<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

スタテン・アイランド(Staten Island)はNYCにある5つの区(Borough)のうちのひとつ。マンハッタンから無料のフェリーで行くことができます。
c0064534_23273912.jpg
フェリーから自由の女神が眺められるので、これまで何度もフェリーの往復のみ利用したことがありますが(島に渡って同じフェリーですぐに帰ってくる)、今回はバスに乗って島内を回ってみました。

島の真ん中あたりにHistoric Richmond Townという歴史村のようなところがあり、17世紀の建物が展示してあります。
c0064534_202887.jpg
遠くからこの鍛冶屋さんの姿(↑)を見た時は一瞬目を疑いましたが、さらに「赤毛のアン」のようなドレス姿の女性(↓)がその近くを通って行った時は本当にタイムスリップした気分に。
c0064534_20282951.jpg
c0064534_2028495.jpg
暖炉にポットをかける時に使う器具を製作中の鍛冶屋さん。鉄を火の中に入れて、熱くなったところを叩いて、という作業を何度も繰り返してカギ状にします。
c0064534_20292956.jpg

ドレスの女性はガイドさんでした。展示してある古い家や雑貨店、外にあるトイレなどを案内してくれました。うれしいことにツアーは無料です。
c0064534_20291042.jpg
最近は30度を越える暑さのNY。ガイドさん、このドレスはとても暑そうで汗びっしょり。鍛冶屋さんも暑いだろうな。お疲れ様です~。
[PR]
by rient | 2007-06-30 20:25 | -公園 | Trackback

こんな人もいます

前日の記事はかなり興奮していたので、何だかまるでニューヨーカー以外のアメリカ人(白人)が悪者みたいになっちゃっいました。誠にすみません。

でも、アメリカ人のユーモアやフレンドリーさは日本人には到底真似できないものがあるし、良いところも悪いところも含めてやっぱりアメリカが好きなんですよね…。

で、あまりに極端ではありますが、こんな人もいるよってことで、この方のご紹介。
(…というか、いつかネタにしたかった。)

c0064534_11211230.jpg
クラシカルな建物が多いNYにはひと際モダンな全面ガラス張りのビル
c0064534_11231542.jpg
このビルの名前は「ブルームバーグ(Bloomberg)」


ブルームバーグってどこかで聞いたことがありませんか?


そうです、NYの市長、マイケル・ブルームバーグさんが所有するビルのひとつです。
ご存知の方も多いと思いますが、このブルームバーグさん、
もとは証券会社の経営者だった億万長者

どのくらいお金持ちかというと、
トランプさんより長者番付が

っていうとわかりやすいでしょうか。

NY市長には年間約20万ドル(約2300万円)の歳費が支給されるらしいのですが、ブルームバーグさんは辞退したんだそうです。
まぁ、こんな億万長者の市長さんからすると、そんな金額はあってもなくても同じようなものでしょうが、それより、お金のために市長になったのではないということですよね。

しかし、市長がタダ働きというワケにはいかないというので、年間1ドルだけ受け取っているんだそうです。
年間1ドルですよ、いちどる!日本円で年間120円!!

お金のために政治家になったり、収賄が問題になったりする日本のお役人さんに見習ってもらいたいですねぇ。


…ということでNYのこんな人、ブルームバーグ市長でした。
[PR]
by rient | 2007-06-29 11:41 | -NYの日々 | Trackback
今朝の腹立たしかった話。まだ怒りで湯気がたってるかも。

ミュージカル「カラーパープル(Color Purple)」のラッシュに並びました。
この劇場は抽選ではなく早い者勝ち。何時に行けばいいだろうって見当がつかなかったけど、劇場窓口オープン45分前の9時15分に到着。すでに4,50人の行列。きっとムリだろうから帰ろうかな~と思ったけど、水曜日でマチネとソワレ2公演があるので、もしかして…という淡い期待を抱いて並んでました。

私の前には50代の白人カップル(夫婦)。ご主人の方は劇場の壁にあったヘアスプレイのポスターの写真撮影などをしていたのでニューヨーカーではなく旅行者なんでしょう。

しばらくたって、4人くらいの白人ファミリーがやってきて私の後ろに並びました。

そして、さらにしばらくすると白人のご婦人がひとりでやってきて、白人ファミリーと何か話をして「窓口をチェックしてくるから、私の順番見といてね。」のようなことを言って行ってしまいました。

彼女がいない間、白人ファミリーは実は「カラーパープル」じゃなくCBSの「Late Show」に並びたかったんだと判明(これはお隣のブロック)。そのため、彼らは去っていきました。

その後、私の後ろには黒人の女の子が並んだのですが、窓口に確認に行った白人のご婦人は、白人ファミリーがいなくなったもんだから、自分の順番がわからなくなったようで、ウロウロ。

それを見た50代の白人カップルのご主人が「ココだよ!」と教えてあげて、白人のご婦人は私の隣りに並びました。

その後、白人のご婦人の友達が遅れてきて、50代の白人カップルと4人で世間話。

この劇場では並んでいる間にサインナップすることになっているらしく、しばらくするとセキュリティが来て、みんな順番にIDを見せて名前を告げていきました。

ところが、白人のご婦人とその友人が私の前にサインナップするので、セキュリティに「私は彼女より前に並んでました。」と言ったけど、どうも聞こえなかったよう。

それで、白人のご婦人に直接
「Excuse me, but I have been on the line before you.(すみませんが、私の方が先です。)」
と言うと、
「No, you came after me.(ちがうわよ、あなたが私の後に来たのよ。)」ですって。

えぇ~っ!? ちがうよ、あんたの方が後だよ!!!

そこで、白人のご婦人、前にいた50代の白人カップルにどっちが先か聞きました。

当然、本当のことを言ってくれると信じていたのに…

50代の白人カップルのご主人、信じられないことに白人のご婦人に向かって

「You are right behind us.(あなたが僕たちの後ろだよ。)」

はぁ~~~???

でも、もうこうなったら何を言っても勝ち目ない…(涙)

この後、白人のご婦人とその友人、勝ち誇ったように「順番は順番なんだから。」「後から来たのに割り込もうとするなんて。」みたいなことをくどくど言ってました。

50代の白人カップルは壁のポスターを撮ったりしてる時や、私の後ろに並んでた白人ファミリーと話をした時に、私がいたのは絶対認識してるはずなのに~。

ムカツク~~~!

その後、窓口オープン。チケットは私たちの10人くらい前でマチネもソワレもソールドアウト
結局、この順番騒動の誰の手にもチケットは渡りませんでした。

私のひとり前でソールドアウトとかじゃかったのがせめてもの救いかな~…。



 ☆ ☆ ☆

実はこの週末以降3つ作品を観てます。そのレポートはぼちぼちと…。
[PR]
by rient | 2007-06-28 05:54 | -ミュージカル | Trackback

Gay Parade

6月の最終日曜日はゲイ・パレードの日。
エンパイアステートビルのすぐ下でちょっとだけ見てきました。(日差しが強すぎて長時間は耐えられなかった…。)
c0064534_2303141.jpg
c0064534_2305432.jpg
c0064534_231122.jpg
この人、NY州のセネターさん(Senator=上院議員)。後ろのSP怖そうですねぇ。
ひとつの州にセネターは2人いるのでもうひとりはヒラリー・クリントン。去年はこのパレードに参加してたみたいですが…。
c0064534_2342189.jpgc0064534_2343997.jpg
c0064534_2351835.jpgc0064534_2354589.jpg
c0064534_23262135.jpgc0064534_23265165.jpg
年中パレードをやってるアメリカ。それだけ自分のアイデンティティに誇りを持っているということなんでしょうね。でも、パレードに参加している人、み~んなゲイまたはレズビアンかな?バイもいる???あ、セネターは違うはずですよ(笑)
[PR]
by rient | 2007-06-25 23:15 | -イベント | Trackback

マイナーリーグ観戦

アメリカのプロ野球のトップはメジャーリーグで30球団。それだけでも日本に比べると多いのに、その下にAAA(トリプルエー)、AA(ダブルエー)、A(シングルエー)など全部で6段階のリーグがあるというからスゴ~イ。いったい全部で何チームあるんだか…。

木曜日、ホットドッグの早食い大会で有名なネイサンズがあるコニーアイランドのKeyspan Park Stadiumにマイナーリーグ観戦に行ってきました。
ここを本拠地とするのはメッツ3軍のブルックリン・サイクロンズ(Brooklyn Cyclones)。この日の対戦相手はヤンキースの3軍スタテンアイランド・ヤンキース(Staten Island Yankees)。この2チームは正確にはショートシーズン・シングルエー(SSA)というリーグに属しています。ショートシーズンというだけあって、この日が開幕3連戦の最終日。

球場の窓口で当日券を買ったのでSRO(立ち見)しか残ってなかったけど、6ドルという安さ。3イニング終了後はブリーチャーズ(外野席)に座ることができます。

試合開始前の選手へのインタビュー。向こう側には大きなシートを広げたスタッフたちが。そうです、雲行きがあやしい~。ちょっと前までピーカンだったのに。
c0064534_0463560.jpg
そして、やっぱり雨。10分ぐらいのシャワー(通り雨)ですみましたが、グラウンド整備で試合開始は30分延期。ひとつしか写ってないけど虹が2つも出てました。
c0064534_0535547.jpg

7時半試合開始。ヤンキースの帽子を被って行ったけど、どっちも応援したい気分。3回までは6-0でサイクロンズがリード。
c0064534_0553843.jpg

3回裏あたりから、またもや雨がポツリポツリと。その後、激しいサンダーストーム(雷雨)になり、試合は一時中断。
その後、いつまでたっても雷雨は止まず、残念ながら試合はキャンセルとなりました。あ~あ。
c0064534_0594048.jpg


現在、ヤンキースとメッツは揃って新球場を建設中。どちらも2009年オープン予定。そして、どちらもドーム球場ではないのです。
日本の新球場はどれもドーム型なので不思議に感じますが、ゲームの進行が天候に左右されても天然芝が大事なのか、う~ん…。
でも、お日様大好きなアメリカ人らしい気もします。
[PR]
by rient | 2007-06-25 01:04 | -MLB | Trackback
キャンプ4日目はテントをたたんだ直後に大雨。あやうくずぶ濡れになるところでした。
帰り道、NYの高級リゾートであるハンプトンを通りました。道路の真ん中にあるハンプトンのランドマーク、Windmil(風車)。
c0064534_6503895.jpg
雨だったのでちょっと歩いただけだったけど、キャンプ帰りの格好ではちょっと気後れしそうな高級店がずらり。グッチにティファニー、コーチなどなどプチ5番街ってカンジ。
c0064534_6505545.jpg
銀行(Bank of America)でさえこんなにカワイ~♪
c0064534_6511184.jpg
メインストリートを少し入ったところには超豪邸がいくつも。TVに出てくるような入口から家まで車で何分もかかるようなスーパー・ラグジュアリー・マンション!(日本でいう「マンション」じゃなくて英語の本当の意味のマンション(Mansion=大邸宅)。道路からは屋根さえも見えないところばかり…!さすが、超高級リゾート。
スピルバーグやビリー・ジョエルなどハンプトンに家を持っているセレブは多いそうです。

c0064534_6512720.jpg
ハンプトンの北にあるサグ・ハーバー(Sagg Harbor)。雨のヨットハーバーもなかなか。ここもオシャレなレストランやカフェが軒を連ねるかわいい街でした。


帰国まで2週間を切ってあちこちに行っているので、記事のアップが間に合わない…。
[PR]
by rient | 2007-06-24 07:18 | -キャンプ | Trackback

海キャンプ3日目

3日目の朝の美しいサンライズ。朝5時くらい。
友人はビーチに撮影に行きましたが、私は眠くて起きられずテントのすぐそばから。
c0064534_22352016.jpg

前日、「明日はDuneを歩きに行こう。」と言われました。「Dune」という単語を知らなかったので聞いてみると、どうやら「砂丘」のことのよう。勝手に「鳥取砂丘」から砂漠のような砂だけの丘をイメージして(鳥取砂丘には行ったことはないのですが。)、ノースリーブに短パン、ビーチサンダルのいでたちで準備を整えたら、友人は長袖・長ズボンにスニーカー。
「虫除けのために」という友人に、もしかして「Dune=砂丘」という私の解釈は間違っているんだろうか?といぶかりながら着いたのはココ↓
c0064534_22354091.jpg
おぉっ、やっぱり砂丘だ~!でも、草や木が生い茂ってる~!!砂丘には草木は育たないかと思ってた…。(いや、そういえばビーチも上の方には草が生えてるなぁ。)
c0064534_22355713.jpg
草があるところには蚊の大群!さされまくってキャ~キャ~言いながらなんとかビーチへ。
c0064534_22364591.jpg
大西洋の反対側なので波もなくおだやか。水もキレイに透き通ってました。
c0064534_223613100.jpg


この日の夕食もバーベキュー。海のそばなのでカモメが多く、テーブルの周りに人がいてもちょっとした隙を狙って食べ物をさらっていこうとします。
私たちもほんの一瞬テーブルの横のバーベキューグリルの方を向いていたら大きなクラムを持っていかれそうになりました。(カモメ、賢いゾ。でもキライだ。)
[PR]
by rient | 2007-06-23 23:03 | -キャンプ | Trackback

海キャンプ2日目

キャンプ2日目に最初に目指したのはロングアイランドの最先端にあるモントーク灯台(Montauk Point Lighthouse)。NY州最古のこの灯台は建設されて200年以上たった現在も使用されているんだそうです。
c0064534_22255937.jpg
この灯台の裏側の海岸を歩くこともできます。大きな岩に高い波。湿気が少ないせいなのか、海がきれいなせいなのか、全くべとつかず、実にさわやか。
c0064534_22254111.jpg

灯台から車で少し走ったところにあるハーバー近くのホットドッグ屋さん。おじいちゃんがひとりでやってました。海辺のホットドッグ屋さんは絵になる~。
c0064534_22262179.jpg


せっかく海の近くにいるのだから新鮮なシーフードをバーベキューして食べよう!ということになり、Montaukの街で聞いてみましたが、不思議なことにこの周辺にFish Marketはたったの2軒だけ。(地元の人、お魚食べないのかなぁ…。)
しかも、地物の貝類はクラム(ハマグリ)とマッスル(ムール貝)だけで、お目当てだったオイスターはどこかから空輸されてきていて1ダース10ドルという高さ。(チャイナタウンの方が安いゾ!)
おかげでオイスターをバケツいっぱいたらふく食べる夢やぶれたり…(涙)
c0064534_22555889.jpg

[PR]
by rient | 2007-06-22 23:01 | -キャンプ | Trackback

キャンプ再び

今週また3泊4日でキャンプに行ってきました。
前回はNYアップステイトの山の中だったけど、今回は全くの逆方向。ロングアイランドの先端、モントーク(Montauk)という海に面したキャンプグラウンド。NYCから車で3時間半くらいのところです。
NYのキャンプグラウンドはほとんど1泊13ドルプラス手数料だけど、ここだけは1泊24ドル。(なぜ~?NYの高級リゾート、ハンプトンの先にあるせい?)
c0064534_12595355.jpg
キャンプサイトの向こう側に見えるのは大西洋です。テントの設営が終って海岸を散歩したら、大きな砂のお城がありました。
c0064534_1312468.jpg
何年ぶりかは覚えてないけど、海水浴も楽しみました。おかげで真っ黒(笑…というか笑い事ではない)
[PR]
by rient | 2007-06-22 12:57 | -キャンプ | Trackback
先週金曜日に飲み友達のkanaさんが連れてってくれたルーフトップバー。エンパイアを眺めながら飲める最高のロケーション。
c0064534_11343641.jpg
c0064534_1135184.jpg
kanaさんと一緒だといつもオーバーペース。でも、それは楽しい証拠。
この後もまだNYで一緒に飲む予定が入っているけど、kanaさんが日本に帰省したら天神辺りをハシゴしてきっときっとまた飲み過ぎるはず…。
[PR]
by rient | 2007-06-20 11:31 | -ワイン@NY | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient