛せないなら出て行くかって選択肢が2つしかないからFallacy。

しかも、Fallacyそのものの名前で検索したらCheat(カンニング)と見なすっていうからまた大変。実際、「False Dilemma」でググるとこの例はすぐ出てきます。

それと、「Fallacy」や「Logic」のキーワードに必ずヒットするこのペンギンもNG。
c0064534_2355438.jpg
 

これは以下の例文のパロディでSweeping GeneralizationというFallacy。詳しい解説はコチラ.

Bird normally can fly. 鳥は、通常飛ぶことができます。
A penguin is a bird. ペンギンは、鳥です。
Therefore, a penguin can fly. したがって、ペンギンは飛ぶことができます。

飛ぶことと同じくロジックはペンギンが苦手なものという意味。

理由は過去にこのProjectをやった学生たちがあまりに使い過ぎるため教授が飽き飽きしてて、これを使うとカンニングと同様に扱うと通達。

このProjectのおかげで毎日毎日ネットで「間違い探し」。でも、これが意外に見つからなくてとっても苦労しました。
一部の友人に悲鳴に近いヘルプを求めたりしたくらい。
いや、実際に悲鳴上げてたな。


課題に出されたFallacyは以下のとおり。

Fallacies of Ambiguity

1) Accent: 強調の虚偽
2) Equivocation: 多義性の誤謬
3) Amphiboly: 曖昧語法
4) Composition: 合成の虚偽
5) Division: 分割の虚偽

Fallacies of Presumption

6) Sweeping Generalization(Accident): 偶然の虚偽/大ざっぱな一般論
7) Hasty Generalization(Converse Accident): 逆の偶然/早急な一般論
8) Bifurcation(False Dilemma, Bipolar Thinking): 二者択一の誤謬
9) Begging the Question: 論点回避
10) Complex Question: 多重尋問
11) False Analogy: 類似性の錯誤
12) Questionable Cause: 理由にならない理由の虚偽
13) Post hoc ergo propter hoc:  時間的前後関係と因果関係の錯誤
14) Joint Effect: 第3の理由による錯誤
15) Slippery Slope: すべり坂論法

Fallacies of Relevance

16) Genetic Fallacy: 発生論の誤謬
17) Abusive ad hominem: 対人論証 
18) Circumstantial ad hominem: 状況対人論証
19) Tu quoque: 「あなたも」という虚偽
20) Poisoning the Well: 井戸に毒を入れる論証
21) Appeal to Ignorance: 無知に訴える論証
22) Argument from Personal Incredulity: 個人的懐疑に基づいた論証
23) God of the Gaps: 隙間の神の論証
24) Appeal to Inappropriate Authority: 誤った権威に訴える論証
25) Appeal to Emotion: 感情に訴える論証
26) Appeal to Consequences: 結果に訴える論証
27) Appeal to Tradition: 伝統に訴える論証
28) Naturalistic Fallacy(Appeal to Nature): 自然主義の誤謬
29) Special Pleading: 二重基準の論証
30) Straw Man: わら人形の虚偽
31) Bandwagon: 衆人に訴える論証
32) Teach the Controversy: 

この他にもGuilt by Association(お前の仲間が~だからお前も~だ)やRed Herring(議論に関係ない話題を持ち出して話をそらす論証)などFallacyはた~くさんあります。


上記のLogical Fallacy、これからひとつひとつ説明していきたいと思います。
[PR]
by rient | 2011-12-21 11:45 | -英語&学校 | Trackback

Logic 2

さらに引き続き、Critical ThinkingのLogic(論理)がValidかInvalid(妥当かそうじゃないか)について。

All mammals have lungs.(すべての哺乳類は、肺があります)
All whales are mammals.(すべてのクジラは、哺乳類です)
Therefore all whales have lungs.(したがって、すべてのクジラは、肺があります)


これって全くそのとおりでしょ。この論証はValid。
では、これは?

All mammals breathe air.(すべての哺乳類は、呼吸します)
All dolphins breathe air.(すべてのイルカは、呼吸します)
Therefore all dolphins are mammals.(したがって、すべてのイルカは、哺乳類です)


上の例文と理屈的には同じでしょ、だからこれもValidだと思うでしょ、でもこれはInvalid。

前回のLogicの例と同じように私は最初、例文自体を常識的に正しいかどうかで答えを判断していたので、練習問題で10問中2問しか正解することができず、かなりショックを受けました。

これも結局、数学の問題のように公式にあてはめれば答えは出るんです。


All Greeks(A) are human(B).
All Athenians(C)are Greek(A) .
All Athenians(C) are human(B).

すべてのギリシャ人(A) は人間(B)です
すべてのアテネ人(C)はギリシャ人(A) です
すべてのアテネ人(C)は人間(B)です →VALID


All human(B) are Greeks(A) .
All Athenians(C) are Greek(A).
All Athenians(C) are human(B).

すべての人間(B)はギリシャ人(A) です
すべてのアテネ人(C)はギリシャ人(A)です
すべてのアテネ人(C) は人間(B)です →INVALID


All Greeks(A) are human(B).
All Greek(A) are Athenians(C).
All Athenians(C) are human(B).

すべてのギリシャ人(A) は人間(B)です
すべてのギリシャ人(A)はアテネ人(C)です
すべてのアテネ人(C) は人間(B)です →INVALID


All human(B) are Greeks(A).
All Greek(A) are Athenians(C).
All Athenians(C) are human(B).

すべての人間(B)はギリシャ人(A) です
すべてのギリシャ人(A)はアテネ人(C)です
すべてのアテネ人(C) は人間(B)です →VALID

Validの場合はPremise(根拠/前提)がこうなり、
A B   B A
 \     /   
C A   A C

Invalidの場合のPremiseはこう。
A B   B A
|      |   
A C   C A
 

最初の例題の答えを出すためには、まずはMajor Premise(大前提)→Minor Premise(小前提)→Conclusion(結論)の順に置き換えて、

All whales(A) are mammals(B).(すべてのクジラは、哺乳類です)
All mammals(B) have lungs(C).(すべての哺乳類は、肺があります)
All whales(A) have lungs(C).(したがって、すべてのクジラは、肺があります)


すると、前提が下記のようになるので、これはValid。
A B
 /
B C 

2番目の例題は

All mammals(A) breathe air(B).(すべての哺乳類は、呼吸します)
All dolphins(C) breathe air(B).(すべてのイルカは、呼吸します)
Therefore all dolphins(C) are mammals(A).(したがって、すべてのイルカは、哺乳類です)


こちらの前提は下記のようになるからInvalid。
A B
  |
C B

ここまでだと、なんだ簡単じゃんって話ですが、さらに問題は複雑になっていき、

No snakes have fur(ヘビには毛がありません)
because no reptiles have fur(なぜなら爬虫類には毛がないので)
and snakes are reptiles(ヘビは爬虫類です)
No A is B
No C is B
A is C →VALID


Since some supermodels are not celebrities, (一部のスーパーモデルはセレブではなく)
and all supermodels are sexy women,(すべてのスーパーモデルは、セクシーなので)
then some sexy women are not celebrities.(一部のセクシーな女性は、セレブではありません)
All A are C
Some A are not B
Some C are not B →INVALID


Some medics are surgeons;(一部の医者は、外科医です)
therefore some surgeons are not pediatricians,(したがって、一部の外科医は、小児科医でありません)
since medics are not pediatricioans.(なぜなら医者は小児科医ではないからです)
Some A are B
A is not C
Some B are not C →VALID


Some singers are not musicians,(一部のシンガーは、ミュージシャンではありません)
and because no performers and musicians,(パフォーマーはミュージシャンではないので)
then some singers are not performers.(一部のシンガーは、パフォーマーでありません)
No C is B
Some A are not B
Some A are not C →INVALID


って具合になっていくんですが、ここまでくると下記のようなダイアグラムを使わないと解けなくなります。
c0064534_158969.gif

まさに数学の世界。 (もうこれ以上解説はしないケド)

数学は苦手な私ですが、頑張った甲斐あってこれらのLogicの問題が出たミッドタームとファイナルではトップクラスの成績がとれました。

次回からは本当に大変だった課題、Fallacy Projectへ。
このトピックまだまだ、本当にまだまだ続きます。
[PR]
by rient | 2011-12-20 22:56 | -英語&学校 | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient