ワイン会

週末、お引越しで忙しかったのでアップするのが遅れてしまいましたが、土曜日はルーズベルト島にお住まいのアキコさんのお宅でワイン会でした。

在米25年のアキコさんは作家さんで、かのベストセラー恋愛マニュアル本「ルールズ」を翻訳された方。彼女の著書「知的な英語、好かれる英語」は知っていると得することばかりで活用させていただいております。

c0064534_11201969.jpgお料理上手のアキコさんからの「いっぱいお料理を準備するからお腹を空かせて来てください。」というお言葉に甘えて本当にお腹ペコペコの状態でお邪魔してきました(笑)

今年はお料理の本も執筆される予定のアキコさんのお料理は本当に美味しいものばかりでした。
ハムや野菜のアンティパスタ、スペアリブやマッシュルームとパセリのごはんにデザートまで、ワインと一緒にいただく時はまさに至福の瞬間…。(あぁ、思い出すとヨダレが…笑)
c0064534_11284799.jpgc0064534_1129571.jpg
c0064534_1126161.jpgワインはアキコさんのフランス土産。

Puisseguin-St-Emilion 2002

ピュイスガン・サンテミリオンというこのAOCは初めて飲みました。色も薄く酸味もあってボルドーというよりブルゴーニュに近い感じが。
c0064534_114317.jpgそして、こちらはコート・デュ・ローヌ。

Gigondas 2004

デキャンタージュして飲みました。こちらはまだ若いせいかシラーなどに感じるスパイシーさがなく、まろやかなところはボルドーっぽいかも~と感じてしまいました。
後で調べたら、ジゴンダスはグルナッシュのブレンド比率が多いんですね。

c0064534_20291051.jpgこれは私が持参したワイン。

ローヌのお土産のワインがあると聞いていたので、産地違いで同じ品種を飲み比べてみるのもおもしろいかな、と思って買いました。

オーストラリア産のグルナッシュとシラーのブレンドです。

c0064534_20332418.jpg
アキコさんのお宅のハンサム猫ちゃん。
こんなかわいい猫ちゃんが3匹もいるんですって。

食後はトランプで夜中まで盛り上がりました。
大富豪の後、神経衰弱をやったら黒一点20代のケンゴくんがひとりでぶっちぎり。記憶力の衰えを目の当たりにしてショックでした…(汗)

本当に楽しかった~。アキコさん、お世話になりました~。
トリノ(冬季オリンピックの取材へ出掛けられます)の土産話、楽しみにしてます~。お気をつけて~♪
[PR]
トラックバックURL : http://rient.exblog.jp/tb/3502386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by rient | 2006-02-08 20:59 | -ワイン@NY | Trackback

2006年1月からNY滞在中。いつまでたっても長期のバケーションを楽しむ旅行者気分。


by rient
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31