カテゴリ:◆NY観光 '05( 46 )

c0064534_11494973.jpg私のNY滞在中の5月末に訪ねて来てくれたSNさん。

実は彼女はライターさんでNYの訪問目的は地元のローカル誌の取材だったのです。
彼女が書いたNYの記事が載った情報誌が発売され、お礼にってSNさんが持って来てくれました。

ページを開いた瞬間、NYの思い出がフラッシュバック。
案内役で一緒に回ったところばかりだったので、何だか感無量というかとても感慨深いものがありました。

3日間という短い取材日程で、しかも観光スポットは私の勝手なセレクトで引っ張り回したと思うのに、とっても上手にまとめられていました。

ワイン友達であるSNさんともう1度NYに行くとしたら、絶対ここははずせないよね、って話になったのが、本でも紹介されているVintage New Yorkというワインショップ。

c0064534_21263483.jpgアップタウンとSOHOの2箇所にショップがあります。

このブログでは何度も書いてますが、ニューヨークのワインのみを取り扱うワイン屋さん。
店内のバーではたったの5ドルで5種類のワインのテイスティングができるのです。

私のNY滞在中、3人のワイン友達が訪ねて来てくれましたが、その全員に必ずここは案内しました。もちろん毎回一緒にワインのテイスティングでした。
ワインを買うのは私はいつも激安ワインショップのAsterでしたが…(笑)

Vintage New York
SoHo
482 Broome Street, @Wooster, SoHo
New York 10013
212-226-9463
Upper West Side
2492 Broadway @ 93rd St
New York 10025
212-721-9999
[PR]
by rient | 2005-09-19 21:44 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Grand Central Termnal

反省文です。

私rientは、sabretoothjapanさんの「Everything in Life is Only for Now」で開催された第10回ひとりぼっちの世界TB「ニューヨークを代表する観光スポットといえば?」というお題でグランドセントラル駅(Grand Central Terminal)と回答したら、ひとりぼっちになってしまいました。

もしエントリーした人がひとりだけだと反省文を書かなくてはいけないので、それを避けるためにもグラセン(Grand Central Terminal)にしたんだけどなぁ…。

それに、sabretoothさんの結果発表エキブロ・ビッグ・アップル・ツアー2日目でグラセンに置いてきぼりくらっちゃうのです…(涙)


…ということで、反省文です。

この回答にした理由は・・・

c0064534_9595182.jpg1番好きだったところというのがシンプルでわかりやすいのでは?と思います。

好きだったからよく行ったのか、よく行ったから好きになったのか、どちらなのかはわかりませんが、とにかくよく行きました。

グラセンの周りはオフィス街なのでたくさんのビジネスマンがいますが、グラセンは駅なので旅行者もたくさん見かけます。
駅を利用する以外に観光スポットとして訪れる旅行者も多いですよね。
日常と非日常が融合している雰囲気が好きでした。
なぜだか不思議と居心地の良さを感じたり、刺激をもらってパワフルな気分になったり。

私にとってはとても思い出深い場所です。
sabretoothさんのエキブロ・ビッグ・アップル・ツアーでrientがグラセンから出てこないっていうのは笑っちゃいましたが、現実のツアーだとしても本当にそうなる可能性大です(笑)

c0064534_10102592.jpgc0064534_10103333.jpgc0064534_10104251.jpg
c0064534_1011217.jpgc0064534_10111141.jpgc0064534_10111836.jpg
c0064534_10113158.jpgc0064534_10114417.jpgc0064534_10115295.jpg
反省文というより、NY回想録になっちゃいました。お許しくださいませ~…。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

最初に反省文で書いたのはここまでだったんですけど、せっかくsabretoothさんがヴァーチャルツアーをまとめてくださっているので、ここでグラセンをもう少しご案内したいと思います。

場所はミッドタウンの東側。Park Ave.を遮って、42nd St.から45th St.までのブロックに建っているとても大きな建物です。Park Ave.はこの駅で突き当たりのようにも感じますが、車道はトンネルになっています。

すぐ近くにはウロコの尖塔のクライスラービル、メットライフビルもあります。

1913年築のボザール様式(フランス古典装飾様式)の美しい建物で、NY市立図書館と同じ建築家のデザインだそうです。(私の滞在中は残念ながら外装工事中で外観は幕のようなもので覆われていました。)

中央ホールの高い天井にはまるでプラネタリウムのような星座図、地下のフードコートへ行く通路にはクラシカルなシャンデリアが美しく輝いています。

1998年に大掛かりな改装が行われ、駅だけじゃなく複合施設としての役割も加わったそうです。
有名なオイスターバーやマイケルジョーダンステーキハウスなどのレストラン、各国料理が楽しめるフードコート、落ち着いた雰囲気のラウンジもあります。
人気のブランドが入ったショッピングモール、生鮮食料品を扱うマーケットにキオスク。
それからなんとビルのなかにテニスコートまであるらしいですよ。

駅としての機能は、5つの地下鉄路線(4,5,6,7,S)と近郊都市を結ぶメトロノース
メトロノースといえば、映画「恋におちて」でメリル・ストリープとロバート・デニーロの主人公ふたりが通勤に使っていました。

構内を歩いて回るウォーキングツアーもあるようなので次に行くことがあれば、ぜひ利用してみたいと思います。
[PR]
by rient | 2005-09-05 10:20 | ◆NY観光 '05 | Trackback

もうひとつ海の写真。
ロングアイランドのPort Jeffersonという小さな町です。
c0064534_9105384.jpg
コネティカットのBridgeportへ向かうフェリーに乗りました。とっても暑い日だったら、デッキでビールっていうのもサイコーに美味しいでしょうね。(飲むことばかり考えてるなぁ…。)

c0064534_9112769.jpgc0064534_9113786.jpg
c0064534_9115033.jpgc0064534_912088.jpg

[PR]
by rient | 2005-08-15 09:18 | ◆NY観光 '05 | Trackback

暑いですね…。

NYの回想録に戻ります。

毎日とっても暑いので、夏らしいビーチの写真。
ロングアイランドへ行った時のものです。

c0064534_7283086.jpgc0064534_728402.jpg
c0064534_7285820.jpgc0064534_729862.jpg

海を眺めながら、パラソルの下で冷えた白ワインなんてサイコーですね。
この時飲んだのはビールでしたが…。
[PR]
by rient | 2005-08-13 07:32 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Time Warner Center

c0064534_1661390.jpgセントラルパークの西南のコーナーにあるコロンバスサークル(Columbus Circle)のツインタワー。

←モノクロ写真みたい。曇りの日に撮ったせいかな~。

ショッピングモールのタイムワーナーセンター(Time Warner Center)しか行ったことがありませんが、上層階はホテル、オフィス、コンドミニアムなどの複合施設です。

モールの中には、CoachWilliams SonomaSephoraなどのショップ、2階にはBordersという大型書店、地下には高級スーパーのWhole Foodsがあります。

私は雨の日やとっても寒い日に、BordersでCDを視聴したり本を立ち読みしたりして、お腹が空いたら地下のWhole Foodsでランチを食べたりと、かなり快適に長居してました。
Bordersの中にはDean & Delucaのカフェもあります。

c0064534_1605255.jpgc0064534_16132788.jpgc0064534_16134199.jpg

c0064534_16365370.jpgc0064534_1637242.jpg1階にある大きな男女のブロンズ像。
茶目っ気がありますが、きちんとすべてを表現してあります(笑)。

これを撮っている時に白人の男性に笑われてしまって、ちょっと恥ずかしかったのです…。

c0064534_16422529.jpgc0064534_16423958.jpg
c0064534_16425926.jpgc0064534_16424894.jpg
c0064534_1643893.jpgc0064534_1643196.jpg
地下のWhole Foodsはいろんな食材があって眺めるだけでも楽しいくらいです。Eat inのコーナーもあります。春までは奥にワインショップもありましたが、リニューアルのためクローズしていました。(ちょっと高かったのよね~…。)

wallst.timesさんがブログに書いてらっしゃるようにNYの出会いスポットといえば、以前はBarnes & Nobleだったらしいのですが、最近はこのWhole Foodsが新しいスポットになっているらしいと、イーストヴィレッジのルームメイトが話してました。そうなんだ~。
[PR]
by rient | 2005-07-27 16:57 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Roosevelt Island (part 2)

c0064534_1213068.jpgRoosevelt Islandの続きです。

←ルーズベルト島にある建物。ルーズベルト大統領の別荘だった家と聞いていました。でも公開されてもないし、何かの施設として利用されている様子もないので、滞在中ずっと不思議に思っていました。

後で、島にお住まいの翻訳家明子さんからコメントをいただいたのでコピペします。

うちの島にある小さな謎の家は、ルーズベルトの別荘あとではなくて、ブラックウェルハウスというんです。むかしむかし、この島を原住民から買い取ったブラックウェルファミリーという豪農がいて、この島を農場にして豚さんを飼っていたそうです。彼らのサマーハウスのあと、と聞きました。島の名前も、昔はブラックウェルアイランドだったそうですよ。

そうなんですね~。ルーズベルト島は今では8000人(?)が住む住宅地ですが、昔は農場だったんですね。しかも個人の所有物だったなんて…。明子さん、ありがとうございました。

c0064534_12282344.jpgこちらは島の南にある元病院。お化け屋敷のようなので、映画などでもよく利用されているそうです。

この建物がある南側は普段はフェンスがあって、独立記念日の花火以外は立ち入り禁止らしいのですが、私の滞在中は中に入ることができました。でも、私が行った時は誰もいなかったので、昼間でもちょっと怖いくらいでした。

↓島の最南端。右側の写真の対岸はクイーンズです。c0064534_1236310.jpgc0064534_1227516.jpg

↓マンハッタン側。エンパイアや国連ビルも見えます。
c0064534_12415917.jpgc0064534_12422471.jpg
c0064534_1244477.jpgc0064534_12442299.jpg

↓クイーンズ側。マンハッタン側と違って大きな工場が。
c0064534_12474663.jpgc0064534_12481181.jpg

↓島内は桜の木がたくさんあって、NYの桜の名所なんだそうです。
c0064534_12513051.jpgc0064534_12514911.jpg

そういえば、滞在中にSOHOのバーで飲んでいた時、スタッフのお姉さんが私がルーズベルト島にステイしていると聞いて「島の中にスーパーあるの?」と言ってました。ニューヨーカーでも島に対する認識ってそんなものなんでしょうか…。
島内にはGristedesという大きなスーパーがあってよく利用してました。土曜日には近くでグリーンマーケットも開かれています。
[PR]
by rient | 2005-07-26 13:06 | ◆NY観光 '05 | Trackback

Roosevelt Island

c0064534_15453025.gifNYで1番長く滞在していたのがルーズベルト島(Roosevelt Island)でした。

「島」という響きから、マンハッタンから離れた交通の便が悪い辺ぴな場所を想像している人も多かったのですが、実はマンハッタンから地下鉄でたったの1駅、とっても便利な場所です。

←マンハッタンからこんなに近く!

◆ルーズベルト島に関するサイト
 ◇Roosevelt Island
 ◇NYC 10044 Roosevelt Island
 ◇NY宿屋日記harumiya

マンハッタンから、この島へ渡るには以下の方法があります。

c0064534_15375956.jpg地下鉄
FラインでマンハッタンのLexington Ave./63rd Ave.から1駅。Rockefeller/47~50 Sts.からは3つ目。(約10分)
イーストリバーの真ん中なので、地下鉄の駅は階段が多いです。もちろんエスカレーターとエレベーターがあります。

トラム(ロープウェイ)
2nd Ave./60th St.から約5分。約15分おき(時間帯によって本数は変わるそうです。)に運行されています。運賃は2ドル。メトロカード使用OKです。

c0064534_15362445.jpgc0064534_15364020.jpg
c0064534_1551272.jpgc0064534_15505342.jpg
c0064534_155768.jpgc0064534_15571873.jpg

↑トラムの中からの眺め。お天気がいい日は最高です。

c0064534_161174.jpg(or タクシー)
ルーズベルト島をまたいで架かるクイーンズボロ・ブリッジ(Queensboro Bridge)はルーズベルト島で降りることができません。
この橋を使ってクイーンズまで行き、約1キロ北にあるRoosevelt Island Bridgeを使って島に渡ります。かなりの遠回りです。
私がタクシーを使った時は運転手さんが入口がわからなくて苦労してました。

c0064534_16274656.jpgバス
島の中専用の赤いバスの他にMTAのQ102が運行されています。マンハッタンからだと地下鉄N・Wラインで一旦、クイーンズのアストリア(Astoria)まで行かないと乗れないようです。

島内を巡回している専用のバス→
1回25セント。
c0064534_16404878.jpg徒歩
クイーンズボロ・ブリッジを徒歩や自転車で渡っている人はたくさんいます。島からやトラムの中から小さな人影が見えます。ものすごい健脚の持ち主なら歩いて行くのも可能では…?(そんなことする人いるのかな???)
この場合もQueensboro Bridgeでクイーンズまで行ってRoosevelt Island Bridgeを渡ることになります。

c0064534_16414854.jpg泳ぐ
イーストリバーを挟んでマンハッタンはすぐそこに見えているので、泳ぎに自信がある人は距離的に無理はないと思います。
でも、川の水は濁っているし、ボートや船が頻繁に往来しているので不可能でしょう…。
発想に無理がある?すみません…(笑)

Circle LineのSightseeing Cruise→

c0064534_16335179.jpgc0064534_1634287.jpg
c0064534_16342331.jpgc0064534_16343457.jpg
↑地下鉄を降りてすぐのプロムナードから見たマンハッタン。
ルーズベルト島の写真は多すぎて1日では紹介できませんでした。そのため、Part 2に続きます。
[PR]
by rient | 2005-07-24 16:48 | ◆NY観光 '05 | Trackback

旅の足跡

NYのアップステートにお住まいのてんとう虫娘の耳袋さんのブログで紹介されていた旅の足跡がとてもおもしろそうだったのでやってみました。

World Map
c0064534_11423897.gif

これまでの訪問国は18ヵ国、世界の8%です。
今まで訪問国数は数えたことがなかったけど、意外に多いんだなぁ…。同じ国に何度も行ってたりするので、もっと少ないかと思ってました。中国なんて上海と返還前の香港しか行ったことがないのに、地図上は塗りつぶされてしまってるし(笑)


United Sates
c0064534_11535236.gif

こちらは6州で11%です。すごい偏り(笑)。見事に西と東しか行ってません。
トランジットではシカゴ(イリノイ州)とアンカレッジ(アラスカ州)もありますが…。

とっても楽しいので、ぜひみなさんもお試しください。
てんとう虫娘さん、ありがとうございました♪
[PR]
by rient | 2005-07-21 12:05 | ◆NY観光 '05 | Trackback(1)

Empire State Building

c0064534_126727.jpgNYのランドマークと言えば、NYで1番高いビル、エンパイアステートビル(Empire State Building)です。

443メートル、103階建て。
1929年着工、1931年完成という驚異的なスピードで建てらたビルです。なんと1週間に平均4階半のペースで造られていったそうです。

86階部分がTVや映画でもよく出てくる屋外展望台。この展望フロアへ行くには80階で一旦エレベーターを降りて別のエレベーターに乗り換えるのですが、その途中に記念撮影をするコーナーがあります。撮られたくなくても流れにのって進んでいると否応なしに撮られてしまいます(笑)。撮った写真は帰りに希望者のみ15ドル(キーホルダー付)で購入できるようになっています。(う~ん、ちょっと高くない?)


c0064534_12371570.jpgc0064534_12382748.jpg
c0064534_20575939.jpgc0064534_12345264.jpg
c0064534_1249094.jpg
滞在中に見たESBで1番美しいと感じたのがこの写真(→)の夕暮れ時です。

ワシントンスクエアから5th Ave.を歩いている途中、夕日に照らされたビルがピンク色に輝いていました。見る時間や角度によっていろんな表情を楽しむことができますね。

ライティングの色はイベントなどで変わるのですが、そのスケジュールはESBのサイトで確認できます。

展望フロアへは夜しか行ったことがないので、次はまだ明るいうちに行ってみたいなぁ。眺めはだんぜん夜がいいらしいですが…。
[PR]
by rient | 2005-07-20 13:00 | ◆NY観光 '05 | Trackback

St. Patrick's Cathedral

c0064534_9515299.jpgニューヨークにはあちらこちらに教会があります。
その中でも1番大きいのが全米でも最大規模のカトリック教会、セントパトリック大聖堂St. Patrick's Cathedral)です。

ゴシック様式のデザインはドイツのケルン大聖堂を模したものなんだそうです。

尖塔までの高さは約100メートルと高いので、5th Ave.の反対側の道路からしゃがんでみたり後ろに下がってみたりと苦労しながら撮影している観光客をよく見かけました。(実は私もそのうちのひとりです。)
c0064534_21375834.jpgc0064534_21381459.jpgc0064534_21382773.jpg
c0064534_21383716.jpgc0064534_2138481.jpgc0064534_21391189.jpg

c0064534_11984.jpg中に入ると教会特有の厳かな雰囲気、高い天井と広さに圧倒されます。c0064534_117214.jpg

入口には係りの人がいてセキュリティチェックも行われているけど、私が行った時はいつもやる気のなさそうな人しかいなくてチェックされなかったりと結構いいかげんでした。でも、ミサが始まると写真撮影が禁止になったり厳しくなります。

両端の通路を奥に進むと、ドームがあってちょっと趣きが違う見事なステンドグラスを見ることができます。柔らかい光でライティングされた白い祭壇は幻想的で見る価値アリです。
[PR]
by rient | 2005-07-19 11:26 | ◆NY観光 '05 | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31