「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

軟禁生活解除

昨日の夜、マユミさんがTrattoria Dell'arte(通称アントニオの店)へ誘ってくれたのですが、鍵をまだ返してもらっていなかったため家から出ることができず、マユミさんがアンティパスタをto goして私の家まで持って来てくれました。

アントニオのお店のアンティパスタは本当に美味し~。カリフラワーのフライなんて絶品です。マユミさんに熱烈感謝。ぜひ次回はお店へ…!!!

c0064534_4175972.jpg一緒に飲んだワインはこの間、Astorで買ったコッポラのROSSO $6.99

以前飲んだ時に値段が安い割りに美味しかったので、また買いました。以前飲んだものとはラベルが違いますが同じものです。

ブレンド比率はジンファンデル47%、カベソ32%、シラー21%なので、ベリーの味わいが強く感じられ、少々の酸味もありました。

c0064534_4322842.jpgその後、NJからわざわざ鍵を届けに来てくれたRichardと合流。彼が食事をしていた近くのバーに押し掛け、彼が飲んでいたワインをほとんど無理やりごちそうしてもらいました(笑)。

Pouilly Fuisse Louis Jadot 2002

ルイ・ジャドのプィイ・フュッセは彼のお気に入りらしいです。フランスが好きなので、フランスワインも好きらしい。そういえば、こないだ買ってたワインもジョルジュ・デュブッフだったし。
c0064534_4493736.jpg
マユミさんとシェアしたティラミス。
しっとりしてて美味しかった~。

おふたりにはお世話になりました~。(って書いてもRichardにはわからないだろうケド。)
これでやっと軟禁生活から開放です~☆
[PR]
by rient | 2006-01-31 14:13 | -ワイン@NY | Trackback

軟禁生活

金曜の夜、飲んで帰って家に入ろうとしたら鍵がない!

バッグの中を全部ひっくり返してみたけど、ない!!
コートのポケットを何度も確認してみたけど、ない!!!
その夜行ったレストランに戻って聞いてみたけど、ない!!!

一緒に飲んでたRichardに電話したいけど、電話番号をどこにも控えてなかったのでそれもできない。

結局、ルームメイトに開けてもらいました。
彼女がまだ起きてて良かった~~~…。

翌朝、心当たりをさんざん探してみたけど見つからず…。
軟禁状態の週末でした。

家の鍵を取り替えるしかないのかなぁ、と思いながら沈んだ気持ちのまま迎えた月曜日の朝。Richardから電話。

「鍵あったよ。」だって~~~。

金曜の夜、私が帰る時にテーブルの上に鍵があったので私のものかどうか聞いたらしいのですが、その時私が「違う」と答えたそうです。
それで、彼が持ち帰ったらしい…。

そのやりとりを私はまったく覚えてません。
それになんでテーブルの上に鍵を置いたのかまるで解せない。
かなりヤバイです…。
[PR]
by rient | 2006-01-30 09:11 | ◆New York | Trackback

Superstition

昨日、飲みに行くのに家を出ようとして、シューズラックのすぐ上にあった大きな鏡を落として割ってしまいました。

粉々に割れて床に散らばった鏡の破片。
かなり動揺。
何とか片付けて飲みに行ったけど、ショックが大きくて楽しめない…。

なにか「Superstition(迷信)」があったような気がしたので聞いてみると、鏡を割ると

7 years bad luck」だって…。


ひぇ~~~!!!


そしたら早速、家の鍵を失くしました…。
こんなことがこれから7年間???
ウソでしょ。
[PR]
by rient | 2006-01-29 10:29 | ◆New York | Trackback

やっと週末!

ようやく週末です。
木曜日の朝、「今日頑張れば、あと1日!」
そして、今朝起きて、「今日頑張れば、お休み!」と気合いを入れて…、
あ~、長かった~。

c0064534_8539100.jpgこんなに週末が待ち遠しかったのって、まだ若かった頃(?)オフィスワークから営業職に配置転換されて慣れない上に出張ばかりでヘトヘトに疲れていたあの頃以来だわ~。

クラスは韓国人比率がとても多いのですが、韓国渡航歴8回のおかげで(韓国ドラマのファンというワケではありません。)、韓国人のお友達も数人できました。
とりあえず、楽しんでます。

週末なので、ひさしぶりに学校帰りにブラブラ。
←メーシーズのそばで見たエンパイア。
ちょっと寒いけど、とってもいいお天気です。


そうそう、学校のブックストアでテキストを買ったのですが、2冊で85ドル!たっかぁ~い…!!!と思っていたら、翌日、仲良くなった韓国人の子に35ドルだと言われ、間違いだったことが判明。もちろんRefundしてもらいました。
何だか50ドル得した気分になったので、Astorでワイン購入!(安ワインです。)
Astorは週末の夕方だったので、すごい人でした。

私もこれから飲みに行ってきま~す!!!
[PR]
by rient | 2006-01-27 18:40 | ◆New York | Trackback

日本人女性は完璧

学校はまだ2日目です。


日本人の彼女がいるという50代の先生が

「奥さんまたは彼女にするなら、絶対日本人!
 日本人はキレイ好きだし、美味しい料理を作ってくれるし、

 パ~~~フェクト!!!


と絶賛していました。



あのぉ~、先生、すみません、

ここに例外がいます…。
[PR]
by rient | 2006-01-25 17:12 | -英語&学校 | Trackback

辞書にない英語

マユミさんのお友達のRichardの家へ行った時、「Cut the light on.(電気つけて)」と言われたので、「学校で、電気をつける/消すはturn on/offって習ったよ~。」と言ったら、「cut on/offには節約するという意味も含まれる」と説明されました。

帰って辞書で調べても載ってませんでした。(夫の大学時代の古い辞書だし、私の電子辞書はあまり高くなかったせいかもしれませんが…。)

言葉は生きているといいますが、すごく簡単なことを教えられる時は子どもに戻ったみたいな気分になります。
[PR]
by rient | 2006-01-24 19:32 | -英語&学校 | Trackback

週末

c0064534_5113038.jpg飲んでばかりの週末でした。
到着してから飲んでない日の方が少ないかも。
ちょっとヤバイです…。

アメリカではレストランなどで量が多過ぎて食べられなかったものを持ち帰るのは当たり前。
「持ち帰り」は「to go」ですが、ストレートではない素敵な言い方を教えてもらいました。

 I would like to enjoy this at home.

使わせていただきます。もうひとつ違う表現も教えてもらったのですが、それはちょっと危険だと思うので使う勇気はありません。

出会いがあれば別れもあり。
ありがとう!& お元気で!
[PR]
by rient | 2006-01-23 15:07 | ◆New York | Trackback

3度目の週末

到着して早くも3度目の週末です。

金曜日の夜、マユミさんのお友達のリチャードと飲みに行くことに。この間、マユミさんも一緒に会った時に私が「英語が堪能な日本人の前で英語をしゃべるのは恥ずかしい」と言ったせいなのか今回は2人きりでした。

どこに行きたいか聞かれたので、「騒がしすぎるところはあんまり好きじゃない。」と言ったはずなのに、連れて行かれたところはクラブでした。

c0064534_5582887.jpg通じてなかったのか、それともリチャードにとってはそれほど騒がしいところじゃなかったのか???
う~ん、前者だとしたら悲しい…(笑)

場所はMidtown West、店名は不明。
かなりの人で派手に賑わっていて、圧倒されっぱなしでした。
ここではグラスワインを2杯。(シャルドネとメルロー。メルローはコッポラでした。)

その後、お腹が空いたというリチャードに付き合って家の近くでハンバーガーとワイン。(リチャードの家は私のステイ先の向かいのブロックです。)

リチャードには大変お世話になりました~。こちらがお世話になってばかりだったのに翌朝お礼の電話くれたし。いい人です。紹介してくれたマユミさんに感謝です。(マユミさんには本当に本当にお世話になりっぱなしです。)

最近、周りのいろんな人に助けられて生きているんだな~、というのを特にしみじみと感じてしまいます…。
[PR]
by rient | 2006-01-20 23:49 | -友人@NY | Trackback

2週間ちょっと

到着してからずっと10℃前後の暖かい日が続いています。
私は九州人でマイナスの寒さはほとんど経験したことがないため、かなり覚悟してましたが持って来た防寒具も今のところ出番なし。寒さの本番はこれからなのかなぁ。

日本の方が寒さは厳しいようですね。以前は雪が降るとスキーができるって大喜びしてたのに。(九州の人もスキーやスノボするんですよ~。夜通し高速飛ばして山陰方面まで出掛けたりするケド。それに九州にもスキー場があります。)
私とテニスをしたことがある人は私のテニスの腕前があまりに悲惨なので、私がちゃんとスキーができて上級者コースも滑れるって信じられないそうです。(さすがに上級者コースは何度も転びますが、笑)

来週からESLのクラスが始まります。
今週初めにPlacement Testを受けたので、その結果を聞きに行きました。自分でこのくらいだろうなぁ、と思っていたよりちょっとだけ上のクラス。でも、そのおかげでその後の目標が組み立てやすくなりました。
スケジュールをもらったら、なんと月曜日はお休み!週休3日って喜ぶべきなのかどうか、う~ん…。

前回約3ヶ月滞在した時は旅行者だったので、英語がしゃべれなくても何とかなったし、「英語を上達させよう」という気持ちも全くなくて(本当になかったなぁ。)、いつも誰かに頼ってばかりでした。帰国して、友人から「もう英会話はバッチリでしょ?」と聞かれた時は絶句。たった3ヶ月でしゃべれるようになるんだったら駅前留学する人なんていないってば!!!

c0064534_338692.jpg写真を撮る頻度がまるで少なくなったのも、前回の滞在と違うところ。

火曜の夜、マユミさんとそのお友達のリチャードと一緒に行ったレストランで飲んだワイン→
カラフェのカタチがおもしろい。でも注ぎにくい…。


朝からなぜか背中に筋肉痛のような痛みが。
PCデスクを運んだせいかな~。
[PR]
by rient | 2006-01-19 23:44 | ◆New York | Trackback

PCデスク

c0064534_12305872.jpg到着して2週間。

今の部屋はサブレットですが、3ヵ月後にはまた同じ部屋に戻ってくることになっているので、Moving Saleなどで必要なものを譲ってもらったりしています。

この2週間、ずっと困っていたのがPCデスク。部屋にはテーブルも何もなかったので、日本から持ってきた段ボール箱(スーツケースと一緒に預けた荷物)がPCデスクの代わりだったのです!

今のステイ先の近くには家具屋さんが多いので、安いものなら新しいのを買ってもいいなぁ、なんて思っていたけど、なかなか気に入るものが見つからず…。(高いものなら当然いいものはいっぱいあります。)

今日、英語の掲示板のFor Saleで「おっ、これは!」というものを見つけたので、頑張ってメールしてみました。
何度かメールのやり取りをしてみるとステイ先から2ブロックも離れていないところというのが判明。「今日ならいつでも取りに来ていいけど、うちはウォークアップの3階だから誰かのヘルプが必要よ。」とのこと。
ルームメイト2人は夜まで戻らないので、ちょっと勇気を出して「降ろすのを手伝ってもらえる?」とお願いしてみました。(今のステイ先は1階だしキャスター付のデスクだったので3階から降ろすことができれば後はだいじょうぶなはず。)すると「I can try to help you carry it down the stairs (I hope you are strong!)」という返事。

早速、ピックアップに行ってみると、待っていたのはアメリカ人にしては比較的華奢なかわいい女性でした。
意外に重いデスクを2人で運ぶというより、引きずりながら階段のステップを落としていくというような形で何とか1階へ。途中、ホイールの1つが壊れて外れてしまうというアクシデントが。あれだけガタンガタンとやってればそりゃあ壊れるよね…。
彼女はとても申し訳なさそうにスクリュードライバーを使って修理してくれました。

また外れるんじゃないかとハラハラしながらも、無事にステイ先に到着。
すると、彼女から「買ってくれてありがとう。ホイールのことゴメンね~。無事に運べてるといいんだけど。」って心配したメールが届いてました。
いえいえ、こちらこそ手伝ってもらってありがとう~~~。

c0064534_12433850.jpgこうして手に入れたPCデスクがコレです→
IKEA製。購入価格は35ドル。なかなかでしょ?

椅子はルームメイトKさんからの借り物。
デスクの上のグリーン2つは週末から一時帰国するルームメイトWさんからの預かり物。

ようやく椅子に座ってPC使える~。うれし~。
[PR]
by rient | 2006-01-18 22:05 | -Moving | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient