カテゴリ:-ワイナリー( 16 )

先週日曜日、西海岸から来た友人を案内してロングアイランドのワイナリーへ。
c0064534_1453719.jpg
c0064534_1455616.jpg
ウエブサイトにオイスターバーがあると書いてあったので最初に寄ってみたJamesport。
でも、オイスターバーは夏季のみだそうです(私ってよほどのオイスター好き???)
c0064534_14131894.jpg
c0064534_14133457.jpg
その次に寄ったのはCovis Point。
ここのパティオがいいカンジだったのでボトルを買ってゆっくり飲もうと思ったら、ここはチーズなどのスナックを売ってないってことだったので、近くのデリの場所だけ教えてもらってテイスティングもせず退散。
c0064534_14191072.jpg
c0064534_14192664.jpg
c0064534_14203716.jpg
デリでサンドイッチを買ったあと、その近くのJason's Vineyardへ。
4種類のテイスティングの後、ボトルのシャルドネを購入してパティオでランチ。

c0064534_14292596.jpg
c0064534_14294493.jpg
c0064534_1430263.jpg
帰り道のファーマーズマーケットへ立ち寄り。

もうすぐ12月だというのにちっとも寒くないNY。
今年の夏は短かったけど、冬も短いのかも?
[PR]
by rient | 2009-11-30 14:34 | -ワイナリー | Trackback

Millbrook Winery

去年の夏にキャンプの前に訪れたワイナリー。
NYCから車で約1時間半のところにあるMillbrook Winery。
c0064534_23292781.jpg
c0064534_2330121.jpg
カベルネフランの畑。1本だけ葉が真っ赤になった樹。なぜでしょうね?
c0064534_23305180.jpg
c0064534_23311654.jpg
数種類のワインをテイスティングするのもいいけど、今回はボトルを買って持ってきたサンドイッチでピクニック。
グラスはお願いすれば貸してくれます。でも、このワイナリーのグラスは「I love NY」のロゴが入っていてかわいいので「とってもLovelyだからもらってもいい?」って聞いてみると快諾でした♪
c0064534_2332313.jpg
c0064534_23321942.jpg
c0064534_23324280.jpg
ちょうど収穫作業の真っ最中。白ぶどうを山ほど積んだトラックが畑から戻ってきたところ。
c0064534_2333150.jpg
c0064534_23331738.jpg
栗の実。秋ですね~。
[PR]
by rient | 2009-10-26 23:47 | -ワイナリー | Trackback

Bedell Cellars

昨夜は大統領候補マケイン氏とオバマ氏の討論会でした。
早口でまくし立てるオバマ氏に対して諭すようにゆっくりと話すマケイン氏。年の差というもあるけど、なんだか私には先生と生徒のように見えてしまいました。

さて、先日のワイナリーツアーで最後に行ったワイナリーがBedell Cellarsです。ココはとってもオシャレでファンシーなワイナリー。
c0064534_1252469.jpg
c0064534_1253777.jpg
外観やお庭はのどかな雰囲気がありますが、中はこんなにモダンでスタイリッシュ。
c0064534_125474.jpg
c0064534_12556100.jpg
週末だけあって大勢の人がテイスティングを楽しんでいましたが、私たちはランチでまだお腹いっぱいだったので、ココでもテイスティングはパス。

おととし、熊本のワイン友達がフランスのボルドーへワイナリーツアーに出かけて、毎日いくつものシャトーでテイスティングしてましたが(注・私は参加していません)、みんなよく毎日続けてあんなに飲めたもんだな~と今さらながら感心してしまいます。

ワイナリーの裏はぶどう畑。
c0064534_126516.jpg
c0064534_1261553.jpg
c0064534_1262644.jpg
このぶどうの樹は左右のぶどうの色が違うのはなぜなんでしょう???
ただ単に右と左は違う種類のぶどうの樹が植えられているってだけかなぁ。

この日行ったワイナリーは以上の4つ。
ロングアイランドには40近くのワイナリーがあるので、行ったことがあるワイナリーはまだまだほんの一部。今度はいつ行けるかな~。
[PR]
by rient | 2008-09-28 02:10 | -ワイナリー | Trackback

The Lenz Winery

先々週、4つのワイナリーに行ったのでイッキに記事をアップさせようと思っていたのに、長かった夏休みがとうとう終って学校が始まってしまい、あんまり時間がとれなくなりました~(涙)。
久しぶりの早起きがツライ~…。(それでも夏休み前より30分遅くアラームセットしてるんだけど。)

さて、ワイナリーツアーの続き。
立ち寄った3つめのワイナリーThe Lenz Wineryはロングアイランドでは1番好きなワイナリーなので、ココを訪れるのはもう4回目。
c0064534_7422417.jpg
以前来た時は殺風景に見えたワイナリーの外観は緑もお花もあって、おまけにハロウィーンのかぼちゃまで飾ってあって、とってもおしゃれに見える!
c0064534_7433187.jpg
お庭でワインを飲んでる人もいるし~。う~ん、ますますSidewaysの世界…。
前回来た時はこんなカンジでした。(↓)
c0064534_8353737.jpg
上の写真を見比べてみると、前回は2月にNYに来たTTさんとKさん2人が「緑がキレイ」って感動していたのが、なるほど~と思えます。

この前に立ち寄ったワイナリーではテイスティングはパスしたけど、ここではしっかりと。
$5のEstate Flightと$10のPremium Flightの2つがあったので、オールドヴァインがテイスティングできるプレミアムの方に。(ありがとね、TTさん&Kさん♪)

このフライトでテイスティングできるのは4種類。

 キュベ(スパークリング)
 オールドヴァイン・シャルドネ
 オールドヴァイン・カベルネソーヴィニヨン
 オールドヴァイン・メルロー

オールドヴァインとは樹齢が高いぶどうの木のことですが、年数がどのくらいかは不明。質問すれば良かったわ~。

このオールドヴァイン・メルローが同じヴィンテージのシャトー・ペトリュスとのブラインド・テイスティングでペトリュスより高得点を獲得したらしく(ペトリュスとはボルドーのポムロールで高品質だけど少量しか生産されないために高価格なワイン)、テイスティング・ルームにも

How to Save $545
Buy a bottle of 2001 Lenz Old Vines Melrot!


と書いたポスターが張ってありました。

このオールドヴァイン・メルローが$55だったので、ペトリュスは$600ってこと?
(あれれ?そんなに安いのかな???)

Anyway、ペトリュスよりハイポイントなワインのお味は、たしかに他のワインより香りも高く味わいも深く…、ロングアイランドのワインの中では1番ボルドーに近いと思うのですが、、、

このワイン、このワイナリーのメンバーにならないと買えないのです。
しかもメンバーになるには年会費が$400以上するっていうんだから、いくら$545セーブできるっていってもね~。う~ん、どうなのかしら???ホンモノのペトリュスを飲んだことがないから本当にペトリュス以上に美味しいのかどうかわからないし~。

オールドヴァイン・メルローが買えなかったので、フツーのメルローとブランド・ノアールを購入。
c0064534_9295776.jpg
この日の夜、TTさんとKさんをうちに招いて一緒にブランド・ノアールを飲みました。
ピノノアール100%で作られたロゼワイン。写真は去年飲んだ04年だけど、飲んだのは05年でした。

c0064534_7464842.jpg
c0064534_7463774.jpg
ぶどうたちはもう収穫されてしまった頃かな?美味しいワインになってね~。
[PR]
by rient | 2008-09-25 09:40 | -ワイナリー | Trackback

Corey Creek Vineyards

先々週のワイナリーツアーの続き。
ランチの後、立ち寄ったワイナリーはCorey Creek Vineyards

ここはスタイリッシュなワイナリーBedellと同系列。Bedellと同じようにファンシーでお金がかかってるな~と感じますが、Bedellはモダン系ならココはどちらかといえばカントリー系かな。
c0064534_25123.jpg
c0064534_2512445.jpg
ランチでワインを飲んだ後だったので、ここではテイスティングはせずに建物の周りを歩いただけだったけど、手入れが行き届いたお庭のピクニックテーブルでぶどう畑を眺めながらワインを飲むと「Sideways」な気分になれるかも。
c0064534_2513666.jpg
c0064534_2514721.jpg
ぶどう畑に近付き過ぎるとキケン!張られている白いテープのようなものはエレクトリックフェンス。(触れるとどうなるのかな~。)
c0064534_2515812.jpg

[PR]
by rient | 2008-09-23 03:15 | -ワイナリー | Trackback

The Old Field Vineyards

この週末からまるで真夏のように暑~いNYです。
今の気温は29度、まるで真夏です。
もう秋になったと思って扇風機片付けちゃったのに~。

さて、土曜日に熊本から遊びに来た友人たちとロングアイランドのワイナリー巡りをしました。
行ったワイナリーは4つ。

まず、ひとつめはNorth Folkの1番先にあるThe Old Field Vineyards。ココに行ったのはランチを予約したレストランに1番近かったからというだけの理由。
c0064534_143335.jpg
農家の納屋ような素朴な建物。奥の小さな建物がテイスティングルームでした。
テイスティングルームの横は鶏小屋。小屋の中にはルースターが何羽もいたり、ぶどう畑前には大きなアヒルもいたりして本当に田舎の農家というカンジ。
c0064534_1465290.jpg
ぶどう畑の奥は海が見えてました。この道の先はPrivateで立ち入り禁止になっていて、残念ながら海の近くまで行くことはできず。
c0064534_147822.jpg
収穫間近のぶどう。ぶどうの房は実がもっとぎっしりしてるのかと思ったら、粒の大きさもまばら。
c0064534_1471919.jpg
テイスティングは白3種類、赤4種類、白赤合わせて7種類と選べるようになっていて、まだランチ前だったので白だけ試してみました。
たしか、ピノノアール100%の白(この場合、白って言っていいんだっけ?でも泡じゃなかったし。)とシャルドネ2種。
最後に試したシャルドネはシャープでさっぱりしてて美味しかった。他の2つに比べてちょっと温度が低く感じたせいかな。

この後、ランチを食べてさらに3つのワイナリーに行きました。
ぼちぼちとアップしていきます。
[PR]
by rient | 2008-09-16 02:35 | -ワイナリー | Trackback

Millbrook Vineyards & Winery

今回のキャンプ、ちょっと早めに出発してHudson River ValleyにあるワイナリーMillbrook Vineyards & Wineryへ行ってきました。
c0064534_22485030.jpg
以前は牛舎だったというワイナリー。建物のカタチを見るとなんとなく牛舎の面影がありますが、中はとてもそうとは思えないくらいきれいなものでした。
c0064534_22394364.jpg

このワイナリーの所有者John Dyson氏はNY州の商務省時代に「I Love NY」キャンペーンを発案した人。

おなじみのこのロゴがラベルにも入っているので、お土産に何度か買ったことがありました。
NYらしくていいでしょ。

MillbrookはNYCから車で1時間半くらい。今回行ったキャンプグラウンドからは30分くらいでした。


c0064534_22524992.jpg
c0064534_2253312.jpg
広大な葡萄畑には収穫間近の葡萄たち。写真はピノ・ノアール。
すぐ隣りはシャルドネ、そのお隣りにはカベルネフランの畑がありました。
c0064534_22553858.jpg
ワイナリーには2匹のワンちゃんが。
どちらも人なつこくて落ちた枝をくわえてきては「ね~、遊んでよ~。」と何度もアピール。
c0064534_22494681.jpg
ワイナリーの2階からの風景。遠くに見えるのはハドソン・リバーかな?

c0064534_237578.jpg7ドルでツアー&テイスティングに参加することができます。

この日のテイスティングは6種類。

・Hunt Country White

・2007 Unoaked Chardonnay

・2006 Chardonnay

・2006 Pinot Noir

・2006 Zinfandel

・2006 Cabernet Franc

「I love NY」のロゴが入ったグラスをお土産にもらえます。
テイスティングした中にジンファンデルがあって意外だったのですが、葡萄はカリフォルニアで栽培していて醸造はこのワイナリーでやっているんだそうです。

ワイナリーで買うよりも市内のリカーショップで買う方が安いというのはわかっているんですが、せっかく来たので2006シャルドネを購入。

まだ抜栓していないので、今度のパーティでみんなで楽しみたいと思います。
[PR]
by rient | 2008-08-31 23:24 | -ワイナリー | Trackback

Benmarl Vineyards & Winery

5月のキャンプの帰りに寄ったハドソンリバー・リージョンのワイナリーBenmarl Vineyards & Wineryは丘の上にあって、ぶどう畑から遠くにハドソン川が見えました。
c0064534_23512928.jpg
c0064534_23554565.jpg
メモリアルデーの連休の時だったのでイベントのようなものをやっていて、7種類のテイスティング+お土産用のグラス付きで入場料10ドル(7種類はなかなかGood)。ドライバーはソフトドリンク付きで5ドル(これはちょっと高いな~…)。

このワイナリーで栽培しているぶどうはBaco Noirという品種だけで、残りはアメリカの他の地域で作られたぶどうを買い取って醸造しているんだそうです。
このBaco Noirという品種、これまで聞いたことがなかった名前でした。名前からPinot Noirの味を想像したのですが、ダークチェリー、チョコレートなどの味わいがあってどちらかというと濃厚なカンジ。
他にはPinot Noir、Zinfandal、Merlot、Cabernet Fusionなどを飲みました。
c0064534_23562051.jpg
c0064534_23564962.jpg
庭のテーブルや芝生でワインを飲みながらジャズの生演奏を楽しむ人がいっぱいで、映画「Sideways」を思い出しました。外で楽しむワインはやっぱりひと味違いますよねぇ。
[PR]
by rient | 2007-06-09 23:11 | -ワイナリー | Trackback
先日、友人と回ったロングアイランドのワイナリーは4箇所。

 The Lenz Winery
 Bedell Cellars
 Pellegrini Vineyards
 Paumanok Vinyards

この中で私がどうしても行きたかったワイナリーがパウマノック・ヴィンヤード(Paumanok Vinyards)。これまで1度も行ったことがなかったところです。
c0064534_11274164.jpg
c0064534_11282541.jpg
カントリー調のかわいらしい建物。広くない室内はコルクを使ったオーナメントなどがあってアットホームな雰囲気でした。

c0064534_11284293.jpgc0064534_11285778.jpg
実はこのワイナリーのことはあまり知りませんでした。おそらくワインを飲んだこともなかったはず。でも、どうしても行ってみたいと思ったある出来事が。


c0064534_11343169.jpg友人宅のリビングにまだギフトラッピングされたままほったらかしにされていたワインボトルを発見。

←それがコレ。

なんと92年のリースリング。
15年前の白ワインが飲めるワケがないと思いましたが、もしかして…という淡い期待を抱いて、友人からもらって抜栓してみました。

c0064534_1144890.jpg







結果は…、リースリングとは思えないこの色→

当然ですが、腐ってました(笑)
このワインの本来の味わいを試してたかったのが、このワイナリーに行きたかった理由。

c0064534_11515137.jpgラベルがリニューアルされていたので全く同じもののヴィンテージ違いはありませんでしたが、バーカウンターの中にディスプレイしてあるボトルに同じ92年が!(当たり前ですが売り物じゃありません。)

コンペで何かの賞をとったワインだったようです。

「最近このヴィンテージを飲んだ」と言ったらスタッフのお姉さんが「Impossible!」と驚いてました。
ごもっともです(笑)

このワイナリーでこのワインに近い味わいのはずという2006年のリースリングを買いました。お姉さんには「3年以内に飲んでね」と言われました。
飲んだらまたレポートします。
[PR]
by rient | 2007-05-06 11:20 | -ワイナリー | Trackback

GW

日本からGWを利用して友人が遊びに来ました。
2年前の同じ時期にも遊びに来たtomoさん。

彼女に便乗して私も普段は行けないところに行ったりして楽しみました。
(サラベスでランチ、イリディアムでジャズ、アウトレットでショッピングなどなど。アウトレットはウインドウショッピングですが。)

2年前も一緒にロング・アイランドのワイナリーへ行ったけど、その時はバスツアーでしかも雨。今回は快晴で、タンポポが咲いた広大なぶどう畑を満喫することができました。
c0064534_0321656.jpg
c0064534_0364328.jpg
この日、4箇所のワイナリーをまわって、あるワイナリーで1本のワインを買いました。その話はまた後日アップしたいと思います。
[PR]
by rient | 2007-05-06 00:29 | -ワイナリー | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31