<   2005年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

c0064534_202327.jpg知的な英語、好かれる英語」という本を買いました。

作者の田村明子さんとは、NYでお世話になったルーズベルト島のharumiyaさんの飲み会でご一緒させていただきました。

あのベストセラーの恋愛マニュアル「The Rules」のシリーズも翻訳されたスゴイ方なのです。

美人なのに気取りのない気さくな方でした。とっても落ち着いて見えるのに、ペーパードライバーにもかかわらずレンタカーにご両親を乗せて南仏をドライブしたなんて大胆な側面もお持ちです。

明子さんの著書「知的な英語、好かれる英語」はロックフェラーの紀伊国屋にも並んでいるのを見たのですが、あちらで買うと割高なので帰国してから買いました。なんと自宅の隣りにあるTSUTAYAにも置いてありました。すご~い!

同じ意味の内容でもシチュエーションによってふさわしい言い方、そうでない言い方があるんだよ、というようなことや、こんな言い方をすると好感を持たれるよ、というようなことをとても優しくわかりやすく書いてあります。

この本にもっと早くに出会っていれば、NY滞在中にもっと積極的に英会話にチャレンジしたのでは、と思ってしまいました。

それから、知っておいたら得するエチケットについても書いてあります。例えば、地下鉄・バスの中は盗難などの危険が潜んでいるので居眠りしないこと、日本では大目に見てもらえる酔っ払いもアメリカでは「酒癖が悪い人」だと思われるので気をつけた方がいいこと、などなど。飲み過ぎで何度も地下鉄で寝過ごしてしまった私にはドキリとする話です…。

ケチらず紀伊国屋で買えば良かった…(笑)
オススメで~す♪

 知的な英語、好かれる英語
 田村明子 著
 NHK出版 714円
[PR]
by rient | 2005-06-30 20:22 | ◆NY観光 '05 | Trackback

リヤドロのギャラリー

c0064534_1540789.jpgとても好きなお人形にLladro(リヤドロ)があります。

リヤドロとはスペインのバレンシアで生まれたポーセリン(磁器)メーカーです。
磁器で造られているとは思えないような繊細なところや、お人形のかわいい表情がたまらなく好きです。

←自宅にあるリヤドロのお人形。
数年前に自分自身へのお祝いに買いました。

有名な少女や婦人のシリーズや結婚式やベビー誕生などいろんなシーンのもの、最近は犬や猫などの動物のものも多く見かけます。

c0064534_1545393.jpgNYのミッドタウンにもショップがあります。
その中には希少価値の高い作品を展示しているギャラリーがあって、無料で見ることができます

こんなかわいいお人形もあるんです。
このくらいなら私でも買えるかな~。よく覚えてないけど200ドルちょっとくらいだったような気が…。

緻密で精巧にできている作品は磁器だということが信じられないくらいです。
c0064534_15324575.jpgc0064534_15423264.jpg
c0064534_1515279.jpg
Lladro

43 West 57th St.
New York

212-838-9356
[PR]
by rient | 2005-06-27 16:01 | ◆NY観光 '05 | Trackback

ミュージカル

滞在中に観たミュージカル

 ◆The PHANTOM of the OPERA ×3回
 ◆MAMMA MIA! ×2回
 ◆CHICAGO ×2回
 ◆MOVIN' OUT
 ◆hairspray
 ◆WICKED
 ◆The 25th Annual Putnam County SPELLING BEE
 ◆RENT
 ◆BEAUTY and the BEAST
 ◆ALL SHOOK UP
 ◆LA CAGE aux Folles
 ◆THE LION KING
 ◆DIRTY ROTTEN SCOUNDRELS
 ◇COOKIN'

c0064534_10232423.jpg14作品、トータル回数18回。

←劇場で配布されるPLAYBILL。帰国する際は全部持って帰るのは重いので、キャストのページ以外は外してきました。内容はほとんどがマンスリーで変わる広告なのです。

他にも観たかった作品はたくさんあったけど、ストーリーの予習ができずに展開が理解できそうにないものは観ませんでした。(私は本当にその作品を楽しむためには予習は必要だと思っています。)

滞在中、私がずっと挑戦し続けていたRush(ラッシュ)についてちょっと説明します。
(帰国後、複数の友人から質問を受けたので…。)

ラッシュはわかりやすく言うと格安の当日券。劇場によって違いますが、最前列あるいは最後列の決められた座席を20ドル~27ドルくらいで購入できます。
通常のチケットがオーケストラ(1階席)で100ドル、メザニン(2階席)で40~70ドルくらいなのでかなりおトクです。

ラッシュには以下の種類があり、販売方法が異なります。

 ◆学生用ラッシュ(要・学生証)

 ◆一般用ラッシュ
  ◇抽選ラッシュ(要・写真付ID)
  ◇先着順ラッシュ

ラッシュの種類は劇場によって違います。学生ラッシュしかやっていないところや全くラッシュをやっていないところもあります。また、抽選時間も劇場によって違います。

詳しくはTalkin' Broadway on the boardsで確認してください。

ラッシュはおトクな反面、抽選や先着順なので観られるかどうかは運(くじ運の強さ)と努力(並ぶ労力)が必要です。

私のラッシュ挑戦記のサマリーは以下の通りでした。

 ◆hairspray―――1勝0敗
 ◆RENT―――1勝2敗
 ◆SPELLING BEE―――1勝11敗 
 ◆WICKED―――1勝15敗
 ◆Avenue Q―――0勝1敗

私にとってはラッシュはイベントというか日課のようにさえなっていたので、何度ハズれても十分楽しんでいました。エントリーすることに意義がある?いや、そうじゃないケド(笑)
[PR]
by rient | 2005-06-24 09:19 | -ミュージカル | Trackback

Back to the real world

c0064534_14242398.jpgとうとう現実の世界へ戻ってしまいました。

NYで過ごした2ヶ月と3週間。
本当にあっという間でした。

淋しかった街路樹の枝には眩しいほどの新緑が茂って、コートを羽織って歩いていた人々はすっかり薄着に変わって街は開放的な季節に変化していました。

いろんな人に出会いました。
すべての方々に心から感謝します。
私のNYでの生活が潤っていたのはみなさんに出会えたおかげです。
NY行きを決めてから始めたこのブログですが、帰国した後はどんな方向性にしようかとちょっと悩みました。
撮り貯めた写真が2000枚を超えていて、その日のブログでは書けなかったこともたくさんあるので、しばらくはNYの思い出話を綴っていきたいと思います。

すでに次にNYを訪れる日のことを夢見ています。
それがいつになるかはわからないけど、それまで頑張るゾ~♪
[PR]
by rient | 2005-06-22 12:16 | ◆NY観光 '05 | Trackback

長旅終了

午前6時10分ソウル到着。本当に長かった…。

福岡行きは11時30分。5時間の待ち時間です。NYに行く前に買ったネットカフェのプリペイドカードが残っていたのでそこで時間つぶし。
実は自分のPCを立ち上げるとワイヤレスがつながっていました。でも、バッテリーのコードをスーツケースに入れてしまったので長時間は使用不可。あぁ、残念…。

PCで遊んでいると長い乗り継ぎ時間も意外にあっという間でした。実は土日分のブログの更新はソウルの空港でやりました。

午後0時30分福岡到着。
イーストヴィレッジのステイ先を出たのが19日の午後9時過ぎだからこの時点ですでに27時間が経過!仕事している時の短期の旅行にはこのコースは使えませんね。

c0064534_15335828.jpg空港まで来てくれた友人が美味しいと評判のとんこつラーメンのお店へ連れて行ってくれました。
帰国後初めての食事です。
このラーメン、なんと380円!安っ!!

その後、その友人と夕方まで遊んで(我ながらよく体力あるな~。)、午後6時過ぎの高速バスで博多駅から熊本へ。

熊本に着いたのは午後8時前。迎えに来てくれた家族とそのままお寿司(回ってましたが…笑)を食べに行ったので、自宅に着いたのは午後9時でした。

イーストヴィレッジを出てから35時間です。凄すぎる…。

c0064534_15281721.jpgお土産用のワインを8本持ち帰ってきました。

悩んだ搬送方法ですが、ワイン用にキャスター付きのバッグを約20ドルで新規購入。その中にタオルなどでプロテクトして、機内持ち込みの手荷物にしました。

さすがに8本あるとオーバーヘッドビンは無理なので、座席の下に入るかどうかが心配でしたが横に寝せると余裕でした。

運んでいる間にバッグが壊れるんじゃないかと思ったくらいでしたが、無事に運べると「あと2本くらい頑張れば良かったなぁ。」なんて思っちゃうんですから欲張りですね(笑)

ちなみにお酒は3本までは免税。それ以上は1本につき150円が課税されます。
[PR]
by rient | 2005-06-21 23:23 | ◆NY観光 '05 | Trackback

移動の日

c0064534_10233226.jpg1日中、移動でした。

今回使ったエアラインはアシアナ航空

理由は、3ヶ月OPENで出ていたところで1番安かったから。それに、ストップオーバーOKだったので、本当は帰りにソウルで遊ぶつもりでした。NYで遊び尽くしたので体力とお金が残ってませんでしたが…。

アジア系のエアラインはこれまで何度も使ったことがあって結構好きだし、福岡からの利用にはアジア系の方が便利な場合もあります。

アシアナ航空は初めて利用したエアラインでした。
JFK発は23:40。韓国、中国の乗客が多く、座席はほぼ満席状態。
ウエルカム・ドリンクはなく、いきなり機内食。ワインをリクエストするとボトルではなくカップに注いだものを渡されました。まぁ、そんなところが安さの理由かな、なんて思いながらも実は「もう2度と乗らない!」と心に誓ってました。

食事の後は眠ってしまったので、目が覚めた時は3時間ほどが経過。前方スクリーン(オンデマンドではないところもミソ)の「Time to Destination」の表示が「2:20」となっているのを見ても「表示が間違ってるのかなぁ。」なんてのんきに考えてまた眠ってしまいました。

でも、よ~く見るとなんとアンカレッジ経由だったんです!

あ、ありえないっ!
だって、アシアナのサイトもエージェントもそんなインフォメーションはなかったよ~っ!!!
(往路はソウルからNYへは直行便でした。)

あぁ、ショックが大きい…!!本当にもう2度と乗らないゾ!!!

c0064534_10383868.jpgこれまで何度も海外旅行はしたことありますが、アンカレッジに降り立ったのは初めての経験でした。

話にはよく聞くうどん屋さん。→
他の人が食べるのを見てると使い捨ての小さな容器にインスタント風のうどんが6ドルちょっと。高いよ~!

結局、アンカレッジ経由でソウルまで17時間。さらにソウルから福岡、そして自宅がある熊本まで帰るんですからすごい長旅です。うぅ、気が遠くなりそう…。

c0064534_10213252.jpg←機内から見た朝焼け。

ソウル到着はJFK出発の19日から日付がイッキに2日変わって21日午前6時。

長い1日なのか短い1日なのか…、う~ん、いずれにしても1日ソンした気分です。
[PR]
by rient | 2005-06-20 10:49 | ◆NY観光 '05 | Trackback

帰国

c0064534_9263063.jpg朝、Port Jeffersonからフェリーでコネチカット州のBridgeportへ。
爽やかで気持ちいい海でした。

とうとうNYを離れる日になってしまったなぁ、と思うと自然に涙が…。
2ヶ月と3週間、本当にあっという間でした。

楽しかったいろんなことが思い出されて、もっと長く住んでいたい気分になったけど、いつまでもバケーションを続けているワケにはいかないし(笑)
充電期間を締めくくるにふさわしい景色でした。

お昼過ぎにメトロノースでマンハッタンへ。
最後の日こそは確実にミュージカルを観たいと思っていたので事前にチケットを買っておきました。

観たのはDirty Rotten Scoundrels
無料CDをちゃっかりいただいてしまったミュージカルです。これもまた事前にsabretoothさんのサイトでストーリーを予習。
手をたたいて笑い転げる観客もいましたが残念ながら私にはそこまでは理解不能。それでも楽しさは伝わってくるおもしろい作品でした。
なんといっても俳優さんがみんな美し過ぎる…。

ミュージカルもしっかり観て、タイムズスクエアの喧騒もこれでお別れだな、と感傷的な気分にひたってステイ先へ。

帰国便は夜11:40発なので、シャワーを浴びてゆっくりパッキング。
ドルキャッシュの手持ちがほとんどなかったので、JFKまではスーパーシャトル($19)にしようと思ったけど荷物も多いし、スーパーシャトルは乗り合いで待ち時間も長くなってしまうのでギリギリでもだいじょうぶなタクシーを使いました。

これからソウル経由の長旅が始まります。
何だか帰る気がしない…。
[PR]
by rient | 2005-06-19 07:26 | ◆NY観光 '05 | Trackback
c0064534_7505540.jpg帰国前にもう1度行きたかったところ。
それはロングアイランドのワイナリーでした。

念願かなってもう再度訪れることができました。4月の終わりにワイナリーツアーに参加した時はまだ芽吹く前だった葡萄の枝には青々とした葉が茂っていました。
c0064534_9294846.jpg
6月のこの時期は開花期。これから葡萄の木は花を咲かせて、やがて美味しいワインになる葡萄の実をつけていきます。

ロングアイランドのワインで1番好きだったLENZワイナリーを訪問。ここは4月末のツアーで行ったRaphaelのすぐそばでした。

4種類くらいをテイスティングして、お土産用のワインを2本、それからその日の夜に飲むためにカベソーとメルロを買いました。
ワイナリーで直接買うより激安ワインショップ、アスターで買った方が安いんです!恐るべし、アスター!!

c0064534_13343971.jpgc0064534_13344774.jpg
それからPort Jeffersonへ。
Long Island Soundに面しているかわいい港町でした。

この港からコネチカット州のBridgeportへ向かうフェリーが出航しています。
[PR]
by rient | 2005-06-18 07:16 | -ワイナリー | Trackback
c0064534_810288.jpgr_cafe_nycさん主宰のテーブルコーディネートサロンにお邪魔してまいりました。

季節ごとの4回コースになっているのですが、1回だけ参加させていただきました。
テーマは「NY流夏のおもてなし」。

コンセプトを決めてテーブルをコーディネートしていきます。
NYの夏のリゾートをイメージしたテーブルセッティングの説明を受けます。それから夏らしいお料理をいただきながら、フードコーディネートとレシピの説明も。

r_cafe_nycさんの落ち着いていて洗練されてしゃべりかたのおかげで説明がとてもわかりやすいんです。

c0064534_815616.jpgc0064534_8152087.jpgc0064534_8153553.jpg
c0064534_816170.jpgc0064534_8161215.jpgc0064534_8194197.jpg
いただいたものはロブスターのサラダ(盛り付けを自分たちでやりました)、ガスパチョ、海老とホタテのグリル・カレー風味。ガスパチョにサルサを使うレシピは新鮮でした。

c0064534_8243792.jpgお食事をいただいた後はフラワーアレンジメント。
夏らしい花器を使って白いチューリップをアレンジします。

花器の中に貝殻が入っているのも涼しさを感じさせてくれます。

アレンジが終わった後は自分たちで最初の状態にコーディネート。

いろいろと参考になることも多くて、1回だけの参加じゃもったいない楽しいサロンでした。
帰ったらこのサロンで学んだことを活かして、夏のテーブルコーディネートに挑戦してみます。

r_cafe_nycさん、本当にありがとうございました。
おかげさまでとても素敵なNYの思い出&お土産になりました~♪
[PR]
by rient | 2005-06-17 23:04 | -友人@NY | Trackback

帰国まであと4日

帰国までたったの4日間。

2ヶ月と3週間も滞在していたのに、行こうと思って行けなかったところがたくさんあります。
例えば、国連ツアー、ニュージャージーからの夜景鑑賞、ブロンクス動物園、イサムノグチ美術館、あげだすとキリがありません。

ちなみに三脚まで購入して頑張っていた夜景撮影ですが、成果はこんなカンジです。
ブルックリンのリバーカフェの隣りで撮影しました。
まだ満足いく出来映えではないけど、まぁ、こんなもんでしょ(笑)

c0064534_21242098.jpgc0064534_21243730.jpg

滞在が残りわずかになってしまったので、お土産を探しにセンチュリー21へ。
同じようなものは日本でも買えるしな~、と思ったら何を選んでいいかわからなくなってしまってほとんど買わずに帰ってきてしまいました。
それにセンチュリー21って乱雑なディスプレイなので見るだけで疲れてしまうし。あぁ、悩む…。

夕方、待ち合わせの時間がちょっと空いたので、ラストチャンスでラッシュに挑戦。
本当にこれが最後の挑戦になります。

Wicked…エントリーした人数:約150名
Spelling Bee…エントリーした人数:約100名

★結果…結局ラッシュにはフラレっぱなしでした。
 週末が近いのでまた人が増えてましたね~。
[PR]
by rient | 2005-06-16 21:15 | ◆NY観光 '05 | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30