ワインのシャーベット

昨日、本当にフラリと以前お世話になっていたワインセミナーをのぞきに行って来ました。
この日やっていたのは「試験対策講座」。来月行われるソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの試験のためのセミナーです。

ソムリエ協会から出ている2006年版の教本のNYのページを見せてもらったら、なんとAVA(American Viticultural Areas=政府認定のぶどうの生産地域)がイッキに倍くらいに増えていてビックリ~。私が受験した時は4つしかなかったのに。

たとえば、以前は「ロングアイランド・リージョン」とひとくくりだったのが、「ロングアイランド」、「ノースフォーク・オブ・ロングアイランド」、「ハンプトン・ロングアイランド」という具合。
アメリカだけじゃなく、イタリアのDOCGも毎年増えているらしいです。覚えるの大変だな~…。

ワイン関連で、NY産のワインで作られた「ワインセラー・シャーベット(Wine Cellar Sorbets)」について。
c0064534_23332374.jpg
写真はピノ・ノアールですが、他にもリースリング、ソーテルヌ、カベルネ・ソーヴィニヨンなどがあります。
ぶどう品種の他、ヴィンテージまでこだわりがあって本当のワインみたい。しかも、このシャーベットはアルコールが含まれているので、未成年者は買えないのです。

このシャーベットのことは以前から知っていたけど、住んでいたアパートに近くに売っているところがなくて、買って帰る途中に溶けてしまうのが心配で食べる機会がありませんでした。
帰国の数日前、SOHOをブラブラしていてワインショップの「ヴィンテージ・ニューヨーク」へ行った時に、前から私が食べたがっているのを知っていた友人が「買ってその辺で食べよう!」と言ってくれて(感涙)。
近くのデリからプラスティックのスプーンを調達して、道路沿いのベンチで排気ガスまみれになりながら(笑)、堪能しました~。
c0064534_23521959.jpg
カシス、あずき、ほんのりブルーベリーの味わい。食べている間はアルコールはほとんど感じられませんでしたが、食べ終わった後にちょっといい気分になりました(酔って醒めてきた時のカンジ)。

このシャーベットはホールフーズにも売っているので、ユニオンスクエアやセントラルパークで食べるのもいいかも~。
[PR]
トラックバックURL : http://rient.exblog.jp/tb/6526968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by rient | 2007-07-20 00:15 | -ワイン@NY | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30