ハンプトンのワイナリー

学校が始まる前の小旅行でロングアイランドのワイナリーへ行って来ました。
小旅行といっても翌日は最高気温もマイナスで雪の予報だったので日帰りになりましたが。

ロングアイランドには40近いワイナリーがあって、そのうちほとんどはNorth Forkに集中しています。(Long Island Region Map参照)
North Forkの方が近いしワイナリーも多いからオプションも多いんだけど、ずっと前からHamptonのWolffer Estateへ行ってみたいと思っていたので、どうせ行くなら少々遠くても、とちょっと頑張ってみました。(Mapの34がWolfferです。)
ハンプトンはNYの高級リゾートとして有名なところなので、本当は夏にB&Bなどに泊まってのんびりするのがいいんでしょうけどね~。
c0064534_2284061.jpg
NYCから車で約2時間半で到着。このワイナリーへ行きたかった理由はここのワインが好みの味わいだったから。いたってシンプルです。
c0064534_2194521.jpg
c0064534_2445672.jpgワイナリー裏の広大なぶどう畑。
ロングアイランドはボルドーと気候が似ていることで有名です。

休眠期のぶどうの樹。
確かこの時期に剪定をするはずだけど、これはおそらく剪定前。枝が伸び放題だし。

枝だけのぶどうの樹はまるで枯れたようにしわくちゃで、この樹にまたぶどうの実がなるなんて今の状態ではちょっと信じられないくらいです。

ワインテイスティングは3種類あって内容によって金額が違っていますが、私は真ん中の10ドルで6種類(ロゼ、シャルドネ2種、メルロー、カベルネフラン、デザートワイン)のものをチョイス。テイスティングルームにはテーブルもありましたが、他にお客さんがいなかったのでバーカウンターでスタッフの人の説明を聞きながら飲みました。

c0064534_2324225.jpgc0064534_2325444.jpg

c0064534_35812.jpgロゼとメルローの2本を購入。
ロゼはシャルドネよりクセがなくて、天ぷらやお寿司に合いそうでした。

NY産で好きなワインのひとつにLENZのメルローがあるんですが、このWolfferのメルローを最初に飲んだ時、LENZにすごく似ているという印象をうけました。

さて、今回はどんな味わいを感じるのか。
飲むのが楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://rient.exblog.jp/tb/5374900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by rient | 2007-01-26 12:25 | -ワイナリー | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30