「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゲイ・パレード

6月の最終日曜日はゲイ・パレード。

今回はわざわざ見に行ったワケじゃなく、通りがかったらたまたまパレードの1番最後を見ることができました。後ろはセントパトリック教会。
c0064534_22133434.jpg
c0064534_22142620.jpg


c0064534_22151178.jpg
←コンドームを配ってる人。

一緒にヨーヨーも配ってたので、ヨーヨーだけでも欲しいな~と思っていたら、直前で反対側へ行ってしまいました。

ヨーヨー欲しかったな~。
でも、なんでヨーヨーなんだろ?
NYにはいろんなパレードがあって、通常は5番街を南から北上しますが、ゲイ・パレードは北から南下。これはゲイ・カルチャーの中心地、クリストファーストリート(ダウンタウン)がゴールだからだそうです。
(他にサンクスギビングデーのパレードもメイシーズがスポンサーなのでメーシーズを目指してブロードウェイを北から南下。)
c0064534_22211413.jpg
5番街のロックフェラーセンターの前にはまた新しい展示物。ビルと同じカタチ。
[PR]
by rient | 2008-06-30 22:25 | -イベント | Trackback

記念に残したいもの

日本では世界遺産への落書きが問題となっているようですね。

世界遺産に落書きするなんてけしから~ん!日本人の恥!!
と最初にこのニュースを聞いた時思ったのですが、問題のドゥーモの壁の写真(コチラ)
を見ると、

あらら~、こんなに落書きがあるとやってもいいのかもって気になるわね~。
大聖堂側が消去費用の負担を断ったって言うのもわかる気がするわ~、だってひとつだけ消して残りを放置ってワケにもいかないもんね~。

という気がしました。

世界遺産に落書きはもってのほかです。
落書きする方が悪いのは当然なのですが、大聖堂側も落書きさせないためにもっとできることはあったのでは。例えば、警備員を置くとか、ロープを張るとか、もっと落書き禁止のサインを増やすとか。または落書きをすべて消してしまうとか。
まぁ、いずれもお金がかかることではありますが。

しかし、どこの観光名所でも自分の名前の落書きってありますね。
エアーズロックの頂上でも日本人の名前を見た記憶があります。

でも、自分の名前を残したがるのは日本人に限ったことじゃないんですよね。

下の写真は去年キャンプで行ったアップステートのCatskillというところ。
キャンプサイトから30分ほど登った山の上。右下の岩は絶壁になっていて、そこからはハドソンリバーなどの景色を眺めることができます。
c0064534_22525124.jpg
c0064534_2259911.jpg

岩のあちこちに登山者らしい名前が彫ってありました。どうやって彫ったんだろ?
c0064534_22551853.jpg
Catskillはここの他にも絶景スポットには大きな岩がたくさんあって、そのほとんどの岩に名前と登山年がいくつも彫ってありました。中には100年近く前の物もあって歴史を感じたりもしたんですが、でもね、わざわざ彫るってどうよ~???

それにしても、記念に自分の名前を残すってどうなんでしょうね。いまひとつその心理が理解できないのですが。

まぁ、今回のニュースで今後は観光名所に落書きをする人がいなくなることを祈ります。
[PR]
by rient | 2008-06-27 23:12 | -ひとりごと | Trackback

How are they gonna get out?

ナンバーに続き、また車の話。

近所に路上駐車中のクルマたち。いつものようにナンバープレートに視線が。
c0064534_19585088.jpg


え?
あれれ???

ナンバープレートが…
見えない…。

う~ん、これって…
くっつきすぎじゃない?
c0064534_2023435.jpg
↑うまくできなかったけど、全体写真。(ちなみにこの日はゴミの日です。)

もっと近くで見るとこんなカンジ↓
c0064534_2014124.jpg
c0064534_202182.jpg
c0064534_204629.jpg
c0064534_2042358.jpg


写真を撮ってる時の通りがかりのお兄さんとの会話。
Are you taking pictures of license plates?(ナンバープレートの写真撮ってるの?)
Not plates. Look, they are parked amazingly tight.(プレートじゃないの。見て。ビックリするほど狭いよ。)
How are they gonna get out?(どうやって出るんだろうね?)
That's what I'm wondering.(私もそう思う。)
[PR]
by rient | 2008-06-24 20:44 | -NYの日々 | Trackback

License Plate

日本は梅雨入りして雨続きのようですね。
NYも今日は雨でした。

さて、こちらではドライバーズライセンスを持っていない私ですが、車を見ると必ずと言っていいほどナンバープレート(License Plate)をチェックしてしまいます。

というのも、州ごとにデザインが違っているのがおもしろく、さらにその州のニックネームやスローガンが書いてあるのを見るのが楽しいのです。

NYの場合はこんなの↓
c0064534_210436.gif
ニックネームはTHE EMPIRE STATE


本当はホンモノのナンバープレートの写真を載せたかったのですが、人様のプレートを勝手に載せるのはさすがに気が引けるので…。

そこで、こちらはお土産物屋さんに売っている廃番のプレートたち。年代ものが多いですが、州ごとに個性があるのはおわかりいただけるかと。

c0064534_2185238.jpgc0064534_2301054.jpg

c0064534_2595048.jpgニックネームも以下のようにユニーク。

Grand Canyon State (Arizona)

The Mountain State (Colorado)

The Constitution State (Connecticut)

The First State (Delaware)

The Sunshine State (Florida)

The Aloha State(Hawaii)

The Spirit of America (Massachusetts)

Great Lakes State (Michigan)

Big Sky Country (Montana)

Garden State (New Jersey)

First In Flight (North Carolina)

Oklahoma is OK! (Oklahoma)

それから、NY州のナンバープレートはカスタムメイドもあります。

例えば、こんなカンジ↓c0064534_371238.gif
この種類の多さはビックリするくらいなので、興味がある方は1度コチラを見てください。
[PR]
by rient | 2008-06-24 03:08 | -NYの日々 | Trackback
もうひとつのプレゼンテーションもファイナルも終了して夏休みになりました~♪
わ~い、初めての3ヶ月の夏休み~♪♪
(前回は夏学期も受講したので休みは約1ヶ月でした。)

さて、前日も書いたプレゼンテーションについて。

後からグループに加入したブラジル人の男の子のせいで、その後数日たっても役割分担どころか題材さえ定まらずイライラがついに頂点に。

ベトナム人の女の子につい厳しい口調で言ってしまいました。

Remember?
We already decided our theme last week.
I totally don't understand why we are still discussing about it.
The presentation is in next week, which means we don't have enough time.
We should be in two groups.
You and the Brazilian guy should work in a group,
and I'm gonna work with Gina.

いい?
先週すでにテーマは決めたでしょ。
なんでまだこの話してるのか理解できないよ。
プレゼンは来週でもう時間ないんだから。
私たち2つのグループになりましょ。
あなたはブラジル人の彼(名前がややこしくてわからない)と一緒にやってよ。
私はジーナ(韓国人の女の子)とやるから!


ブラジル人の子をグループに誘った彼女はすごく悲しそうに
「Oh, that's my fault.(わたしのせいね)」と言ってました。

彼女が悪いんじゃなくてすべての諸悪の根源は、ブラジル人のあの彼だって!!!
おかげでリサーチも何もできないまんまじゃん。
も~、まったく…。

で、結局、ブラジル人の彼はグループを去っていき、グループワークのはずのプレゼンを彼はひとりでやることに。協調性がなさすぎるよ~。


そして、プレゼン当日。
前回も同じグループでひとりしゃべりまくったベトナム人の女の子。
今回、彼女はイントロ担当でしたが、やっぱりしゃべり出すと止まらず、予定になかったゲームまで始めてしまう始末。(まだ次のグループのプレゼンも残ってるんだから、時間のことも気をつかってあげてよね。)

そして、クロージング担当だった私が、「Thank you for listening.」と言った後も割って入ってしゃべってた。(も~、私が締めだってば。)

終って席に着いた後、ハイファイブを求められました。
いやはや、無邪気…。

まぁ、いろいろありましたが無事終了。

これから長~い夏休みを楽しみます。
[PR]
by rient | 2008-06-19 02:03 | -英語&学校 | Trackback

気温100度

先々週まで長袖でも寒いくらいだったのに、先週から急に夏になったNY。
火曜日は華氏100度(摂氏37度くらい)という猛暑でした。

そこで、先週は「暑いね~。」の後に続く会話はまるで決まり文句のように
「エアコン出した?」とか
「ついにエアコン出したよ~。」というカンジでした。

日本では「エアコン」というと冷房と暖房の切り替えができるものだけど、こちらでは「エアコン」は冷房のみ。(あ、もちろんエアコンとは略しません。「AC」または「Air Conditioner」です。暖房の場合は「ヒーター」)

使う季節になって窓枠に取り付けるものがほとんどで(中には冬の間も片付けない人もいるようですが)、価格も安いものは100ドル前後(約1万円)と日本のエアコンに比べるとずいぶんとリーズナブル。

こんなカンジ↓(窓に四角いのがあるのわかります?)
c0064534_8105594.jpg

もっと近くで見るとこんなカンジ↓
c0064534_8125875.jpg


私のアパートの部屋は道路に面していないせいなのか、思った以上にひんやりしていて今のところはエアコンなしでも快適。

でも、同じアパートの道路側の部屋の人はよほどの暑がりなのか、または道路側で本当に部屋が暑いのか、エアコン24時間フル稼働中
夜中も早朝もず~~~っと響いている機械音。
そのエアコンが旧型だからなのか安物だからなのかわからないけど、耳障りでしょうがないんですけど…。
この夏中ずっとつけっぱなしのつもりなのかなぁ???
少しは環境問題についても考えて欲しいし、何よりご近所迷惑っていうのをわかって欲しい…。
[PR]
by rient | 2008-06-13 08:27 | -NYの四季 | Trackback

プレゼンテーション

もうすぐ夏休み~♪

ということで、クラスではファイナル(期末)を兼ねたプレゼンテーションが2つあって、そのうちのひとつが本日終了。

テーマは環境問題。
3人のグループでのプレゼンテーションで事前にスピーチは1グループ15分と言われてました。
会社員だった頃はミーティングのたびにプレゼンをやる機会があったので、人前でしゃべるのは苦ではないけど、英語となるといかに聞き手にわかりやすく説明できるかが問題。
なので、パワーポイントでヴィジュアルを多用してごまかす作戦(笑)。

だいたい留学生の英語なんてただでさえわかりにくいんだから、シンプルにクリアーにするべきなのに、同じグループだったベトナム人のクラスメイトはひとりで12分もしゃべりまくり(グループで15分だってば!)、さらにもうひとりのアフリカ人の男の子は自分のパート以外にアドリブで3分もしゃべってた。
おいおい、タイムマネージメントも重要でっせ~。


そして、来週はもうひとつのクラスのプレゼンテーション。
先週、韓国人とベトナム人の女の子と3人グループで題材を決めてリサーチも始めました。

今週になってブラジル人の男の子がグループに加入。(ベトナム人の子が誘ったらしい。)
そのブラジル人の子は私たちがすでに決めていた題材がどうも気に入らなかったらしく、というより自分の好きな題材にしたいらしく、違う題材の話を始めてまったく役割分担が決まらない。

もう面倒くさいので、「題材を変えていいよ。まだ今からなら変えられるから。」って言うと「君達が選んだものは素晴らしいと思うよ。変えたいわけじゃなくて、こういうのもおもしろいって思っただけ。」って。
そうは言うものの、先に決まっていた題材では話を進めようとしない。

あ~、もうますます面倒。そしてまたプレゼンの時はしゃべりまくるんだろうな~。
協調性っていうのも学んでくれ~~~。

大変そうですがあともう少し頑張るしかないです。
[PR]
by rient | 2008-06-04 03:50 | -英語&学校 | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31