「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

点灯式

29日、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式を見に行ってきました。
と言っても5番街を渡ったサックスフィフスアベニューの前から遠巻きに見ていただけですが。(点灯するのをひたすら待っていたという方が近いかも。)
c0064534_11111643.jpg
点灯前のツリー。

めでたく点灯~!ゴ~ジャス!!
c0064534_1134139.jpg
ちょっとちょっと、そこのポリスオフィサー!邪魔よ、邪魔っ!!

点灯前から警備にものすごい数のオフィサーたちがいたんですが、点灯の直前にはベストポジションに何人もうようよと集まってきました。おかげで点灯の瞬間はオフィサーの影で部分的にしか見えず…(号泣)

オフィサーの中には自分の携帯カメラでツリーの撮影をしている人も。日本じゃありえない話ですね~。
それから待っている人に頼まれて「スマ~ィル!」と言いながらカメラのシャッターを押しているオフィサーも。もし日本のおまわりさんに「すみませ~ん、シャッター押してくださ~い。」とお願いしたら引き受けてくれるんでしょうか…?(どなたか経験ある方いらっしゃいますか?)

ロックフェラーに限らずあちこちで美しいクリスマスツリーが楽しめます。
暖かい日が続いているNYですが(今日はなんと最高気温20℃でした!)、この週末から寒くなるようです。来週月曜日は雪の予報も。ちょっとドキドキ…!
[PR]
by rient | 2006-11-30 21:08 | -イベント | Trackback

ボージョレ・ヌーヴォー

サンクスギビング・デーが終った後、急にクリスマス・ムードが高まって近所にはクリスマスの飾りつけをしている家が増えてきました。

さて、解禁日以降飲んだボージョレたち。
c0064534_1154443.jpg

(右から順番に)

モメサンは学校の近くのワインショップで解禁日当日に購入。確か12ドルくらい。 実際は9.74ドルでした。(アップした後でレシート発見)
前日飲んだデュブッフに比べると香りも味わいもソフト。
モメサンのラベルはParis, Tokyo, Manhattanと3種類あったようで、せっかくならマンハッタン買いたかった…。

ルイジャドはボージョレ・ヴィラージュ2005
ヌーヴォーと飲み比べがしたくて以前買っておいたもの。8ドルくらいだったかな~。
ヴィンテージの違いだけじゃなくヌーヴォーとは造り方も違うので、香りも味わいも濃く深く感じました。

デュブッフは解禁日前日に9.74ドルで購入。
フレッシュなバナナやストロベリーの香りが良く出ていてなかなか美味しかった。

ラブレ・ロワはアスターで13ドル。
バナナの香りと一緒にガムやソーダのようなフルーツの香りも。


日本のヌーヴォーの輸入量は世界一だというので(全体の4分の1だとか3分の1だとか、いずれにしてもとてつもない量)、アメリカはどうなのか知りたくて解禁日以降に何軒かワインショップを回ってみました。
ほとんどのお店は置いてあるのはデュブッフだけ。それに多くのお店はかな~り地味なディスプレイでお店の端っこの方に置いてあったりと存在感薄かったです。
2種類以上置いてあるところはあまりなくて、安売りワインショップ、アスターだけはちゃんとヌーヴォーのコーナーがあって5種類も置いてました。さ~すがアスター。

それにしても日本とアメリカのこの価格の差!
日本はアメリカの2.5倍くらいしてますね。同じ航空便でこんなに価格の開きがあるというのは明らかに広告費ですね。

とはいっても日本のヌーヴォー解禁日にお祭り気分を味わうのはとっても好きなのですが。
いや、それにしても日本は高過ぎ…。
[PR]
by rient | 2006-11-27 11:53 | -ワイン@NY | Trackback

Thanksgiving Day

寒~い雨の中、Macy's Thanksgiving Day Paradeに行ってきました。
c0064534_14551092.jpg
強風のためバルーンが行進できるのかが心配されてましたが、だいじょうぶでした。
パレードの人たちは雨にもかかわらず手を振りながら笑顔で歩いてましたが、きっと寒くて大変だったと思います。
c0064534_14583778.jpg
見ていたのはパレードが出発する77st付近で1時間ほどでしたが、帰る時には寒さのため足の感覚がなくなってしまったほどでした。

しかし、アメリカ人ってパレード好きですね~。年中パレードやってますよね。
[PR]
by rient | 2006-11-23 23:54 | -イベント | Trackback
現在、NYの現地時間は11月15日(水) お昼の12時です。


なんと!これはっ!!
c0064534_28364.jpg
明日解禁のはずのボージョレ・ヌーボーではありませんかっ!


たまたま通りがかったリカーショップで店内に山積みされてました。最初は明日の解禁のために去年の在庫をタタキ売りしているんだろうと思ったくらいです。

フランスのワイン法で解禁日は11月の第3木曜日と決められているはずなのに、すでに堂々と売られているとは…。超フライング!
これじゃ、時差が早い日本より早く飲めてしまうってことになりますね。
結構大きなショップなのに、これでいいのか~~~!?(いいんでしょう、アメリカでは。)

気にせず買っちゃいましたよ。1本9.74ドル(税込)。
お店のお兄さんに「今日フランスから空輸されて来たばかりだよ。君が今年のヌーボーを買った最初のお客さんだ。」と言われました。(もしかしてアメリカ中で1番かも?)

早速、今夜飲みま~す。私もフライングで~す。
[PR]
by rient | 2006-11-15 12:06 | -ワイン@NY | Trackback

MoMAとPS1

MoMA(NY近代美術館)は毎週金曜日の夕方4:00以降は無料開放。(Target Free Friday Night=Targetというスーパーがスポンサーとなっています。)

c0064534_8222021.jpg通常は入場料大人20ドルとなかなかいいお値段です。
実は私は学生証のおかげでいつでも無料なんですが、学生ではない友人と一緒に行ったのでFree Friday Nightを利用しました。

4:00に着くと隣りの空き地まで長い行列ができてましたが、15分くらいで中に入ることができました。

モダンアートの他にモネ、ドガ、ピサロ、ゴッホなどの印象派の作品を見るのもとても好きなのですが、先月もFree Friday Nightを利用して見たばかりなので今回は新しい展示品だけを駆け足で見ました。
実は本当に行きたかったのはMoMAではなく、クイーンズにある別館のP.S.1
MoMAの入場券で30日以内ならP.S.1も無料で利用できるのです。といってもP.S.1の入場料は大人5ドルとMoMAに比べるととってもお安いのですが…(笑)
c0064534_8454688.jpg
P.S.1は以前は公立の学校だったところ。教室が展示場になっていて、壁も作品の一部に使われたりしていますが、天井や階段などに建物の古~い歴史を感じます。昼間でも薄気味悪さを感じるようなところもあるので、夜はかな~り怖そうです。

c0064534_8574870.jpg壁一面がアートになった階段→

この写真を撮った後でリーフレットをもらって驚いたのですが、建物の紹介に全く同じ写真が使われていました。(プロと同じ視点?ちょっとウレシイ♪)

この美術館の展示品はいわゆる現代アートばかりなのですが、先月行った時はどの作品もあまりにもコンテンポラリー過ぎて、何を表現しているのかさっぱり理解できず…(汗)

展示作品は頻繁に変わるようで、新聞で見た「ゴールドスタンダード展」が面白そうだったので行ってみました。作品は撮影禁止だったので写真はないんですが、金色を使った様々な絵画やクラフトなどがたくさんあって見ごたえあり。
他の作品も先月行った時に比べると面白いものが多かったように思います。

c0064534_9302392.jpg
ルーフトップからはマンハッタンが眺められます。高い建物ではないので、障害物があったりしてあまり美しい眺めではありませんが…。
[PR]
by rient | 2006-11-13 08:14 | -美術館 | Trackback

Astoria Park

この数日、春のような陽気が続いているNYです。

木曜日、11月だとは思えないくらいの良いお天気だったので、Astoria Parkでピクニック気分を味わいました。(近くのデリで買ったサンドイッチをベンチで食べただけですけど。)
野外での飲酒は禁止ですが、こっそり白ワインも飲んじゃいました(笑)
c0064534_7382795.jpg
向こうに見えるのはイーストリバー。マンハッタンとクイーンズの間を流れている川です。
行ったのは3時過ぎだったのであっという間に日没になり(今は5時を過ぎると真っ暗になります。)、こんな景色も楽しむことができました。
c0064534_7421452.jpg
写っている橋はトライボローブリッジ。マンハッタン、ブロンクスとクイーンズを結ぶ橋です。
夕暮れのマンハッタン、思いがけずキレイな写真が撮れました。

写真撮影は夜景は難しいけど夕景はまだ比較的簡単。でも暮れ始めると暗くなるまであっという間なので時間との戦いですね~。
[PR]
by rient | 2006-11-11 17:34 | -公園 | Trackback

Flushing Meadows Corona Park

日曜日、紅葉を楽しみたくてQueensにあるFlushing Meadows Corona Park(Flushing Meadows Parkと略されることもあるようです。)へ行ってきました。
c0064534_6453846.jpg
ここはNYCで3番目に大きな公園。この公園の中にはUSオープンが開催されるテニスコートの他に美術館、アイススケートリンクなどがあります。
NYメッツの本拠地シェイスタジアムもこの公園の敷地内なんだそうです。
c0064534_7184883.jpg
この地球儀の奥に写っている建物は美術館(Queens Museum of Art)。NYCのパノラマ(かなり精巧にできた模型を上から眺めることができます)、ティファニーのステンドグラスが常時展示品。入場料は大人5ドルです(私は学割で2.5ドルでした~♪)

c0064534_6594731.jpgすでに落葉している樹も多かったので、秋の終わりも近いようですね。

アパートの周りの街路樹もこの数日間であっという間に葉が落ちて樹は淋しくなったけど、道路にはまるで黄金色のじゅうたんが広がっているようです。

まだまだ気温の変化が大きいようで、明日はなんと最高気温21℃の予想です。

季節の変わり目です。
皆様、お風邪など召されませんように。
[PR]
by rient | 2006-11-08 06:38 | -公園 | Trackback

A Chorus Line

久しぶりにミュージカルを観ました。
10/5にオープンしたコーラスライン(A Chorus Line)。もちろんラッシュ(21.25ドル)です。

c0064534_852980.jpgラッシュ(抽選)をやっているというのはまだあまり知られていないらしく、しかも平日のマチネだったのでエントリーしていたのは30人くらい。
これは絶対当たるはず!と思っていたら1番初めに名前を呼ばれて、思わず大声で「イエースッ!」と叫んでました(笑)
以前、劇団四季で2回見たことがありますが、正直言うとあまり好きな作品ではありませんでした。セリフが多過ぎて間延びしてしまったような印象があって、その時に「この作品をブロードウェイで見ても(セリフが多いから英語が)さっぱりわからないだろうなぁ。」と感じたのをはっきり覚えているくらいです。

今回の感想は…
確かにセリフは多かったけど思っていたより英語がわかりやすく(もちろんわからない箇所もありましたが)、ダンスシーンも多くてメリハリがあって個人的にはとっても良かったと思います。

四季で見た時には「セリフが長すぎる~」と感じたポールの告白(ホモ・ショーに出ていたのを両親に見つかってしまったこと)のシーンも感情移入して泣けてきそうになってしまったし…。

キャシー役はどこかで見たことあるような雰囲気…、と思っていたら以前「シカゴ」のロキシーをやっていた人。何だかそのままロキシーをやれそうでした。

ラストのオーディションの結果発表のシーンは知っていてもなぜかハラハラ。去っていくダンサーが本当に涙を流しているのが見えて(もしかしてそれも演出なのかもしれないけど素直に)感動…。

ラッシュの席は見切り席なので、ラストの「ワン」のラインダンスは正面から見ることができなくて残念でしたが、マチネでも立見席が出ていたので(ということは当たり前ですがマチネもソールドアウトということですね。)次回は立ち見に挑戦しま~す!
[PR]
by rient | 2006-11-01 19:43 | -ミュージカル | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30