<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Central Park (1)

c0064534_3565787.gifとにかくセントラルパーク(Central Park)は広い!

南北2.5マイル(約4km)、東西1/2マイル(約800m)、面積843エーカー(約3.4k㎡)という広大さ。

公園の中には動物園、遊園地、池や芝生などなど…、あまりに広いのでいったいどこから入って何を見たらいいんだろう、と悩んでしまうくらいです。

私が好きだったのは、South Endの59th St.の真ん中(6th Ave.あたり)から北上するコース。

c0064534_4519100.jpg
c0064534_4104696.jpg入ってすぐのところに池(↑)があるのですが、水面に写る高層ビルが都会と自然のコントラストになっていて何とも言えません。

少し歩くと小さな滝(←)があります。写真ではわかりにくくて残念。少量の水ですが、穏やかに流れています。

マンハッタンの真ん中にこんな自然があるなんて思えないくらいです。

映画やTVに出てくるスケートリンク(Wollman Rink)は、夏はなんとミニ遊園地(↓)になります。
c0064534_418513.jpgc0064534_4175026.jpg
c0064534_4253275.jpg
左右に木々が建ち並ぶ遊歩道(The Mall)は情緒あふれる空間。

NYじゃなくてパリの公園みた~いなんて思ったのはきっと私だけじゃないはず…。

この道の先にベセスダ噴水があります。
c0064534_4255690.jpgシープメドウ(The Sheep Meadow)。
TVなどでよく紹介されるセントラルパークといえばココですね。

公園内は上半身ハダカや水着姿で日光浴している人が本当にたくさんいます。(セントラルパークだけではありませんが…。)
アメリカ人ってホントに日に焼けるのが好きですね~。
c0064534_4512773.jpgc0064534_4514727.jpg
セントラルパークでは、あまりに有名なストロベリーフィールズのイマジンです。ダコタアパートから見えるこの公園の一角が「涙の形」に見えるからとオノヨーコがNY市から買い取り、このイマジンの碑を造ったのだそうです。

c0064534_5163882.jpgダコタアパートといえば、マドンナも入居を断れたというくらいの超高級アパート。

ロマネスク様式のとても美しい建物ですが、建物に隣接して72nd St.の地下鉄の駅の入口があります。
さすがに他の地下鉄の入口と違ってとっても落ち着いています。地下鉄の入口だと気づかず通りすぎてしまいそうなくらいです。

セントラルパークの写真はまだまだたくさんあるので、次はNorth Endからのものをご紹介したいと思います。
[PR]
by rient | 2005-07-31 03:05 | -公園 | Trackback(1)

Time Warner Center

c0064534_1661390.jpgセントラルパークの西南のコーナーにあるコロンバスサークル(Columbus Circle)のツインタワー。

←モノクロ写真みたい。曇りの日に撮ったせいかな~。

ショッピングモールのタイムワーナーセンター(Time Warner Center)しか行ったことがありませんが、上層階はホテル、オフィス、コンドミニアムなどの複合施設です。

モールの中には、CoachWilliams SonomaSephoraなどのショップ、2階にはBordersという大型書店、地下には高級スーパーのWhole Foodsがあります。

私は雨の日やとっても寒い日に、BordersでCDを視聴したり本を立ち読みしたりして、お腹が空いたら地下のWhole Foodsでランチを食べたりと、かなり快適に長居してました。
Bordersの中にはDean & Delucaのカフェもあります。

c0064534_1605255.jpgc0064534_16132788.jpgc0064534_16134199.jpg

c0064534_16365370.jpgc0064534_1637242.jpg1階にある大きな男女のブロンズ像。
茶目っ気がありますが、きちんとすべてを表現してあります(笑)。

これを撮っている時に白人の男性に笑われてしまって、ちょっと恥ずかしかったのです…。

c0064534_16422529.jpgc0064534_16423958.jpg
c0064534_16425926.jpgc0064534_16424894.jpg
c0064534_1643893.jpgc0064534_1643196.jpg
地下のWhole Foodsはいろんな食材があって眺めるだけでも楽しいくらいです。Eat inのコーナーもあります。春までは奥にワインショップもありましたが、リニューアルのためクローズしていました。(ちょっと高かったのよね~…。)

wallst.timesさんがブログに書いてらっしゃるようにNYの出会いスポットといえば、以前はBarnes & Nobleだったらしいのですが、最近はこのWhole Foodsが新しいスポットになっているらしいと、イーストヴィレッジのルームメイトが話してました。そうなんだ~。
[PR]
by rient | 2005-07-27 16:57 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Roosevelt Island (part 2)

c0064534_1213068.jpgRoosevelt Islandの続きです。

←ルーズベルト島にある建物。ルーズベルト大統領の別荘だった家と聞いていました。でも公開されてもないし、何かの施設として利用されている様子もないので、滞在中ずっと不思議に思っていました。

後で、島にお住まいの翻訳家明子さんからコメントをいただいたのでコピペします。

うちの島にある小さな謎の家は、ルーズベルトの別荘あとではなくて、ブラックウェルハウスというんです。むかしむかし、この島を原住民から買い取ったブラックウェルファミリーという豪農がいて、この島を農場にして豚さんを飼っていたそうです。彼らのサマーハウスのあと、と聞きました。島の名前も、昔はブラックウェルアイランドだったそうですよ。

そうなんですね~。ルーズベルト島は今では8000人(?)が住む住宅地ですが、昔は農場だったんですね。しかも個人の所有物だったなんて…。明子さん、ありがとうございました。

c0064534_12282344.jpgこちらは島の南にある元病院。お化け屋敷のようなので、映画などでもよく利用されているそうです。

この建物がある南側は普段はフェンスがあって、独立記念日の花火以外は立ち入り禁止らしいのですが、私の滞在中は中に入ることができました。でも、私が行った時は誰もいなかったので、昼間でもちょっと怖いくらいでした。

↓島の最南端。右側の写真の対岸はクイーンズです。c0064534_1236310.jpgc0064534_1227516.jpg

↓マンハッタン側。エンパイアや国連ビルも見えます。
c0064534_12415917.jpgc0064534_12422471.jpg
c0064534_1244477.jpgc0064534_12442299.jpg

↓クイーンズ側。マンハッタン側と違って大きな工場が。
c0064534_12474663.jpgc0064534_12481181.jpg

↓島内は桜の木がたくさんあって、NYの桜の名所なんだそうです。
c0064534_12513051.jpgc0064534_12514911.jpg

そういえば、滞在中にSOHOのバーで飲んでいた時、スタッフのお姉さんが私がルーズベルト島にステイしていると聞いて「島の中にスーパーあるの?」と言ってました。ニューヨーカーでも島に対する認識ってそんなものなんでしょうか…。
島内にはGristedesという大きなスーパーがあってよく利用してました。土曜日には近くでグリーンマーケットも開かれています。
[PR]
by rient | 2005-07-26 13:06 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Roosevelt Island

c0064534_15453025.gifNYで1番長く滞在していたのがルーズベルト島(Roosevelt Island)でした。

「島」という響きから、マンハッタンから離れた交通の便が悪い辺ぴな場所を想像している人も多かったのですが、実はマンハッタンから地下鉄でたったの1駅、とっても便利な場所です。

←マンハッタンからこんなに近く!

◆ルーズベルト島に関するサイト
 ◇Roosevelt Island
 ◇NYC 10044 Roosevelt Island
 ◇NY宿屋日記harumiya

マンハッタンから、この島へ渡るには以下の方法があります。

c0064534_15375956.jpg地下鉄
FラインでマンハッタンのLexington Ave./63rd Ave.から1駅。Rockefeller/47~50 Sts.からは3つ目。(約10分)
イーストリバーの真ん中なので、地下鉄の駅は階段が多いです。もちろんエスカレーターとエレベーターがあります。

トラム(ロープウェイ)
2nd Ave./60th St.から約5分。約15分おき(時間帯によって本数は変わるそうです。)に運行されています。運賃は2ドル。メトロカード使用OKです。

c0064534_15362445.jpgc0064534_15364020.jpg
c0064534_1551272.jpgc0064534_15505342.jpg
c0064534_155768.jpgc0064534_15571873.jpg

↑トラムの中からの眺め。お天気がいい日は最高です。

c0064534_161174.jpg(or タクシー)
ルーズベルト島をまたいで架かるクイーンズボロ・ブリッジ(Queensboro Bridge)はルーズベルト島で降りることができません。
この橋を使ってクイーンズまで行き、約1キロ北にあるRoosevelt Island Bridgeを使って島に渡ります。かなりの遠回りです。
私がタクシーを使った時は運転手さんが入口がわからなくて苦労してました。

c0064534_16274656.jpgバス
島の中専用の赤いバスの他にMTAのQ102が運行されています。マンハッタンからだと地下鉄N・Wラインで一旦、クイーンズのアストリア(Astoria)まで行かないと乗れないようです。

島内を巡回している専用のバス→
1回25セント。
c0064534_16404878.jpg徒歩
クイーンズボロ・ブリッジを徒歩や自転車で渡っている人はたくさんいます。島からやトラムの中から小さな人影が見えます。ものすごい健脚の持ち主なら歩いて行くのも可能では…?(そんなことする人いるのかな???)
この場合もQueensboro Bridgeでクイーンズまで行ってRoosevelt Island Bridgeを渡ることになります。

c0064534_16414854.jpg泳ぐ
イーストリバーを挟んでマンハッタンはすぐそこに見えているので、泳ぎに自信がある人は距離的に無理はないと思います。
でも、川の水は濁っているし、ボートや船が頻繁に往来しているので不可能でしょう…。
発想に無理がある?すみません…(笑)

Circle LineのSightseeing Cruise→

c0064534_16335179.jpgc0064534_1634287.jpg
c0064534_16342331.jpgc0064534_16343457.jpg
↑地下鉄を降りてすぐのプロムナードから見たマンハッタン。
ルーズベルト島の写真は多すぎて1日では紹介できませんでした。そのため、Part 2に続きます。
[PR]
by rient | 2005-07-24 16:48 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Bryant Park

ミッドタウンの真ん中、「都会のオアシス」という表現がピッタリの緑あふれる公園がブライアントパーク(Bryant Park)です。

夏は「Summer Film Festival」や「Broadway in Bryant Park」、「Piano in the Park」など各種イベントが目白押しです。

公園内は青空図書室、ワイヤレスインターネット、チェス、メリーゴーランドなどなどアメニティも充実しています。

c0064534_17271112.jpgc0064534_17272137.jpg
c0064534_17273691.jpgc0064534_1727441.jpg
c0064534_17275577.jpgc0064534_1728392.jpg
c0064534_17281253.jpgc0064534_17282093.jpg
c0064534_1729041.jpgc0064534_17291178.jpgc0064534_17292158.jpg
c0064534_17293277.jpgc0064534_17294195.jpg

滞在中はベンチでランチを食べたり、本を読んだり(マンガでしたが・笑)して利用しました。お天気がいいと最高に気持ちがいい場所です。
[PR]
by rient | 2005-07-23 17:33 | -公園 | Trackback

旅の足跡

NYのアップステートにお住まいのてんとう虫娘の耳袋さんのブログで紹介されていた旅の足跡がとてもおもしろそうだったのでやってみました。

World Map
c0064534_11423897.gif

これまでの訪問国は18ヵ国、世界の8%です。
今まで訪問国数は数えたことがなかったけど、意外に多いんだなぁ…。同じ国に何度も行ってたりするので、もっと少ないかと思ってました。中国なんて上海と返還前の香港しか行ったことがないのに、地図上は塗りつぶされてしまってるし(笑)


United Sates
c0064534_11535236.gif

こちらは6州で11%です。すごい偏り(笑)。見事に西と東しか行ってません。
トランジットではシカゴ(イリノイ州)とアンカレッジ(アラスカ州)もありますが…。

とっても楽しいので、ぜひみなさんもお試しください。
てんとう虫娘さん、ありがとうございました♪
[PR]
by rient | 2005-07-21 12:05 | ◆NY観光 '05 | Trackback(1)

Empire State Building

c0064534_126727.jpgNYのランドマークと言えば、NYで1番高いビル、エンパイアステートビル(Empire State Building)です。

443メートル、103階建て。
1929年着工、1931年完成という驚異的なスピードで建てらたビルです。なんと1週間に平均4階半のペースで造られていったそうです。

86階部分がTVや映画でもよく出てくる屋外展望台。この展望フロアへ行くには80階で一旦エレベーターを降りて別のエレベーターに乗り換えるのですが、その途中に記念撮影をするコーナーがあります。撮られたくなくても流れにのって進んでいると否応なしに撮られてしまいます(笑)。撮った写真は帰りに希望者のみ15ドル(キーホルダー付)で購入できるようになっています。(う~ん、ちょっと高くない?)


c0064534_12371570.jpgc0064534_12382748.jpg
c0064534_20575939.jpgc0064534_12345264.jpg
c0064534_1249094.jpg
滞在中に見たESBで1番美しいと感じたのがこの写真(→)の夕暮れ時です。

ワシントンスクエアから5th Ave.を歩いている途中、夕日に照らされたビルがピンク色に輝いていました。見る時間や角度によっていろんな表情を楽しむことができますね。

ライティングの色はイベントなどで変わるのですが、そのスケジュールはESBのサイトで確認できます。

展望フロアへは夜しか行ったことがないので、次はまだ明るいうちに行ってみたいなぁ。眺めはだんぜん夜がいいらしいですが…。
[PR]
by rient | 2005-07-20 13:00 | ◆NY観光 '05 | Trackback

St. Patrick's Cathedral

c0064534_9515299.jpgニューヨークにはあちらこちらに教会があります。
その中でも1番大きいのが全米でも最大規模のカトリック教会、セントパトリック大聖堂St. Patrick's Cathedral)です。

ゴシック様式のデザインはドイツのケルン大聖堂を模したものなんだそうです。

尖塔までの高さは約100メートルと高いので、5th Ave.の反対側の道路からしゃがんでみたり後ろに下がってみたりと苦労しながら撮影している観光客をよく見かけました。(実は私もそのうちのひとりです。)
c0064534_21375834.jpgc0064534_21381459.jpgc0064534_21382773.jpg
c0064534_21383716.jpgc0064534_2138481.jpgc0064534_21391189.jpg

c0064534_11984.jpg中に入ると教会特有の厳かな雰囲気、高い天井と広さに圧倒されます。c0064534_117214.jpg

入口には係りの人がいてセキュリティチェックも行われているけど、私が行った時はいつもやる気のなさそうな人しかいなくてチェックされなかったりと結構いいかげんでした。でも、ミサが始まると写真撮影が禁止になったり厳しくなります。

両端の通路を奥に進むと、ドームがあってちょっと趣きが違う見事なステンドグラスを見ることができます。柔らかい光でライティングされた白い祭壇は幻想的で見る価値アリです。
[PR]
by rient | 2005-07-19 11:26 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Rockefeller Center

数えてみたら、NYで撮った写真は2600枚を超えてました。
整理しながら紹介していきます。

まず最初は、ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)。

「ロックフェラーセンター」とは東西は5th Ave.から7th Ave.、南北は47th St. 51th St.の広いエリアに林立するビル群の総称。(私が持っているガイドブックには「19の高層ビル」と書いてあります。)

c0064534_10161346.jpgGEビルの前にあるプロメテウス像で有名なこのロウアープラザはGarden of Nationsというそうです。

周りに万国旗(国連加盟国?)が並んでいるので、この名前なんだそうです。
並んでいる旗はイベントなどによって変わったりしてました。

c0064534_10182550.jpgc0064534_10162542.jpg
冬はスケートリンク(12月にはもちろんクリスマスツリー。)、夏はカフェが定番ですが、カフェはイベントなどでクローズされていることもありました。

c0064534_1019997.jpgc0064534_10191649.jpg
プロメテウス像を正面に見ると左右にある男女の像。きっと何か意味があるんだろうなぁ~…。

c0064534_1019195.jpg5th Ave.から入る遊歩道はThe Channel Gardensというそうです。

ここは花壇になっていたり、写真のように水がはってあったり、企業のプロモーションをやっていたりと通るたびに変化していて面白かったです。

c0064534_10174946.jpgロックフェラーの中心にあるGEビル→

地下にはショッピングモールやレストランもあって、地下鉄とも直結しています。

ロックフェラーセンターの中のビルは地下でつながっていて、働いている人たちは雨の日など濡れずに地下鉄から自分のオフィスに行けるのだそうです。

今年の秋からは「Top of the Rock」という展望フロアもオープンするし、また見どころが増えますね。
[PR]
by rient | 2005-07-18 12:35 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Music Baton

私のところには回ってこないだろうな~と思っていた「ミュージックバトン」ですが、Entr'acteMilkywayさんからご指名いただきました。トシがバレそうなのでちょっと迷ったんですが(笑)、せっかくなので回答させていただきます。
「特別な思い入れがある曲」なんていうのは、意外に後になって「あ、この曲があったんだ」なんて思い出したりしそうですが…。



♪コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
PCには入れてません…。
  
c0064534_1128588.jpg♪今聞いてる曲
「The PHANTOM of the OPERA」 Original Cast Recording
【コメント】現在のところ、ミュージカルで見た回数が1番多い作品がファントムです。(ブロードウェイで5回、四季で5回。)
「Angel of Music」「Masquerade」「The Point of No Return」などが好きです。

c0064534_11284098.jpg♪最後に買ったCD
「Wicked」 Original Broadway cast Recording
【コメント】ミュージカルを観た後、2度目のラッシュも当てるゾ!という気持ちで予習するために買いました。結局2度目を観ることはできませんでしたが…。「Popular」がカワイイ。

♪よく聴く、または特別な思い入れがある5曲

「I still haven't found what I'm looking for」 by U2
【コメント】サンフランシスコで初めてのホームステイ(10日間)をした時、当時のボーイフレンドが作ってくれたテープ(時代だなぁ…)に入っていた曲。部屋で何度も繰り返して聴きました。Bostonの「Amanda」も入っていて、これらの曲を聴くとSFを思い出します。

「Hotel California」 by Eagles
【コメント】初めて聴いた時に感電したような衝撃を受けました。この曲に出会う前から洋楽は聴いていたけど、本当の意味で洋楽との出会いの原点になった曲のような気がします。
 
「To Be With You」 by MR BIG
【コメント】福岡から熊本に引越しが決まって福岡での生活も残りわずかという時、古い友人たちと野球観戦のために福岡ドームに足繁く通ってました。ある日、ドームに行く前に必ず寄っていたHard Rock Cafeで流れていて、福岡を離れる淋しさで涙がでそうになった曲。
  
「(Just Like)Starting Over」 by John Lennon
【コメント】ある時期、すごくよく遊んでいた友人たちと旅行した時、そのうちのひとりが8ミリビデオを回していました。その上映会をした時のBGMに使った曲。その後、そのグループで遊ぶことはなくなりしたが、この曲を聴くと時々思い出します。あの頃は青春だった…。

「I was born to love you」 by Freddie Mercury
【コメント】Queenの「Bohemian Rhapsody」にするかどうかで悩みました。でも、Freddieのこの曲のタイトルがそのまんま好きなのでこの曲。もしもこんなこと言われたらブッ倒れそうになると思います(笑)

♪次に渡すバトン
ごめんなさい、私でゴールです。お願いできそうな知り合いもいないので…。

Milkyさん、ご指名ありがとうございました。楽しんで書かせていただきました。
[PR]
by rient | 2005-07-14 18:25 | -ミュージカル | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー