<   2005年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ワイナリーツアー

Melrot Madnessというワイナリーツアーに参加してきました。

悲しいことに朝からあいにくの雨。
8時45分にグランドセントラル駅前を出発、ロングアイランドのノースフォークを目指します。途中ロングアイランドの3箇所で参加者をピックアップしていきました。参加者は50名超。大型の貸切バスはほぼ満席でした。

ノースフォークには30以上のワイナリーが集中しているそうです。ハイウェイを降りてしばらく走った辺りから広大なぶどう畑をいくつも見ることができました。

この辺りのぶどうの栽培方法は垣根つくり。ぶどうの生育サイクルは4月末のこの時期は発芽期。ちょうどつぼみが膨らんでいる頃でしょうか。

バスの中でガイドのボブさんに畑の説明を聞きながら、最初のワイナリーRaphaelへ到着したのは11時くらいだったと思います。

c0064534_1261845.jpgc0064534_1262952.jpg

ここではワイナリーの係りの人からロングアイランドのワインや醸造過程などについての説明を受けました。
ロングアイランドがナパよりボルドーに近いクリマなのは、天候のせいなんだそうです。なるほど、ボルドーは海洋性気候で雨が多いのが特徴。ナパのように乾燥しているところより雨が多いNYの方がボルドーに近いというのは納得です。

c0064534_129243.jpgc0064534_1291483.jpg
醸造過程の説明を受けた後はランチと4種類のワインのテイスティング。
ワインは4種類ともまだ若い酸味の強いものばかりでした。

c0064534_1212686.jpgc0064534_12122432.jpg
ランチはチキンのグリル。かなり前に作ったもののようで冷めてしまってるし、お肉は固いしサイアク。このツアーはひとり$115でしたが、この金額でこのランチはかなり悲しい…。

c0064534_12141235.jpg次のワイナリーはLaurel Lake

最初に行ったRaphaelに比べると、こじんまりとした小さなワイナリーでした。
ここではステンレスタンクから直接注いだシャルドネをテイスティング。まだ硬くアルコール度数が低い印象。

その後、このツアーのメインイベント、5種類のメルローのブラインド・テイスティング。
ロングアイランド、カリフォルニア、オーストラリア、イタリア、チリのメルローの産地を配られたシートに記入するというものでした。

c0064534_1215388.jpg1つのグラスに1種類を飲み干すごとに次の種類が注がれていくのですが、他の参加者たちは直感的に記入していきます。
私はセミナーのクセ?でワインのコメントを書きながら、全部飲んでしまった後で産地を選ぶ方法をとりました。

結果は…???
シートを回収されてしまったので答えは郵送されるのか、ツアー中に答え合わせはありませんでした。

う~ん、気になる…。
最後のワイナリーはJamesport
ここも小さなワイナリー。木の香りのする建物がアットホームでした。

c0064534_12155328.jpgc0064534_1216315.jpg

ここでは、ワインの説明とテイスティングは野外で。写真ではとてもいい感じですが、実は雨が降っていて震えるくらい寒かったです。お天気がいいとサイコーに気持ちがいいんでしょうケド。

このロングアイランドのワイナリーでは初めてピノノアールを飲みました。

これでワイナリーツアーは終了。時間はだいたい4時半でした。
帰りはワインのおかげでバスの中では熟睡。
行きと同じグランドセントラルの駅前に到着したのは7時頃。長い1日が終わりました。

正直いうとワインは期待していたほど美味しいと感じなかったけど、絶対行きたいと思っていたワイナリーツアーに参加できて満足です。

教えてくれたnon-vintageさんに感謝。
[PR]
by rient | 2005-04-30 23:44 | -ワイナリー | Trackback

痛~い1日

c0064534_1341660.jpgO山さんと朝から観光へ。

スタテン島フェリー、グラウンドゼロ、センチュリー21、サウスストリートシーポート、ブルックリンブリッジ、SOHOなどを回りました。

1番最初に行ったスタテン島行きフェリーの中での出来事。
デッキに出ようと思って開けた重~いドアで頭を強打。あまりの激痛に一瞬何が起こったかわかならないくらいでした。

ズキズキした痛みで涙目に。それから瞬く間に目の上が腫れていきました。
フェリーの中でミネラルウォーターを買って冷やしながら痛みに懸命に耐えました。自由の女神を見る余裕なんて全くナシ、うぅぅ…(涙)

しばらくして痛みは治まったものの1番心配していたことはやっぱり起こりました。
目の周りが殴られたように真っ青

うぅ…、かっこ悪いよ~~~~~(号泣)

夜は合コン(?)。
誘ってくれたHさんがこう言ってたので、そういうことにしておいてあげます。

翌日はロングアイランドのワイナリーツアーだし、怪我のこともあるので飲むのは控えようと思っていたのに、結局4人でボトル4本空けてました。

ワインの誘惑には絶対に勝てない意思の弱い人間です(笑)
[PR]
by rient | 2005-04-29 23:47 | ◆NY観光 '05 | Trackback

ルーズベルト島

ステイ先がルーズベルト島に変わりました。
c0064534_10305653.jpg
c0064534_10315063.jpg
実は今回の旅行で滞在先を探すまで、ルーズベルト島がどこにあるのか知りませんでした。
地図で場所を確認して、絶対行ってみたいという気持ちに。

c0064534_10333529.jpg島の真ん中に立つと両端が見えるくらいの小さな島です。
そんな小さな島に高層ビルが建ち並んでいるというのが不思議な気がします。

この島はNYの桜の名所らしいですが、今は八重桜が満開。とても美しい花を楽しむことができます。
お昼過ぎにGWを利用してNYに遊びに来たO山さんが到着。
ロックフェラー、タイムズスクエア、グランドセントラル駅などのミッドタウンを散策。

彼女は5月4日までの滞在。リバティ島やエンパイアなど彼女の到着を待って行ってないところがあるので、一緒にまわろうと思っています。完全におのぼりさんコースですが(笑)
[PR]
by rient | 2005-04-28 20:22 | ◆NY観光 '05 | Trackback

無料CD

quastさんに教えてもらった『DIRTY ROTTEN SCOUNDRELS』のCD無料配布&サイン会へ行ってきました。
配布開始の11:30にはすでにインペリアル劇場周辺はすごい人だかり。

c0064534_11104696.jpg劇場入口から折り返して、45th St.を8th Ave.に向けて長蛇の列。

どこまで続いてるの~?
c0064534_11131874.jpgなんと8th Ave.を曲がってからもさらに長い列。

こんなにたくさんの人がいてCD足りるの~???
c0064534_11152226.jpg15分たってようやく8th Ave.から45th St.まで進みました。

まだまだ先は長い…。
c0064534_11274742.jpg劇場まであと少しってところで、係りの人が並んでいる人たちのところにもCD持って来て配り始めました。

ありがたくゲット♪

CDをもらってもサインが欲しい人はそのまま並んでました。私はお引越し準備があるのでCDをいただいて退散。
c0064534_1128392.jpg2枚あるうちの1枚はHさんの分。

ひとりで2枚もらうのは至難の業だったんだから~。
というか、ちょっと恥ずかしかった…。

DIRTY ROTTEN SCOUNDRELS』もラッシュをやっているのでぜひ挑戦したいと思います。
夕方は新しいステイ先へ移動。

お世話になったお礼にピンクが大好きなランちゃんにかわいいピンクのお花のケースに入ったお菓子をあげました。
そしたら、「ランちゃんにプレゼント?どうしてランちゃんプレゼントもらえるの?」って。「それはランちゃんがかわいいからよ~。」って言うと大喜び。
タクシーに乗る時も見送りに来てくれて、私が車に乗ると「ランちゃん、rientちゃんの隣りに座る~。」って。うる…。
乗った後でも「バイバ~イ」って窓からつないだ手が本当にかわいくて、うるうる…。

別れってこんなに辛いものなんだなぁ…ってあらためて思っちゃいました。

新しいステイ先ルーズベルト島まではハーレムから白タク(!)で$30でした。運転手さんが島への入口がわからないって苦労してましたが、ちゃんとアパートの入口まで送り届けてくれました。
到着した直後に激しい雷雨。ラッキーなタイミングでした。

別れがあれば出会いがある。
きっとここでも楽しく過ごせると思います。
[PR]
by rient | 2005-04-27 23:05 | -ミュージカル | Trackback(1)

ハーレム生活

c0064534_10264988.jpg早いものでハーレムでの生活も明日まで。
明日は次の滞在先に移動します。

約1ヶ月(正確には27日間)、本当にあっという間でした。
ステイ先は地下鉄の1・9ラインの145th St.駅からすぐ近くですごく便利なところでした。1・9ラインはブロードウェイ沿いを走っているので、ミュージカルを観て夜遅くなった時もへっちゃら。「Mamma Mia!」のウインタガーデン劇場や「Wicked」のガーシュウィン劇場などは50th St.駅まで1ブロックもないくらいで安心でした。
A・C、B・Dラインの駅も近くてエキスプレスも止まるし、ブロンクスのヤンキースタジアムまではたったの2駅だし。交通の便は本当に言うことナシでした。

145th St.周辺は繁華街の125th St.界隈の賑やかさと違って素朴な面があって大きなお店はあまりないし、のんびりした雰囲気がとても好きでした。

滞在中、楽しかったのはステイ先の4歳の女の子、ランちゃん。
とてもよくなついてくれて、一緒に遊ぶのがすご~く楽しかったくらいです。

みんなで車でニュージャージーに行った時も「ランちゃん、rientちゃんの隣りに座りたい~。」なんてうれしいことを言って喜ばせてくれました。この間もマミーが出かける時に「ランちゃん、家にいたい~。rientちゃんと一緒に遊びたい~。」って。こんなこと言われたらどうしますか?抱きしめてくしゃくしゃにしたくなりませんか?(してませんが…。)
本当にこのファミリーと出会って良かったなぁ、と思います。

c0064534_1039295.jpg今日の午後は久しぶりに目抜き通りの125th St.へ。

Papaya King」というホットドッグ屋さんがZAGATというレストランガイドで高得点というのを教えてもらったので行ってみました。

オリジナル・コンボ→
たしか5ドルくらいでした。

ホットドッグというものをあちこちで食べた経験があるワケではないので、正直言うと特別美味しいのかどうかはよくわかりませんでした。屋台のホットドッグに比べると美味しかったけど…。

c0064534_10443475.jpg←ハーレムの125th St. & Lennox Ave.にあるクリントン前大統領のオフィス。

特にセキュリティが厳しそうなワケではないフツーのビルでした。

c0064534_10531817.jpgビルの両側に大きな広告があって、こちら側は日産。→

ハーレム滞在中はイーストサイドの方へは行かなかったので、もっとハーレムを歩いてみれば良かったなぁ、と思います。

イーストの方はスパニッシュハーレムで、ウエストとは全く違う雰囲気なんだそうです。
滞在中にぜひ行ってみたいです。
[PR]
by rient | 2005-04-26 21:56 | ◆NY観光 '05 | Trackback

ワイナリーツアー

c0064534_23422264.jpg実はとってもワインが好きです。

こちらでやりたかったことの1つにロングアイランドのワイナリー訪問があります。あまり知られてないことですが、NYはカリフォルニアに次いでUSのワイン生産量第2位第3位の産地です。

以前、サンフランシスコを旅行した時にバスで回るワイナリーツアーに参加したことがあったので、NYにも同じようなツアーがあるだろうと思ってました。

出発前にネットでワイナリーツアーを調べましたが、見つかりません。車(レンタカー)でのワイナリー訪問記のようなものはあるんですが…。到着してからもいろんなところで探したり尋ねたりしてみました。ビジターインフォメーションセンター、ホテルのコンセルジュ、旅行会社のカウンターetc...

なかなか見つからないので諦めかけていたところ、NY在住のワインラヴァーnon-vintageさんのサイトと出会いました。思い切って(というか図々しく)聞いてみたところ、親切におしえてくださったのがMerlo Madnessというイベントでした。

3箇所のワイナリー訪問とランチ、メルローのブラインドテイスティングがあってひとり115ドル。ちょうどワイン友達のO山さんの滞在期間と重なるので申し込みしました。
non-vintageさん、本当に感謝です。

英語のツアーなのでちょっと不安ですが、ワインは世界共通語。そんな気持ちで楽しんでこようと思っています。

c0064534_23522236.jpgそのnon-vintageさんのブログにあった「Vintage New York」というNY産のワインのみを扱うワインショップでこんなものを見つけました。

WORLD WINE WHEEL」$6.99
上の回転盤を回して見たい品種の欄に合わせると、味と香り、品種の特徴、世界の生産地などを確認できます。
それから白のライトボディから赤のフルボディまでどんな品種があるのか、どんな料理が合うのかなども書いてあります。紙の素材なのでちょっと高いかな、とは思ったけど楽しかったので迷わず購入。

c0064534_23413658.jpg夜はHさんとグランドセントラル駅のバーでちょっとだけワイン。
←お花見気分。

量的にはたいしたことないけど、早いペースで飲んでしまったのでとってもいい気分に。

またしても地下鉄乗り越してしまいました。私が降りる駅は145th St.なのにブロンクスの231st St.まで乗ってました。
終点の2つ手前。なんと9つも駅を通過しているではありませんか。ひぇ~、危ないです…。
[PR]
by rient | 2005-04-25 23:20 | -ワイン@NY | Trackback

Spelling Bee ラッシュ

c0064534_12303890.jpg日曜日。恒例の教会へ。
今日はあまり時間もなかったので、ステイ先から近いConvent Avenue Baptist Churchへ行きました。この教会は3度目。
教会の脇にある桜はすっかり散ってしまっていました。

今まで行った中ではこの教会はかなり上品な方なのではないかと思います。
ゴスペルも手拍子で一緒に歌う人はいるけど、タンバリンなどを持っている人はいないし。教会の建物自体も美しくてずっしりしててお金かかってそうだなぁ、ってカンジで。ハーレムには「これ、ホントに教会?」と思ってしまうようなところがいくつもあります。

2階席に座ると周りにはドイツ人の観光客が数人いました。
サーヴィスの途中、歌ももう少し聴きたかったけど、ラッシュに行くために1時に退出。

c0064534_12332593.jpgThe 25th Annual Putnam County Spelling Bee』のマチネ、2度目のラッシュ挑戦。

昨日とは違う係りの女性に記入が終わった用紙を手渡すと「Good Luck!」とにっこり。何だか当たりそうな気になりました。

ざっくり数えるとエントリーしているのは約30人。昨日よりはちょっとだけ少ないくらい。
2度目の挑戦だし、これで外れたら本当にくじ運ないってことよね、なんて思いながら待っていると…
4番目に名前を呼ばれました!やった~!!

劇場はU字型(馬蹄型)に客席が並んでいて、U字の上の部分がステージ。Uの字の真ん中にも島のように客席があるんですが、その島の最前列から3列の22席がラッシュ。要するにステージに直近の席です。チケットは$25でした。

私の座席は「BNCH-A1」。このBNCHとはそのまま「ベンチ」のことで、クッションや肘当てがない席。シートが固いからお尻が痛くて座り心地は決して良くはなかったけど、背が低い背もたれはあったしステージがよく見えたので満足でした。

c0064534_1236639.jpgストーリーはまたまたsabretoothjapanさんのサイトで予習しておきました。
sabretoothjapanさん、毎度お世話になります。

この作品はとにかく笑えます。
マイケルさんが「Funny」と言ってたそのままでした。
「Spelling Bee」というのは英単語のスペルを競うコンテストのことで、そのコンテストの様子がショウになっています。出題される単語は知らないものもあって意味不明だったりしたけど、それでも笑えるんです。

登場人物は個性的なんだけど、「いるいる、こういう子」的なキャラばかりで親しみが持てるし、俳優さんのコミカルな動きだけでも十分お腹を抱えて笑えるくらいです。

ラッシュもまだエントリーしている人は少なかったし、開演1時間半前までの受付なので他が外れてもギリギリ間に合うかも???
これはオススメですよ~♪
[PR]
by rient | 2005-04-24 21:46 | -ミュージカル | Trackback

ラッシュ再び!

c0064534_22513924.jpgさむ~い1日でした。
冬に逆戻りしたんじゃないかってくらい。

前日、ハメをはずして飲み過ぎたので(実は朝帰り…)、お昼過ぎまでぐったり。

夕方、『The 25th Annual Putnam County Spelling Bee』のラッシュに挑戦。ここは『Wicked』の隣りの劇場です。
c0064534_2255336.jpg
ちょうど同じ時間帯に『Wicked』のラッシュの抽選をやってました。→

土曜日なのですごい人!200人くらいいたのでは?私が今まで見た中で1番多かったと思います。当たった人ラッキーですねぇ…。

c0064534_2253565.jpgSplling Bee』はポスターがかわいくて興味を持っていたんですが、『Wicked』のラッシュを当ててくれたマレーシア人のマイケルさんが「観た?すっごくFunnyだよ~。同じ日にジュリア・ロバーツも観に来てたし。」と言っていたのでラッシュに挑戦してみることに。

ここは開演2時間前から受付開始。1時間半前から抽選です。Cash Lotteryで当たるのは22席。

この日、エントリーしているのはざっと数えて35人くらいでした。ペアで2枚ずつエントリーしている人がいるとしても当たる確率は『Wicked』に比べれば数十倍のはず。
開演1時間半前の6時30分になって抽選が始まりました。
私の隣りに若いカップルがいて、当選者の名前が呼ばれるたびにその人の名前を大きな声で連呼します。「ヒュ~~~~ッ!ジェ~~~~~ニファ~~~!!」ってカンジで。

『Wicked』ではまずなかったことですが、当たったのにその場にいない人続出。係りの人は3回名前を呼んで返事がない場合はエントリーシートを破棄。
その際もカップルは「サ~~~ンクス!!!モ~~リ~~~ン!!!」ってなカンジで大盛り上がり。当たったのにいなかった人、ペアの2人とも当たって1人は辞退した人が10人くらいいたでしょうか。そのたびに倍率は下がっていくのでますます盛り上がっていきます。

かなり低い競争率だったはずなのに…、はずれてしまいました
ちなみに1番盛り上がっていた若いカップルも2人ともはずれてました。

もしかして私って相当くじ運ない???って自分でもおかしくなってしまって、その夜はステイ先のファミリーと一緒にワインをガブ飲み(笑)

懲りずにまだまだ続けます。
[PR]
by rient | 2005-04-23 22:27 | -ミュージカル | Trackback

チケット手配

GWにワインのお友達O山さんがNYに遊びに来るので、彼女のリクエスト『オペラ座の怪人』のチケット購入に窓口へ行ってきました。

彼女の滞在期間は4/28~5/4。なので、到着翌日の4/29にPhantomを観て、最終日の5/3くらいに『美女と野獣』(彼女は初NY、初ブロードウェイミュージカルなので、私のオススメはやっぱりコレです。)を観れたらいいな、と考えていました。

c0064534_2564916.jpgPhantomのマジェスティック劇場の窓口で聞いてみると4/29~5/1までチケットはソールドアウト!やっぱりGWは日本人観光客が集中するせいなのでしょうか…。

去年の12月に来た時も観たい演目はすべてソールドアウト。TKTSでも販売されているものがとても少なくて(3~4作品くらいしかなかったような記憶が…。)、泣く泣くミュージカル鑑賞を諦めたということがありました。

やはり、観光客が多くなると予測される時期は早めにチケットをおさえておいた方が良いってことですね。(そんなことわかりきってるだろってカンジですが。)

結局、Phantomは5/2でゲット。ビジターセンターでもらったディスカウントクーポン(↑写真)もありましたが利用期間が合わなかったし、Hさんに教えてもらったHit Show Clubの方がディスカウント・レートが良かったのでこちらを使用。
オーケストラのやや後ろの席が$90→$45でした。

c0064534_3165393.jpgおとといくらいまで暑いくらいのお天気だったのに、きのうからちょっと寒くなりました。雨も少し降り出したので、コロンバスサークルのタイムワーナーをブラブラ。
友人に頼まれていた雑誌を探したり、CDを視聴したり。2度目の『Wicked』鑑賞を夢見てCDを買いました(笑)

雨のため、夕方予定されていたルーズベルト島でのお花見も中止に。

後で気づいたのですが、quastさんに教えてもらっていたスーザン・イーガンのCDサイン会がこの日でした。
惜しいことをしました。その時間にはすでにいい気分の酔っ払いでした。残念…。
[PR]
by rient | 2005-04-22 23:52 | -ミュージカル | Trackback

滞在3週間

あっという間に滞在3週間が過ぎてしまいました。

のんびりしているので、まだまだ行ってないところだらけ。
残り1ヶ月ちょっとだなんて短すぎる…。(観光旅行で2ヶ月なんて贅沢なんですが…。)

毎日出歩いて3週間分の疲れがたまっていたので、今日は観光はお休み。
ミュージカルも何を観ようかで悩んでいたら、Hさんから軽く1杯のお誘いがあったので行って来ました。

c0064534_2359247.jpgミッドタウンのバー。(スペイン料理?)

チーズとフルーツの盛り合わせ。

ゴ~ジャス~~~!
っていうか多すぎるって(笑)
c0064534_011852.jpgShrimp Ajo Style

「Ajo(アホ)」とはスペイン語で「にんにく」のことです。

店員さんがオーダーを繰り返す時に思わず笑ってしまったら、「何で笑うの?」と聞かれてしまいました。
c0064534_010823.jpg4種類のテイスティング。

ビールとグラスワインを飲んだ後です。

ワインエキスパートの2次試験対策の時みたい(笑)

それにしてもこちらのレストランやバーって暗いところが多いです。たしかに雰囲気はいいんだけど、そんな暗い中で食事なんて食べ物が美味しく見えないよ~、ってカンジ。

軽くのはずがいい気分になって(時間は早かったケド)、また地下鉄乗り越さないかと心配でしたが、だいじょうぶでした。
いつも110th St.辺りを過ぎるととってもいい気持ちになるんですよね…。
[PR]
by rient | 2005-04-21 23:54 | ◆ワイン | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28