「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:-Moving( 9 )

引越し完了

必要な家具を買ったり、不要になった家具を引き取ってもらったり、、、
なんとか新しいところも片付いてだんだん居心地良くなったきたかな。

前のところはアパートすぐの通りからエンパイアが見えたけど
c0064534_140772.jpg

新しいところはクライスラーが見えるよ。
c0064534_1405938.jpg

同じ駅の南側から北側へ。
景色も住んでる人も違ってておもしろい。
[PR]
by rient | 2010-09-08 01:42 | -Moving | Trackback
明日はNFLスーパーボウルが行われる「スーパーサンデー」!
NYジャイアンツが出場するので、NYのNFLファンは盛り上がっているようです。

そして、火曜日は大統領予備選の「スーパーチューズデー」!
「スーパー」続きですね。
「初の女性大統領」「初の黒人大統領」、どういう展開になるのかとても興味があります。


さて、話はまったく変わって、またまたMovingネタ。
先週の話ですが、思い出すたびに呆れるので書きます。

以前のルームメイトは使っていたIKEA製のシングルベッドをインターネットの掲示板で売却。
買い手が手配した引越し業者が引き取りに来るのが彼女が帰国してしまった後の日曜日ということで、引き渡しを頼まれていました。(ただ引き取りに来る時間に家にいるだけですが)

聞いていた時間にドアベルが鳴ったので、ドアを開けてみると引越し業者の男性(アジア人)がひとりだけ。
「ひとりでベッド運べるのかなぁ?一応プロだし、運べるんだろうなぁ。」という思いが一瞬頭をよぎり…。

部屋へ案内すると男性は「持って行くのはこれ全部ですね?」と確認して、マットレスやカバーなどを数回に分けて車に運んでました。

その後、「すみませ~んっ!」と男性の声。

作業が終ったのかな、と思って行ってみると、ベッドの木製フレームをかかえようとしている男性から信じられない言葉が…

「すみませんけど、運ぶの手伝ってもらえますか?」


え~、ウソでしょ、だってあなたプロでしょ!?
ひとりで運べると思ったからひとりで来たんでしょ!!??



なぜか断れなかった私…。
あぁあ~、人が良すぎる…と思いながら手伝ってあげました。

前にも書いたように軽そうに見えて実は重いIKEAの家具。
2人で抱えても重かったですよ…。
「なんで私こんなことしてるんだろ?」って運びながら思いました。

うちは1階だからまだ良かったけど、これがウォークアップ(エレベーターなし)の5階だったらどうしてたんでしょ。

断れば良かった。
または手伝ってあげた分、お金請求すれば良かった。
…と今でも思います。
だって彼は一応プロフェッショナルな運び屋なんだから。

教訓:もし私が引越しをすることになっても彼にだけは頼まない!!!

c0064534_137441.jpg
写真も記事とは全く関係ありませんが、クイーンズとブロンクスを結ぶ橋、ホワイトストーンブリッジ。
[PR]
by rient | 2008-02-03 02:23 | -Moving | Trackback

IKEA

人の出入りの多いNYではネットの掲示板上でMoving Sale(引越しセール)が盛んに行われているので、根気良く探せば欲しい物はたいてい見つかるというのは先日書いたとおり。
(タイミングが合えば、というのとUSEDでも気にならなければ、というのがありますが。)

例えば、下の写真のダイニングセット(テーブルは伸縮式)もMoving Saleで買ったIKEA製。
c0064534_2305630.jpg
オリジナルプライスはテーブルが50ドル、椅子が1脚10ドルですが、使用期間約半年のものが確か半額でした。

IKEAは日本にも出店したので最近は日本でも知名度も上がっていると思いますが、私はNYに来るまでIKEAがどんなところなのか知りませんでした。
特徴は「安い」、「郊外大型店舗」、「組み立て式」といったところでしょうか。
安い割りにおしゃれなものが多いも人気の理由の1つだと思います。

掲示板のMoving SaleにはIKEA製品が格安で売りに出されているのをよく見かけます。
でも、いくら安くても運搬を業者に依頼したり、友人に頼んでレンタルのトラックを借りることを考えると新品を買った方がいいかも。(郊外のIKEAへわざわざ行くことと組み立てることを考えると手間は変わらないかもしれないケド。)

組み立てる前の段ボールに入った新品なら友人のセダンでラクに運べるだろうと考えた私。友人に頼んでロングアイランドのIKEAに連れてってもらって、ワードローブとチェストを買いました。

ジャ~ン!!!
c0064534_235954.jpg
ワードローブが80ドル、チェストが70ドル。安いワリにオシャレでしょ!?

ところが、これが大変だったんです。

段ボール、ちょ~重~~~い…!!!
重量40キロって書いてあったけど、2人で抱えるのがやっと。
車に乗せるのも、車から降ろして部屋へ運ぶのも大変な重労働。特にワードローブの方は大きいのでショッピングカートにも載せられないし、2人で両端を抱えると手がちぎれそうになるくらいで、遅々として進まない運搬作業に友人とケンカになりそうなくらいでした。

IKEAは「郊外型大型店舗」なので、もちろん配送もしてくれますが、家具が安い割に配送料は割高で今回私が買った家具の配送を依頼すると100ドルくらいかかるとか…???
友人と険悪なムードになるくらいなら100ドル出した方が安かったかも、と思ってしまったくらいです。

それから「組み立て」について。私は比較的この類の作業は好きな方なので組み立てるのは楽しかったんですが、そうじゃない人や1度にたくさんの家具を買った場合は面倒かも…。
実際、組み立てる前のIKEA製品が掲示板で売られているのもよく見ます。


IKEAの読み方は本当は「イケア」らしいですが、こちらの人は「アイケア」と発音します。
他にも「ゴディバ」→「ゴダイバ」、「コストコ」→「カスコ」など発音が違うものがいろいろあります。
以前、韓国人の友人が、愛用している商品や会社をリスペクトする意味でもアメリカ人は発祥国の本来の発音をするべきだと言っていました。その時は同意したけど、発音できないものはしかたないのかも~。
だって、私も正しい発音ができない言葉がたくさんあるし~。お酒の「liquor(リカー)」の発音なんてネイティブに何度注意されたことか(Aサウンドが入っているように聞こえるらしい)。コレ、1番正しく発音できなきゃいけない言葉かもしれないのにね(笑)
[PR]
by rient | 2008-01-22 00:57 | -Moving | Trackback

Moving Saleの達人?

NYに戻って3ヶ月。
アパートに引っ越して約1ヶ月半。
少しずつ部屋に必要なものが揃っていってずいぶんと快適になってきました。

何か欲しいものがあった時、最初にチェックするのはお店じゃなくて、インターネットの「売ります・買います」の掲示板。
私の部屋にあるものの大半は「売ります」コーナーから買ったUSED品です。

たとえば、下の写真の家具は全部掲示板でゲットしたもの。
c0064534_365055.jpg
1番手前の椅子は隣りのブロックにあるアパートの引越しセールでタダでもらったもの。(少し古いけど座り心地はバツグン。)
白いコーヒーテーブルはIKEA製。買って半年のグッドコンディションを半値以下で。
テーブルの上のガラスの花もタダでもらったもの。
その隣りの藤の椅子もタダ。
その奥の白いキャビネット(靴箱代わりに使用)もタダ。

他にも本棚やTVスタンド、炊飯器、ダイニングテーブルなども掲示板で。
引越しセールも最終日となると、売れなかったものをタダで気前良くくれる人もいます。
それでバカラ風のワイングラスやウエッジウッドの大皿をいただいたりしました。

c0064534_3155857.jpg←これももらったもの。
大きな造花が飾ってあった花瓶ですが、飲んだワインのコルクをポンポン投げ入れてます。

マメに掲示板をチェックしていると、Moving Saleで欲しいものは大体見つかるけど問題は運搬方法。いくら掘り出し物を見つけても、タンスやベッド、ソファ類はさすがにトラックがないと無理。それに運ぶのを手伝ってくれる人も必要だし。

結局、大きなものはIKEAで新品を購入。もしも引っ越すことになったら、私もMoving Saleで処分するんだろうな、と思います。
[PR]
by rient | 2008-01-14 03:30 | -Moving | Trackback
やっと…本当にやっと部屋が決まってお引越ししました。

気に入った部屋がなかなか見つからなかった時は弱気になって、実は何度も「もう日本に帰った方がいいのかな。」と思ったりしました。
そんな私に「焦る必要ないから。気に入るところが見つかるまでいつまでもいていいから。」と言ってずっと居候させてくれた友人に感謝。

新しい部屋については住み心地も含めてまた後日書きたいと思いますが、今回は1ヵ月半以上もかかった部屋探しについて。

決めるまでに見た部屋はざっと数えても30件以上。電話やメールでやりとりしただけで見学には行かなかったところもあるので、相当な数。
その中で印象に残ったところをいくつか書きたいと思います。

探した方法は主にインターネットの掲示板(日本語版/英語版)、それから不動産エージェント。
エージェントを通すと入居を決めた場合は手数料が発生しますが、掲示板の場合は手数料は無料。なるべく経費をおさえたい私はとにかくマメに掲示板をチェックしてました。

ちなみにクイーンズのルームシェアの相場は600ドル~800ドルくらい。
600ドル以下だとクローゼットなしの狭い部屋や半地下、駅から遠いところなど、800ドル以上だと広い部屋や築年数が浅いビル、リノベート済みの物件など、当然の話ですが高いほど条件は良くなる傾向です。

★この立地だから強気でだいじょうぶ。
クイーンズで日本人に人気のエリア。繁華街の駅からすぐそばの3ベッドルーム。日系の掲示板から日本人のオーナー(またはリースホルダー)とコンタクト。
床が歪んでるくらい古い建物、バスルームもキッチンも古くメンテナンスもほとんどされてない様子。古くても清潔感があればいいけど、床も汚れてるし。
貸してくれる部屋はシングルマットレスだけでいっぱいの小さな部屋。(しかもそのマットレスも何年も使っているで見ただけで湿っぽそう。)
レント800ドル!ありえな~い!!!

★きっとネズミとお友達になれます。
日系の不動産会社の紹介。マンハッタンから近いクイーンズの駅のすぐそばで立地は申し分なし。でも、建物に入った瞬間からもうダメ!汚い!!臭い!!!
3ベッドか4ベッドルームの1部屋。部屋の真ん中に大きな2段ベッド。今住んでいる人も散らかしっぱなしだけど、掃除してもキレイになるとは思えなくくらいの汚さ。キッチンにはハエが舞ってました。
私はレントは安いほどありがたいって思ってたし、確かにレント550ドルで安いけど、古くても汚いのはイヤだって伝えたはずなのに、こんな汚い物件を紹介する不動産会社を疑う…。

★見せてもいいけどお金かかるよ。
飛び込みで入った街の不動産会社(日系ではありません)。予算と希望の立地を伝えると、「いっぱいいい部屋があるわよ~。例えば、こんなのやこんなのや…。」と最寄の駅とレントの額などをファイルを見ながら口頭で伝えられました。
「部屋を見ることできる?」と聞くと「もちろん!見学の場合は月のレントの4分の1の手数料いるけどね。」って。
部屋を見るだけで家賃の4分の1の手数料!?仮にレントが600ドルだったら見るだけで150ドル。ソレ、違法じゃないの?

★会話を聞かせない夫婦。
英語の掲示板で見つけた部屋。南米出身のご夫婦(2人とも英語があまり上手じゃない)がオーナーで3ベッドルームのうちの2部屋をレントアウト中。
それまでに見たところが汚いところばかりだったけど、そこはオーナーの奥さんがお掃除好きらしくホテルみたいにピカピカ。
部屋も600ドルにしてはダンスレッスンができそうなくらいの広さと壁一面の十分すぎるクローゼット。すごく気に入ってデポジットを払う約束もしたほど。
そのご夫婦も優しくていいカンジなんだけど、なぜか現在住んでいるルームメイトに夫婦と私の会話を聞こえないようにする。ヒソヒソ話したり、彼女が来たら場所を変えたり。部屋は気に入ったけど、どうもそれが引っかかってパス。


他にもいろいろあるけど、書き出すとキリがないくらいなのでまた今度~。
[PR]
by rient | 2007-12-02 23:40 | -Moving | Trackback

お部屋ありませんか?

NYに着いてもうすぐ1ヶ月。
いまだに友人宅に居候して部屋探し中。
c0064534_10294158.jpg
バラの後ろは滞在している友人宅↑
クイーンズの住宅街によくある2階建て一軒家、地下・屋根裏付き

 I'm seriously looking for a place to live.
 (真剣に住むところを探してます。)


これまで何度このセリフを言ったことか…。

予算がたっぷりあればすぐに気に入ったところが見つかるんでしょうが、私は予算が限られているので苦戦中。というか、NYの家賃って高過ぎっ!クイーンズでも便利で人気のあるところはルームシェアで$700とか$800とか。(私はシェアでそこまで出す気なし、いや、出せない…)

予算は少ないくせに、できるだけ駅から近いところ(複数の地下鉄が使えればなお良し)、古くてもいいけど清潔感があるところ(1番譲れないのはコレ)、友人の訪問OKのところ(セキュリティの関係でノーゲストというところも多い)などなど、妥協したくない点も多いのでかなり厳しいです。

なかなか決められない理由のひとつには、以前住んでいたところがとても住みやすかったのにレントが安かったので、もっと探せば同じようなところがあるのでは…と思ってしまうというのもあります。

でもまぁ、部屋探しはタイミング。暮らしやすい部屋が見つかるまでもうしばらく頑張ります。
寒くなる前に見つかるといいな…。
[PR]
by rient | 2007-11-06 10:52 | -Moving | Trackback

お引越し

今週末にお引越し完了。
実は「引越し」というほど大げさなものではなく、徒歩30秒ほどのすぐお隣のブロックのアパートへ移動しただけです。

これまでは1ベッドルームにひとり暮らしだったけど、今は日本人のルームメイトが2人。2人ともとってもいい人でいろんな情報をもらって助けてもらってます。
部屋は狭くなったけど、居心地は良くなりました。(誰かが一緒という安心感が大きいかな~)

c0064534_10495860.jpg画像が何もないのはサミシイので、こんなのをアップしてみました(笑)→

部屋の片隅のワインコーナー。ムービングセールでたったの1ドルでゲットしたワインラックです。

コルク集めは実はこの方の真似です。
私が住んでいるのはクイーンズの「Astoria(アストリア)」というマンハッタンにも近くお店も多い便利なエリアで日本人にも人気が高いところ。

以前、某パーティで「アストリアに住んでいる」と言ったところ、外国人のゲストの方に
「えっ?ウォルドルフ(Waldorf Astoria Hotel=NYの超高級ホテル)に?」と驚かれたことがあります。

ハイ、できることなら住んでみたいです…(笑)
[PR]
by rient | 2006-05-10 21:40 | -Moving | Trackback

お引越し

週末、お引越ししました。

前のステイ先は1ヶ月間のサブレットで、長く住むところは実際に見に行って決めようと思ってました。
あちこち見に行ったけど、予算の範囲内で気に入ったところを見つけるのはかなり困難。(予算が十分にあれば、もちろんドアマン付きのアパートも借りられるんですが…。)
NYは古い建物が多いのでビルが古いのはしょうがないけど部屋の中が清潔じゃなかったり、ビルが新しくても周辺にお店が少なくてちょっと淋しかったり…。

ハウスハンティングにもかなり疲れてきた時に、私にサブレットしてくれている人(一時帰国中)は3ヶ月後に帰国することが判明。
ルームメイトはとてもいい人で良くしてくれるし、キレイ好きでバスルームやキッチンなどの共有部分も気持ち良く使えていたので、5月からまた同じ部屋を貸してもらうようお願いすることに。借りることになってレントを聞いてみると、私が考えていた予算よりはるかに格安でビックリ…!これはかなりのお買い得(借り得?)でラッキーでした。

そこで、今度は5月までの3ヶ月間のお部屋探しをすることになり、また方々に見に行きました。今度は荷物の移動を考えてかなりエリアを絞り込んだのですが、これもやはり気に入るところはなかなか見つからず苦労しました。

c0064534_15135166.jpg結局、友人の友人でサブレットしてくれる人が見つかり、先週末がお引越しでした。
荷物の運び入れ、お掃除(これが本当に大変でした…!)、必要なもののお買い物と忙しい週末でした。

←リビングの一角の私のスペース。
お勉強するのにこの色の照明は少々ツライのです…。

このお部屋の様子、借りることになった経緯など、いろいろとあるのでそれはまたゆっくり書きたいと思います。
[PR]
by rient | 2006-02-07 23:20 | -Moving | Trackback

PCデスク

c0064534_12305872.jpg到着して2週間。

今の部屋はサブレットですが、3ヵ月後にはまた同じ部屋に戻ってくることになっているので、Moving Saleなどで必要なものを譲ってもらったりしています。

この2週間、ずっと困っていたのがPCデスク。部屋にはテーブルも何もなかったので、日本から持ってきた段ボール箱(スーツケースと一緒に預けた荷物)がPCデスクの代わりだったのです!

今のステイ先の近くには家具屋さんが多いので、安いものなら新しいのを買ってもいいなぁ、なんて思っていたけど、なかなか気に入るものが見つからず…。(高いものなら当然いいものはいっぱいあります。)

今日、英語の掲示板のFor Saleで「おっ、これは!」というものを見つけたので、頑張ってメールしてみました。
何度かメールのやり取りをしてみるとステイ先から2ブロックも離れていないところというのが判明。「今日ならいつでも取りに来ていいけど、うちはウォークアップの3階だから誰かのヘルプが必要よ。」とのこと。
ルームメイト2人は夜まで戻らないので、ちょっと勇気を出して「降ろすのを手伝ってもらえる?」とお願いしてみました。(今のステイ先は1階だしキャスター付のデスクだったので3階から降ろすことができれば後はだいじょうぶなはず。)すると「I can try to help you carry it down the stairs (I hope you are strong!)」という返事。

早速、ピックアップに行ってみると、待っていたのはアメリカ人にしては比較的華奢なかわいい女性でした。
意外に重いデスクを2人で運ぶというより、引きずりながら階段のステップを落としていくというような形で何とか1階へ。途中、ホイールの1つが壊れて外れてしまうというアクシデントが。あれだけガタンガタンとやってればそりゃあ壊れるよね…。
彼女はとても申し訳なさそうにスクリュードライバーを使って修理してくれました。

また外れるんじゃないかとハラハラしながらも、無事にステイ先に到着。
すると、彼女から「買ってくれてありがとう。ホイールのことゴメンね~。無事に運べてるといいんだけど。」って心配したメールが届いてました。
いえいえ、こちらこそ手伝ってもらってありがとう~~~。

c0064534_12433850.jpgこうして手に入れたPCデスクがコレです→
IKEA製。購入価格は35ドル。なかなかでしょ?

椅子はルームメイトKさんからの借り物。
デスクの上のグリーン2つは週末から一時帰国するルームメイトWさんからの預かり物。

ようやく椅子に座ってPC使える~。うれし~。
[PR]
by rient | 2006-01-18 22:05 | -Moving | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30