家飲みワイン記録

春のような陽気の週末でした。
お昼から夜までカフェをハシゴしてファイナルのためのお勉強。
夜はワインが飲みたい気分になって、これだけやったから飲んでもいいよね~って自分に言い訳して飲んじゃいました。

気分は軽い赤だったけど、私が買い置きしているのはミディアムボディばかり。
それで、この間Richardが買ってそのままになっていたワインをいただいてしまいました。
一応、許可を求めるために電話したけど留守電だったので、飲んだ後で感想と一緒にメールで事後報告(笑)

c0064534_9455337.jpgGeorges Debceuf
Beaujolais-Villages 2003

デュブッフのボージョレ・ヴィラージュはヴィンテージは覚えてないけど、きっと以前も飲んだことがあるはず。
正直、ガメイってこんなに美味しかったっけ~って印象でした。

ガメイというとフレッシュ&フルーティですが、特にスィートなストロベリーの味わいでした。それにオレンジ、洋梨、それから焼きたてのパンのような香りも。かなり満足でした。
c0064534_1073994.jpgChateau de Valcombe 2002
$7.99

こちらは火曜日にRichardが突然やってきて手料理(リブステーキ)を振舞ってくれたので、一緒に飲んだワイン。

先週、ショップでこのワインを見た時は名前がシャトーだしボトルの形もいかり肩だし、てっきりボルドーワインかと。ACボルドーでこの金額?と思ってよ~く見たらラベルに「Rhone」の文字。ローヌで「シャトー」がつくワインもめずらしいな~と思って買ってみました。

でも調べてみたら、Costieres de Nimes(コスティエール・ド・ニーム)というAOCはラングドック地方(コート・デュ・ローヌよりさらに南)でした。ボトルの裏にはローヌ川の近くに位置するワイナリーという説明書きがありましたがこのインポーターっていいかげん???

味わいはタンニンと酸味が強くて南のワインらしい凝縮した果実味があまり感じられませんでした。それでも、この金額にしては結構楽しめたと思います。

$10以下のワイン道、さらに極めていきます(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://rient.exblog.jp/tb/3663486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by rient | 2006-03-15 19:42 | -ワイン@NY | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30